得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.09.18

クセがなく使いやすい『知って得するサラダ油の成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

昔の日本では、食用油は揚げ物等の加熱用として使っていました。西洋では生野菜に油をかける習慣があり、西洋風の文化を取り入れる風潮にあった大正13年、日本で最初に「日清サラダ油」という名前で、加熱せずに食用にする油が誕生したのだそうです。サラダ油は、低温下でも長時間結晶化しない特性と味や匂いにクセが無いことが特徴です。

サラダ油の特徴を引き出している製法と成分についてー『知って得するサラダ油の成分と保存方法』

サラダ油は生野菜料理用に製造された油で、加熱調理用とは異なる製法で生成されています。サラダ油は加熱せず生のままサラダドレッシングやオイル漬けなどに使われるため、植物油をさらに脱臭、脱色、脱蝋し0〜10℃以下でも濁りを生じさせない純度の高い油に精製する、ウインタリングという低温処理を施しています。

サラダ油がサラサラしている理由は?

サラダ油は一般の加熱用植物油と全く異なるものではありませんが、抽出工程で極度な精製をし熱処理をできるだけ避けて油の粘度を低く保ちサラサラした仕上がりにしています。また低温の環境で保管しているうちに固形化しないよう、耐寒性が高められた製品になっています。熱処理を抑えているため、素材本来が持っているビタミンを熱により破壊せず多く含有しているのも特徴です。サラダ油の成分は100gあたりカロリーが921kcal。脂質が100g、他の成分ではビタミンEが12.8mg、ビタミンKが170μg、飽和脂肪酸10.97g、一価不飽和脂肪酸41.1g、多価不飽和脂肪酸40.94g、コレステロール2mgです。サラダ油のほとんどは脂質でできています。
エビフライ

サラダ油に含まれる栄養についてー『知って得するサラダ油の成分と保存方法』

サラダ油は、加熱調理せずサラダや冷食類に直接かけて食用するため、風味がよく色も淡いものを総称しています。主に使用されている原材料は大豆、とうもろこし、綿実などで、つばきやオリーブ、落花生やコーン、ぬか、油菜、ごま、サフラワー、ひまわりや米などの油も利用されています。サラダ油は品質がよく、直接食材にかけて食べる用途のほかに、フレンチドレッシングや油漬の缶詰用の油、マヨネーズなどの加工品の原材料としても使われています。

必要な栄養素を多く含むサラダ油。でもとりすぎは注意!

サラダ油の栄養成分は、原料によっても異なりますがオレイン酸やリノール酸、α-リノレン酸などの不飽和脂肪酸が含まれています。オレイン酸はオリーブの実から抽出した油から単離されたことが由来で、浅黄色から黄褐色をしたラードのような臭いが特徴の液体です。水には溶けず、酸化されにくい性質があります。オレイン酸は皮膚に対して刺激性が少なく、食用の他にクリームやローションといった化粧品の原料にも多く用いられています。リノール酸は、人間の体内では合成できないため必須脂肪酸とされています。α-リノレン酸は、人間を含めた多くの動物が体内でα-リノレン酸を原料にしてEPAやDHAを生産することができます。しかし、α-リノレン酸からEPAやDHAに変換できる割合は10~15%程度と低く栄養学上でも、摂取することが必須の栄養素とされています。このように不飽和脂肪酸は必須脂肪酸として必要な栄養素である一方で、主な成分の脂質を摂りすぎることによる肥満につながるので注意が必要です。リノール酸にはコレステロールや中性脂肪を下げる働きがありますが、動脈硬化やアレルギー、ガンなどはリノール酸の過剰摂取が原因のひとつと考えられていますので過剰摂取は避けましょう。

サラダ油の賢い保存方法ー『知って得するサラダ油の成分と保存方法』

油は酸化しやすく保存方法には注意が必要です。サラダ油の保存期間は、未開封の場合の賞味期限が1~2年、開封後の賞味期限は1~2か月程度です。この期間が過ぎても酸化していなければ問題はないとされています。酸化を防ぐための保管の条件は、「空気に触れさせない」「光を避ける」「高温を避ける」の3つです。サラダ油を含め食用油はなるべく新しいうちに使い切るのが望ましいのですが、長期間保存する場合は、保存する容器の中に空気が入らないよういっぱいに入れてなるべく空気と触れないように注意します。
また酸化を促進する温度の上昇を避け冷暗所に置くのがポイントです。調理中に出し入れしやすいシンクの下やガス台の下、棚などに入れておくことが多いですが、基本的に問題ありません。しかし、熱湯を頻繁にシンクに流しシンクの温度が下の保管スペースに伝わりやすい場合や、ガス台の下が調理中高温になるガス台のご家庭は酸化をはやめてしまうかもしれませんのでご注意ください。夏の暑い時期や直射日光が当たって、普段は冷暗所になっているような場所でも温度が上昇するようなら冷蔵庫に保存するのもいいでしょう。また、サラダ油の使用後は容器の蓋をしっかり閉めてください。
揚げ物

