得するコト得するコト
美容 2021.09.06

ひどい切れ毛は見た目も悪い…『切れ毛の改善のためにしたいこと』

切れ毛、甘く見ていませんか?「やだー切れ毛がある……」くらいのテンションの皆さん。それは可愛いものです。
切れ毛も、量が多くなると見た目が相当ひどくなります。髪質がパッサパサになるのはもちろんのこと、毛先が広がりやすく、その様はまるで実験で失敗した魔女や博士……というくらいの不要なボリュームが出ます。それが私です。
10代の頃からブリーチ・パーマを繰り返していたせいか、髪の毛は常に栄養がない状態。美容院でトリートメントなどのケアをしてもらっても、長続きしないで数日後にはいつも通りのパサパサな髪になってしまいます。なので髪型はいつもショートかボブにしか出来ません。髪質的に切れ毛になりやすい、ということはもう分かっているので完治は諦めているのですが、今までで試した中で実際に効果があった対策をご紹介します。
3

そもそも切れ毛になる原因とは

切れ毛とは、髪の毛が途中から切れてしまうことです。健康な髪の毛は、1本ずつキューティクルに守られていますが、髪の毛がダメージを受けるたびにキューティクルが剥がれ落ちてしまい、そこから髪の毛の内部にある繊維質や水分が流れ、髪の毛が弱くなってしまいます。
そのため、少しの力が髪の毛に加わることで簡単に切れてしまったり、髪の毛の内部の水分が失われたせいで、乾燥して広がったりしてしまいます。切れ毛が多くなると、髪のまとまりがつかなくなり、ボサボサ感が出てきます。
2

切れ毛の改善になること

ホルモンバランスを整える

切れ毛の原因は、髪の毛だけにあると思われがち。でも髪の毛だけを保護しても改善することができません。髪の毛を作るためには、ホルモンバランスも重要になります。トリートメントやシャンプーだけでは改善にならないのです。女性ホルモンのバランスが崩れることなども髪の毛に影響を与えるので、正しい生活を送れるように改善して見直してみましょう。
偏食しがちな食生活を見直し、野菜や大豆製品などを多く摂取するように気を付けて、大豆イソフラボンやサバやさんまなどの青魚を食べましょう!
大豆イソフラボンは、大豆のファイトケミカルの1つでフラボノイド系ポリフェノールの一種です。女性ホルモンのエストロゲンに似ているので、大豆イソフラボンを摂取することで、ホルモンバランスを整える役割を果たしてくれるそうです。

紫外線などの刺激から髪を守る

食生活以外では、紫外線が髪の毛に与える影響が大きいと言われています。外出時には髪の毛を紫外線から保護するスプレーをかけてから外出するようにしましょう。プラスチック製品のクシだと、髪の毛に静電気が起こりやすくなります。それだけでも傷んだ髪には刺激になるので、木製のブラシなどに変更し、静電気を防いでください。
5

髪の洗い方を見直す

髪の毛は熱や刺激に弱いため、シャンプーだけで汚れを落とそうとしないようにしましょう。シャンプー前にブラッシングなどをすると、髪や頭皮の汚れを落としてくれて、洗う時に髪をゴシゴシこすらなくても汚れを落とすことができます。使うシャンプーも刺激の少ないものを使うと、髪へのダメージも少なくなります。
シャンプーの時に、頭皮全体を動かしながら頭皮のマッサージをすると、血行が良くなり、髪や頭皮に栄養が行き渡るようになります。シャンプー後には、ヘアオイルを付けて髪を保護すると更に良いですよ。
4

切れ毛改善を試してみた結果

これらを試した結果、髪の毛のボリュームが落ち着いてきて、パサパサした感じがなくなってきました。今までは静電気などでも広がりやすかったのですが、乾燥にも気をつけてあげればそこまで気にならないかな……というくらいに。
食生活も見直したところ、髪の毛以外にも肌荒れが少なくなってきたように感じました。今度美容院に行くので、髪の毛を伸ばしても良いか相談してみたいと思います。切れ毛、ひどくなる前に毎日の習慣に気をつけてみてくださいね。
1

記事/anone
logo_anone-3-300x60
anone(アノネ)は女性の悩みを解消するwebメディアです。こっそり教えて、あなたの悩み。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

リンスは頭皮につけないで!美容師さんが伝授する『頭のかゆみを改善する方法』

リンスは頭皮につけないで!美容師さんが伝授する『頭のかゆみを改善する方法』

普段の暮らしで意識する『美容師さんに教わるツヤ髪対策』

普段の暮らしで意識する『美容師さんに教わるツヤ髪対策』

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

コメント

コメント欄


人気の記事

2022.01.19

簡単おやつ『アーモンドとさつまいものビスコッティ』

2022.01.18

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2022.01.17

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2022.01.16

ホッ。とする大人スィーツ。『簡単生甘酒ココア』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2022.01.12

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

2022.01.11

保存食のある暮らし~旬のレモンをたっぷり使って爽やかな『レモンカードとタルト オ シトロン』

2022.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2021.12.30

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2021.12.21

繰り返し作りたいシンプルなご馳走『骨付き鶏肉とじゃがいものオーブン焼き』

編集部おすすめ記事

2022.01.25

袋で簡単!『味噌ヨーグルト床』

2022.01.25

甘辛で美味しい!『長ネギとトッポギの炒め煮』

2022.01.23

アレンジ自在♪ゆずを丸ごと味わう『ゆずはちみつ』

2022.01.21

どんどん手がのびる!『フライド大根』

2022.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2022.01.15

オメガ3たっぷりのくるみを堪能♪『くるみのクリームパスタ』

2022.01.14

柚子胡椒がアクセント!『旨辛生姜焼き』

2022.01.14

こっくり温野菜をいただく『蓮根のマヨマスタードサラダ』

2022.01.13

甘めの味付けで箸がすすむ『鮭と舞茸の混ぜごはん』

2022.01.12

成形しないから簡単『フォッカチャ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

おいしさ倍増!『じゃがいもの種類』に合わせた調理法を知ろう

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2021.08.18

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2020.02.24

「この季節ならでは」の味!乾燥していない、生海苔を自宅で食べてみませんか。

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類