知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2017.10.20

親子で実践『前向きになるジョギング習慣』

Pocket

みなさん、走っていますか?
近年、ジョギングブームに沸いていますから、既に習慣化している方もいると思います。私もかつてはジョギングを習慣にしていたのですが、子どもが生まれて、ジョギングから離れることになりました。そのときに、図らずもジョギングをしていたときの自分とそうでないときの自分を比較することとなり、改めて走ることの素晴らしさを思い知ったものです。
最近では、子どもが小学生になったことで一緒に走れるようになりました。時間のない中で走る時間を作るための苦肉の策として、「親子で走る」ということをやり始めたのですが、それは思いがけなく良かったので、みなさんにおすすめしたいと思います。
1

ジョギングをすると前向きな気持ちになる

私が以前ジョギングを始めたきっかけは、ダイエットでした。手軽な有酸素運動として始めたのですが、実感としては、足やウエストが引き締まったり、常に体が温かく、おそらく代謝が良くなったような感じがして、確かに「体」に効果があったように思います。ですが、ジョギングをしなくなってから気づいたのは、ダイエット以上に違いがあったことは、「心」でした。
ジョギングをしている時期は、体の改善とともに、心のほうもハツラツとしている実感が自分自身の中にあり、何事にも前向きに考えることができきていたように感じます。仕事で気に病むようなことがあった日でも、息があがっても淡々と無心で足を前に運ぶことを意識したジョギングをすることで、走った後は不思議とすっきりしている、ということもありましたし、何事にもアクティブに挑戦する気持ちも持っていたと思います。

ジョギングをしなくなってからは、体の方の動きの重さと比例して、心もなんとなくいろいろなことが億劫に感じてしまったり、ネガティブな感情から抜け出せなかったりすることが続き、そこで以前との違いに気づいたのです。うつ病のリハビリプログラムの一環として、ジョギングを取り入れている病院もあると聞き、私も自分の経験から、身体面だけでなく、心理面にも良い影響を与えるのではないかと感じています。
2

親子でジョギングのススメ

チャンスを見つけてまた走りはじめたいという思いを持ちつつ、仕事や家事、子どもの塾や習い事、そして子どもと向き合う時間もほしい…という忙しい生活の中で、走る時間は取れないな…と思っていた頃、住んでいる地域の親子マラソン大会がありました。1年生の距離は2キロ。その練習のために親子で一緒に走れば、息子にも自分にも良いと考え、エントリーして、一緒に練習の時間を作るようにしました。

ジョギングといえば、朝や夜などのまとまった時間でないとできないと先入観で思っていたのですが、息子が学校から帰ってきて、習い事に行くまでの間などでも、ほんの30分でもあればやれるものです。日中もスムーズに行えるように、ジョギングコースを計画しておき、靴など準備も事前にしておいて、大会までは週3回練習をしました。練習といっても、大会で勝つための練習ではなく完走を目標とした健康を考えた走り方ということで、会話ができるくらいのペースで走ります。これが、普段なかなか時間がとれないコミュニケーションの時間として有意義なものになったことが、想定外のメリットでした。親子で会話を楽しみ、次第に息子は走ること自体も楽しむようになり、持久力もつき、長い距離を走れるようにもなりました。
3

走ることが億劫でない、という状態は、心がハツラツとしていて健康な状態なのだと私は思っています。大人が仕事や日々のことで気持ちが重いときと同じように、子どもも、勉強や友達関係などで大変と感じている日々でも、走ることで解消されて、前向きな気持ちで乗り越えてくれたらいいなと考え、私はジョギングに誘い続けています。
4
ジョギングには、このように良いところがたくさんありますが、習慣として実践するには、忙しいママにはその時間の確保は本当に難しいと思います。だからこそ、どうせなら子どもと過ごす時間をジョギングで過ごしてはいかがでしょう。親子のコミュニケーションをとりながら、楽しく走り、親子ともに心身健康となったら一石三鳥!?ぜひ、一度トライしてみてくださいね。

文/ママトコライター
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

学びの多い『魚釣りのススメ』

学びの多い『魚釣りのススメ』

自然と触れ合おう『体験学習から気がつくまなび』

自然と触れ合おう『体験学習から気がつくまなび』

『ひとり自転車デビュー』はいつ頃?子どもと考える自転車ルール

『ひとり自転車デビュー』はいつ頃?子どもと考える自転車ルール

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.02.18

二十四節季の暮らし方『雪が雨に変わる「雨水」』春の支度を始めましょう

2018.02.18

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

2018.02.16

発達障害ってなぁに?シリーズ その1『誰だって発達障害!?』

2018.02.11

リクエスト開催決定!日常風景こそが宝物ー『ケノコト 親子フォト撮影会』ー

2018.02.11

簡単!おいしい!『ふんわり豆腐チキンナゲット』

2018.02.03

二十四節気の暮らし方『春を迎える日「立春」』この日にすると良いコトがある?

2018.02.01

スーパーフードで冬野菜を楽しむ『ポンカンと酒粕のシーザーサラダ』

2018.01.29

全部言えますか?『料理の基本の調味料「さしすせそ」』

2018.01.24

子どもにおすすめ!栄養おやつ『はちみつキャロット蒸しパン』

2018.01.22

真空保温調理器 シャトルシェフで働くお母さんも家族も笑顔の食卓に

編集部おすすめ記事

2018.02.17

日本の暮らし色『ひし餅の色は桃と雪とよもぎの色』日本独特の和色の感じ方

2018.02.11

バレンタインは手作りお菓子で『編集部おすすめバレンタインスイーツレシピ集』

2018.02.10

旬のボリュームおかず『菜の花の肉巻き 粒マスタードグリル』

2018.02.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2018.02.07

覚えておきたいおやつレシピ『りんごのガトー・インビジブル』

2018.02.05

冬の漬け物にチャレンジ!『大根のしょうゆ味噌漬け』

2018.02.04

編集部がえらんだ『「鯖」のお役立ちおすすめレシピ集』

2018.02.01

地域密着型不動産会社 エヌアセット高津店が2月1日にオープン!新店舗メンバーが語る『エヌアセットらしいお店づくり』とは

2018.02.01

【ケノコトInstagram企画】2月の「日常のコト」を『#如月のコト』で投稿しよう

2018.01.29

エアークローゼットは本当にお得!?『エアクロ月額会員さん × エアクロ未体験さんの本音トーク座談会』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.09.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「ごぼう」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』