知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

美容・健康 2017.09.26

生活習慣が原因に?『糖尿病の種類の違い』

LINEで送る
Pocket

今では患者数が300万人を超える糖尿病。その糖尿病には、実は種類があるようです。それぞれの特徴や予防方法についてご紹介します。

脳卒中、心筋梗塞、腎症など、さまざまな合併症を引き起こす糖尿病の怖さ

糖尿病とは、「インスリン」と呼ばれるホルモンの分泌が少なくなったりうまく働かなかったりすることで、血液中のブドウ糖量が増えて、血糖値が高い状態になる疾患だ。血糖値が高い状態が続くと、全身の血管が傷つき、次第に血管障害による脳卒中や心筋梗塞、細小血管障害による腎症、網膜症、末梢神経の障害から壊疽(えそ)などの合併症を引き起こす。
そもそもインスリンは、血糖値を下げる働きをするホルモンで、食事で摂取した炭水化物が消化されてできたブドウ糖(血糖)の上昇に反応し、臓器が血糖を取り込み、エネルギーとして利用したり蓄えたりすることを促進する働きをしている。また、タンパク質の合成や細胞の増殖にも関わっている。このようなインスリンの働きによって、ヒトの血糖値は一定に保たれるのだ。
糖尿病の原因は、遺伝子要因や、インスリン分泌が少ない傾向にある日本人の体質など先天的なもののほか、過食や運動不足などの生活習慣が挙げられる。

1型糖尿病と2型糖尿病とは? 発症年齢にも違いあり

糖尿病の種類を大別すると1型と2型がある。このふたつにはどのような違いがあるのだろうか。
まず、大きな違いは、発症する年齢だ。1型は子ども含む若い人が多いのに対し、2型は中高年に多い。一般的に「糖尿病」というと2型を指し、その患者数は全体のおよそ95%となっている。

1型

小児期に起こることも多いことから小児糖尿病とも呼ばれ、おもに自己免疫の異常によって起こる病気。ほかにも、IDDM、インスリン依存型糖尿病とも呼ばれている。先天的な病気でも、遺伝的な病気でもなく、そのため、同じ家系で発病する確率も低い。免疫を司るリンパ球が誤ってインスリンをつくっている膵臓のβ細胞を破壊し、インスリンの分泌が困難になることが原因だ。なぜβ細胞が壊されるのかということについてははっきりと解明されておらず、急激に症状が出る。注射でインスリンを補給して治療を行うが、これをインスリン依存状態という。痩せ型の人がなりやすく、前述の通り小児期に発症することが多い。
また、1型のなかでも進行速度によって、「劇症1型糖尿病」「急性発症1型糖尿病」「緩徐進行1型糖尿病」の3種に分けられる。最も多いのは、発症後、数ヶ月でインスリン依存状態になる「急性発症1型糖尿病」である。
2

2型

遺伝的要素に加え、過食、運動不足などの生活習慣が原因となる場合が多い。血糖値が高い状態が続き、血管を傷つけ負担をかけると、「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症」といった合併症のほか、心筋梗塞や脳梗塞など生命に関わる病いを引き起こす可能性がある。これらは糖尿病管理を怠っていると進行し、糖尿病の症状が出ておよそ5年で発病すると言われている。
肥満の人がなりやすいが、痩せ型の人も発症する。2型は症状を自覚しづらいこともあり、気づかないうちにどんどん進行しているという症例も多々ある。「自分は痩せているから糖尿病の心配はない」という考えは、捨てたほうがよい。

糖尿病を発見する検査とは?

糖尿病は、血液検査により、空腹時血糖値、随時血糖値、HbA1c(ヘモグロビン エーワンシー)値を調べることで判明する。健康診断や人間ドックでは、空腹時血糖値やHbA1c(ヘモグロビン エーワンシー)値のふたつの結果が出ていることが多い。
基準値は、以下の通りで、ひとつでも当てはまると糖尿病と診断される。

・空腹時血糖値 126以上
・随時血糖値  200以上
・HbA1c値 6.5%以上

糖尿病患者数316万人超え! 発症しやすいのは男性? 女性?

2016年11月に、30万世帯74万人を対象に厚生労働省が行なった『国民健康・栄養調査』では、「糖尿病が強く疑われる者」は男性15.5%、女性9.8%と報告されている。また、厚生労働省が3年に一度行っている『平成26年患者調査の概況』(2014年10月実施)によると、糖尿病と診断され継続的に受療している患者数は、およそ316万6千人で、うち男性はおよそ176万8千人、女性はおよそ140万1千人となっている。割合で言うと男性55.8%、女性44.2%だ。これらの結果から、男性のほうが糖尿病になりやすい環境にあると考えられる。
現在の医療では糖尿病の完治は難しいと言われている。1型は原因不明ともされ、患者とその家族の精神的負担も大きい。2型糖尿病の場合、健康診断で予兆がわかる場合も多く、自己管理で防げる可能性もある。まずは、自分の身体で何が起こっているのかを知るために健康診断を欠かさず受けることが重要であり、糖尿病という病気について知ることも必要だ。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

ヨーグルトがうつ病を救う?『腸内細菌の知られざる実力』

ヨーグルトがうつ病を救う?『腸内細菌の知られざる実力』

疲れがとれない原因は… 『ストレスによる副腎疲労のコト』

疲れがとれない原因は… 『ストレスによる副腎疲労のコト』

大切なコトは普段からの心がけ『糖尿病予防に歩こう』

大切なコトは普段からの心がけ『糖尿病予防に歩こう』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』