得するコト得するコト
まめ知識 2020.03.22

食物繊維豊富で美容や健康にも良い『知って得する寒天の成分と保存方法』

目次

プルプルとした独特な食感と見た目が特徴的な寒天は、古くは江戸時代から食べられてきました。精進料理の一つとして親しまれ、現在でも様々な調理法で広く親しまれています。おかずの一品から甘いおやつにもなり、幅広く楽しめる寒天についてご紹介します。

寒天に含まれている成分ー『知って得する寒天の成分と保存方法』

寒天は、オゴノリやテングサといった海藻類の粘液質から作られています。海藻独特の滑りを集め、一度凍らせて乾燥させて作ります。寒天の主成分はこの海藻類に含まれている食物繊維です。寒天100gあたり約7.7gの食物繊維が含まれています。寒天に含まれているこの食物繊維量は、食品の中でもトップクラスのものです。食物繊維は、腸内環境を改善し、便通改善効果が期待できます。美容や健康目的で食物繊維を効率よく摂取したい方には、寒天はおすすめの食材です。また、寒天には海から作られたミネラルも豊富に含まれています。ミネラルは、人間が生きていく上で欠かせない成分です。寒天に含まれているミネラルは、ナトリウム、リン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分、亜鉛など、種類が豊富なのが特徴です。現代人はミネラル不足に陥っている方が多くいますが、寒天は沢山のミネラルを効率よく摂取できます。その他にも、寒天にはビタミン類やたんぱく質といった成分が含まれています。シンプルな見た目に反して、寒天は栄養豊富な食材といえます。
寒天の種類

寒天に含まれている栄養素ー『知って得する寒天の成分と保存方法』

寒天の最大の特徴は、自然由来の食物繊維が豊富に含まれていることです。食物繊維は主に腸に働きかけ、腸内環境を整えてくれます。腸に運ばれた食物繊維は体に悪影響となる菌を吸収し、便と一緒に排出する働きがあります。腸は第二の脳と呼ばれるくらい重要な臓器で、腸内環境を整えることは体全体の健康維持に繋がります。また、便通改善効果は美肌効果やダイエットサポートにもなるので、美容と健康に幅広い効果が期待できます。自然由来の海藻に含まれているミネラルも、寒天に多く含まれています。ミネラルは健康維持のためには欠かせない成分ですが、栄養バランスの偏った食生活や、乱れた生活習慣により、現代人はミネラル不足に陥っている方が多くいます。ミネラルは、骨や歯を作る原材料となったり、免疫力をアップさせる促進作用、脳の活性化、精神安定など、幅広い健康効果があります。ミネラル不足になりがちな現代人にとって、寒天は効率良くミネラルを摂取できる健康食品といえます。寒天は栄養素が豊富に含まれている一方でカロリーが低いので、ダイエット食品としても人気があります。
寒天寄せサラダ

寒天の保存方法ー『知って得する寒天の成分と保存方法』

寒天は形状により保存方法が異なります。粉状、棒寒天、糸寒天などの乾燥した状態の寒天は常温で保存できます。乾き物なので特別な保存方法は必要ありません。すぐに寒天を食べない場合や、ダイエット食品として長期間寒天を食べるという場合は、乾いた状態の寒天を購入することをおすすめします。ただし、乾き物でも湿度が高いところや直射日光が当たる場所に置いておくと傷む恐れがあるので、このような場所に保管するのは避けましょう。煮溶かした状態の寒天は、長期間の保存ができないのでなるべく早めに食べなくてはいけまん。保存する場合は、密閉容器に入れて冷蔵庫に保管します。自宅で手作りした寒天の場合、保存料が入っていないので、3日以内に食べるようにしましょう。水に戻した寒天は、空気が触れる表面から傷んでいきます。市販の寒天を長く持たせる場合、空気に触れないように水に浸して保存する方法もあります。寒天をおかず用にする場合は10%の塩水か10%~20%の醤油水、お菓子の場合は10%~20%の砂糖水を用意し、この中に寒天を入れて保管しましょう。
牛乳寒天