サラダ油の「酸化」の見分け方ー『知って得するサラダ油の成分と保存方法』

酸化してしまったサラダ油は、どう見分けるのでしょうか?「嫌なにおいが出てくる」「加熱すると細かい気泡がたくさんできる」「色が茶色っぽく濃くなっている」この現象があったら酸化してしまっていると考えていいでしょう。残念ですが酸化してしまったサラダ油は、口にせず捨てましょう。

酸化しているサラダ油はどうして食べちゃダメなの?

酸化した油を摂取してはいけないといわれているのはなぜでしょうか。酸化した油を摂取すると、活性酸素や過酸化脂質という有害物質を体内に増やしてしまい、それらは細胞を酸化させます。細胞は酸化すると傷ついてしまう性質があり、酸化して傷ついた細胞は本来の働きがができず正常に機能しなくなってしまうのです。正常に機能しなくなった細胞の影響は、臓器にまで広がり老化や病気を引き起こすと考えられています。酸化してしまった油の捨て方は、家庭ごみとして出すのが基本です。必ず冷ました状態の油を古着やペーパータオル、雑誌、油吸収シート、小麦粉や片栗粉などで吸わせてしまいます。保管中やごみの収集中に発火しないように、さらに水を含ませて密閉できる容器やポリ袋に入れてごみとして出します。

サラダ油を使ったおすすめレシピ

だしと生姜で和テイストに『魚介と野菜の和風マリネ』

だしと生姜で和テイストに『魚介と野菜の和風マリネ』

グルテンフリー♪30分で出来る爽やかな『レモンチキンカレー』

グルテンフリー♪30分で出来る爽やかな『レモンチキンカレー』

アジアの屋台飲み気分♪『ビールにぴったりのおつまみレシピ』

アジアの屋台飲み気分♪『ビールにぴったりのおつまみレシピ』

こってりだれと辛味がハマる『豚肉と青唐辛子のピリ辛炒め』

こってりだれと辛味がハマる『豚肉と青唐辛子のピリ辛炒め』

グルテンフリーでモチモチ!『もちひえの海鮮チヂミ』

グルテンフリーでモチモチ!『もちひえの海鮮チヂミ』

白砂糖不使用スイーツ アーモンドミルクの進化形!『オートアーモンドミルクのビスコッティ』

白砂糖不使用スイーツ アーモンドミルクの進化形!『オートアーモンドミルクのビスコッティ』

サラダ油は、生で食用するために製造された高品質な食用の油です。常温の場所で保存し蓋をしっかり閉め、空気に触れて酸化しないようにして冷暗所で保存しましょう。酸化しないようなるべく早く使い切ることも大切ですよ。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

イライラを抑える香り成分『知って得するセロリの成分と保存方法』

イライラを抑える香り成分『知って得するセロリの成分と保存方法』

健康に良い栄養素がたっぷり『知って得するパパイヤの成分と保存方法』

健康に良い栄養素がたっぷり『知って得するパパイヤの成分と保存方法』

果物の女王様『知って得するマスカットの成分と保存方法』

果物の女王様『知って得するマスカットの成分と保存方法』

体を内側からキレイにする『知って得するれんこんの成分と保存方法』

体を内側からキレイにする『知って得するれんこんの成分と保存方法』

栄養豊富『知って得するほうれん草の成分と保存方法』

栄養豊富『知って得するほうれん草の成分と保存方法』

健康にも良い『知って得するオレンジの成分と保存方法』

健康にも良い『知って得するオレンジの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.04.26

穀物を食べよう。古くからの美肌食!スーパーフード『ハトムギ』生活のすすめ

2016.07.20

『京都珍百景』で知る、「珍」京都のススメ

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.08

健康効果も期待!世界的に使われている植物油『知って得する菜種油の成分と保存方法』

2018.02.08

ビールおつまみに!!『カリカリ♪ガーリックシュリンプ』

2017.10.11

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2018.03.28

3人に1人は悩まされている花粉症は『自然のチカラを借りて自然に治す』