作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.09.18

旬の味覚で美味しく美肌に『さつまいも入り玄米ご飯』

LINEで送る
Pocket

これから美味しい季節になってくる秋の味覚。秋野菜の代表選手でもあるさつまいもは、焼いたり蒸したりスイーツにしたりと様々な楽しみ方ができますね。今回は、美肌効果抜群の食べ方をご紹介です。

さつまいもの美肌効果とは?

秋が深まるほどに甘味を増す、女子に大人気の【さつまいも】。 「食べると太る!!」 と敬遠する方も多いのですが、エネルギー量ご飯をほぼ同じくらいですので、砂糖やバターや小麦粉がたっぷりなお菓子に比べれば、かなりの低カロリーですので心配無用です。 さつまいもには美容効果が期待できる栄養成分がたくさん含まれていますので、旬のこのシーズンに積極的に召し上がってみてくださいね。
2

さつまいもの主な栄養成分

★食物繊維 … 腸内環境を整え、便通をよくする
★ビタミンB群 … 糖分をエネルギーに変える
★ビタミンE … 抗酸化作用
★ビタミンC … コラーゲンの生成を促進

中でも注目なのが、ビタミンC!! ビタミンCは熱に弱いため加熱するとなくなってしまいますが、さつまいもに含まれているでんぷん質がビタミンCを守ってくれるので、みなさんが大好きな焼き芋にもビタミンCがたっぷりと残っています。 その上、アンチエイジング効果があるビタミンB群やビタミンEも一緒にとれるので、空気が乾燥してこの時期に気になるお肌のトラブルを、美味しく食べるだけで解消してくれる優秀な秋の味覚です。

『さつまいも入り玄米ご飯』材料

玄米    360㏄
つまいも  80g
水     玄米の1.4~1.5倍位
海水塩   少々

『さつまいも入り玄米ご飯』下ごしらえ

玄米    ⇒ 一晩浸水し炊く
さつまいも ⇒ 1㎝の角切りにする

『さつまいも入り玄米ご飯』作り方

1. 玄米を洗い、分量の水で一晩浸水又は6時間以上浸水をしておく。
2. 浸水していた玄米を圧力鍋に入れ、さつまいもと海水塩一つまみを加え強火にかける。
3. 圧力が上がったら弱火にし、いつもの通り20分~23分炊いていく。
4. 時間になったら20秒程強火にかけ、火から降ろし圧が落ちるまで放置しておく。
5. 圧力が落ちたら、蓋を空け、天地返しをする。
1

オーガニック料理ソムリエが教える『さつまいも入り玄米ご飯』を美味しく作る秘訣

* さつまいもがないときには、栗やひよこ豆で作っても美味しいです。
* おにぎりにすればお弁当にも最適です。

さつまいもは、マクロビオティックでは「極陰性の野菜」で身体を冷やす強い力をもつと言われていますが、玄米ご飯と一緒に炊けば大丈夫。また、「さつまいもはおいしいけれど、おならがでるのが気になって」という声をよく聞きますが、皮ごと食べればおならはでません。
美容効果抜群の旬のさつまいもと新米玄米ご飯の組み合わせは、最強の美肌食!!黒ごま塩をかけていただけば、潤い美肌指数120%間違いなしです。

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

女性に嬉しい成分たっぷり『黒豆玄米おむすび』

女性に嬉しい成分たっぷり『黒豆玄米おむすび』

女性の味方「わかめ」をたっぷりいただく『わかめ玄米ごはん』

女性の味方「わかめ」をたっぷりいただく『わかめ玄米ごはん』

食欲のわかないときにさっぱり美味しい『セロリとえのきのレモンスープ』

食欲のわかないときにさっぱり美味しい『セロリとえのきのレモンスープ』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

2019.01.07

作り置き常備菜シリーズ『ゴロゴロおかず豚』

2019.01.07

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『24 家族が大事ってことは、自分も大事ってこと』

2018.12.27

鉛筆を正しく使えるようになるために『指先を鍛える』

2018.12.27

台所育児エッセイ 「暮らしに恋して」『23 生命力が武器なのか!』

2018.12.23

材料4つ。シンプルで華やか『レモン大根』

2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2018.11.30

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.01.22

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

2019.01.07

一年で一番寒い時期の始まり『小寒』気軽に「寒仕込み」を楽しもう

2018.12.28

旬食材『鱈』ー鮮度が命の厳寒の海の幸。古くは縁起物でハレの日のごちそう ー

2018.12.27

鉛筆を正しく使えるようになるために『指先を鍛える』

2018.12.25

旬の大根で作る簡単晩ご飯『豚バラのみぞれ煮』

2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

2018.11.27

大きなツリーは飾れない!コンパクトに飾れる『おしゃれで可愛いミニツリー』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.03.05

大麦ともち麦って違うの?『知られざる麦のチカラ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』