得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.09.21

旨み成分が豊富で便利!『知って得するめんつゆの成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

出汁とかえしから作られるめんつゆはうどんやそばを食べるためのつけだれによく使われます。室町時代には既に存在していたとされる調味料ですが、現在では料理に対する汎用性の高さからどのご家庭にも常備されている調味料の一つではないでしょうか?

めんつゆの出汁に含まれているうま味成分ー『知って得するめんつゆの成分と保存方法』

めんつゆは出汁をベースにしてかえしで味を整えたものであり、出汁に由来するうま味成分が豊富に含まれています。歴史的にはかつおだしが最もよく用いられていましたが、現在流通している出汁にはこんぶやしいたけ、イワシやサバなどの出汁も配合されて深い味わいが楽しめるめんつゆも増えてきましたね。
かつおだしにはイノシン酸、こんぶにはグルタミン酸、しいたけにはグアニル酸が豊富に含まれています。イノシン酸とグアニル酸は核酸系に分類されるうま味成分であり、新陳代謝を向上させ健康を増進する作用を期待できるのが特徴です。一方、グルタミン酸は非必須アミノ酸の一つとして身体を構成するタンパク質の一部になります。グルタミン酸には体内での機能も多く、肝臓におけるアンモニアの代謝を促進したり、脂肪の蓄積を抑制したり、脳機能の活性化をしたりする可能性が示されているアミノ酸です。めんつゆに含まれているうま味は食事の味わいを高める役割を果たすだけでなく、健康を促す目的でも良い効果を期待できるかもしれませんね。
旨み成分が豊富で便利!『知って得するめんつゆの成分と保存方法』めんつゆ1

めんつゆに含まれる栄養の特徴ー『知って得するめんつゆの成分と保存方法』

めんつゆにはかえしに由来する塩分が多く含まれています。醤油を使用することからナトリウムの含有量が多く、血圧が高めの人は過剰摂取は禁物です。しかし、ナトリウムの不足は痙攣や失神などを引き起こすリスクもあるので注意しなければなりません。出汁を抽出する際にはタンパク質が多く抽出されています。また、かえしに含まれるさとうやみりん、酒に由来する糖質も比較的多い栄養です。発酵食品である醤油やみりん、酒を使用し、出汁としてかつお節や乾燥昆布、干ししいたけなどを使用していることから、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。ビタミンB群がビタミンでは多めであり、通常はカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などの様々なミネラルをバランスよく含んでいるのがめんつゆの特徴です。めんつゆを作るのに使用した食材によって含有量は異なりますが、ビタミンB群とミネラルを補給する目的で使用するのに適しています。ただし、ナトリウムの量に比べると少なめなので十分なビタミン源やミネラル源とするのは難しい調味料です。

冷蔵保存でも風味の低下に注意!ー『知って得するめんつゆの成分と保存方法』

めんつゆには糖分やアミノ酸、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているため微生物にとっても繁殖しやすい環境があります。そのため、変質を防ぐためには冷蔵庫で保存するのが適切です。市販品の未開封のものについては細菌が混入していないので常温保存できるのが一般的ですが、開封後は冷蔵庫で保存し一ヶ月以内には使い切るようにしましょう。冷蔵庫に入れていても空気により成分が酸化されたり、揮発性の香味成分が失われていったりする影響で風味は低下してしまいます。開けたらできる限り短期間で使い切るに越したことはありません。

めんつゆは冷凍保存も可能?ー『知って得するめんつゆの成分と保存方法』

めんつゆは冷凍保存することは可能です。工夫として製氷皿などで凍らせて密封できる袋に入れて保存する方法があり、必要なときには凍ったまま煮物に入れたり、解凍して使用したりすることが可能です。ただし、濃度が濃いめんつゆの場合には冷凍しても完全には凍らずに氷にできない場合もあります。種類によって異なるので試してみてくださいね。

手作りも簡単♩料理に使えるめんつゆー『知って得するめんつゆの成分と保存方法』

めんつゆは市販品にも多くの種類があり、様々な種類の出汁と調味料を組み合わせて風味豊かで味わいよく作られています。未開封であれば数ヶ月間は保存できる利便性もありますが、めんつゆは自分で作ることも簡単なんですよ。基本的には出汁とかえしを混ぜて煮沸するだけで作ることができます。
好みの出汁をとって醤油と砂糖、みりんか酒を加えて煮立てたらできあがり。出汁も取るのが大変であれば市販の固形出汁を使用しても手軽に作れます。煮立ってから熱いうちに熱湯消毒した容器に入れて保存すれば、冷蔵庫で一ヶ月程度は保存することができます。自分で好みの調味料を入れて味を整えれば他にはないめんつゆを作ったり、バリエーションを豊かにして料理に応用したりできる自由があるのも魅力です。めんつゆは出汁を使った料理に広く応用できるのも特徴であり、めんつゆを使った料理のレシピも広まってきています。煮物に限らず炒め物や漬け物などにも用いられるようになっていて、手元にめんつゆがあるだけで様々な料理を手軽に美味しく楽しめます。

めんつゆを使ったおすすめレシピ

買うよりお手軽!?『簡単王道!間違いない基本のめんつゆ』

買うよりお手軽!?『簡単王道!間違いない基本のめんつゆ』

麺つゆと梅干しでつくる『シャキシャキじゃがいもサラダ』

麺つゆと梅干しでつくる『シャキシャキじゃがいもサラダ』

副菜やお弁当に『かりかりじゃこと甘長とうがらしのだし浸し』

副菜やお弁当に『かりかりじゃこと甘長とうがらしのだし浸し』

薬味たっぷり二つの味が楽しめる『豆乳そうめん』

薬味たっぷり二つの味が楽しめる『豆乳そうめん』

スパイシーにかんたんアレンジ『カレーにんじんしりしり』

スパイシーにかんたんアレンジ『カレーにんじんしりしり』

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

めんつゆは出汁に由来するうま味を豊富に含む調味料であり、市販品も多くの種類がありますが、自分で手軽に作ることもできます。使う出汁によって様々なバリエーションが楽しめますよ。いろんな料理と合わせてみてくださいね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

種類・特徴・用途…知っておきたい『醤油の原材料と豆知識』

種類・特徴・用途…知っておきたい『醤油の原材料と豆知識』

種類・特徴・用途…知っておきたい『みりんの原材料と豆知識』

種類・特徴・用途…知っておきたい『みりんの原材料と豆知識』

食物繊維が豊富『海藻(褐藻類)の種類とあれこれ』

食物繊維が豊富『海藻(褐藻類)の種類とあれこれ』

生活習慣病やがん予防にも効果が?!『知って得するしいたけの成分と保存方法』

生活習慣病やがん予防にも効果が?!『知って得するしいたけの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』