寒天の豆知識ー『知って得する寒天の成分と保存方法』

見た目や食感が独特な寒天ですが、その由来は偶然の産物からできた食材です。江戸時代、とある旅館で捨てられたトコロテンが凍り、昼間は溶け、これを繰り返してやがて乾物となった状態で発見されました。試しにこの乾物でトコロテンを作ってみたところ、以前より臭みがなく綺麗なものが出来上がりました。これが、寒天の始まりとされています。
寒天の名前の由来は、冬の空や寒空を意味する「寒天」とされています。これは、僧侶に寒天試食をしてもらい、まだ名前が決まっていなかったときに名付けられたというエピソードがあります。栄養豊富で健康に良い寒天は、精進料理として活躍します。その後改良を重ねた寒天は、第二次世界大戦以前まで日本の輸出品の中でも重要な品目でした。戦争中は輸出が禁止され、諸外国で寒天の独自製法が進められ、粉末寒天が生まれます。大戦後、国内で工業的な製法が進められ、現在も寒天は日本国内で広く食されています。元がシンプルな味なので、おかずにも甘味にも使える食品です。近年では豊富な栄養素と低カロリーな面が注目され、ダイエット食品として主に女性を中心に人気を集めています。
055-re

寒天を使ったおすすめレシピ

寒天でつくるヘルシーデザート『グリーンキウイのヨーグルトゼリー』

寒天でつくるヘルシーデザート『グリーンキウイのヨーグルトゼリー』

パパッと10分でできる食物繊維たっぷりのプラス1品『きのこと糸寒天のたまごスープ』

パパッと10分でできる食物繊維たっぷりのプラス1品『きのこと糸寒天のたまごスープ』

たまごも牛乳も使わない 寒天で作るのにトロっと美味しい『さつまいもプリン』

たまごも牛乳も使わない 寒天で作るのにトロっと美味しい『さつまいもプリン』

真っ赤な野菜で作るヘルシースイーツ『ビーツとオレンジジュースのレッドゼリー』

真っ赤な野菜で作るヘルシースイーツ『ビーツとオレンジジュースのレッドゼリー』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

クリームイエローでとうもろこしのやさしい甘さがやみつき『コーンすりすりプリン』

クリームイエローでとうもろこしのやさしい甘さがやみつき『コーンすりすりプリン』

シンプルな見た目ながらも、特徴的な食感を持ち、おかずにもお菓子にもなる寒天は、古くから日本の国民食として親しまれてきました。栄養豊富で現代人に不足しがちな栄養素も含まれているので、健康が気になる方は是非普段の食事に取り入れてみてください。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

優秀なエネルギー源『知って得するバナナの成分と保存方法』

	優秀なエネルギー源『知って得するバナナの成分と保存方法』

健康に良い?!『知って得する落花生の成分と保存方法』

健康に良い?!『知って得する落花生の成分と保存方法』

冷え性にも効く『知って得するニラの成分と保存方法』

冷え性にも効く『知って得するニラの成分と保存方法』

栄養価が高い『知って得するパセリの成分と保存方法』

栄養価が高い『知って得するパセリの成分と保存方法』

香り高くからだに嬉しい『知って得するりんごの成分と保存方法』

香り高くからだに嬉しい『知って得するりんごの成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.04.03

女性に嬉しい効果も『小豆をつかった作り置きおかず』

2020.04.02

タルタルは手作りがおいしいね『鶏肉ソテーと自家製ピクルスのタルタルソースがけ』

2020.04.01

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2020.04.01

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2020.03.30

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』25. 栄養バランスのよいお弁当を春のお供に。

2020.03.29

春の旬野菜『春キャベツで女性ホルモンをアップ』

2020.03.26

旬のあさりで貧血予防『あさりとあさつきの甘酒酢味噌和え』

2020.03.23

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2020.03.20

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

2020.03.19

オーブンの力で失敗知らず、子供が大好き「オーブン焼きバットハンバーグ」

編集部おすすめ記事

2020.04.02

これからの暑い時期を乗り越えるために摂りたい野菜『アスパラガスの秘密ゴト』

2020.03.30

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

2020.03.29

今が勝負どき すぐにでもはじめたい『春の紫外線対策』

2020.03.27

だしとお醤油だけで作る、中華調味料不使用の『和風麻婆豆腐』

2020.03.26

調味料としてもおすすめ!実は栄養たっぷり『知って得するコーンビーフの成分と保存方法』

2020.03.25

作り置き常備菜シリーズ『菜の花の和風ペペロン』からつくる『菜の花ジェノベーゼ』

2020.03.23

おしゃれなつけ合わせ『にんじんのオイルグラッセ』

2020.03.20

保存食のある暮らし~旬のいちごを楽しむ最高の組合せ!!『いちごバター』

2020.03.19

手紙がまとう、ほのかな香り『文香で伝える、やすらぎのひと時』

2020.03.19

オーブンの力で失敗知らず、子供が大好き「オーブン焼きバットハンバーグ」

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.12.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2019.12.22

家で作る本格中華「海老と帆立のチリソース」