得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.10.04

柑橘類ならではの爽やかな味わい『知って得するポン酢の成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

お鍋やサラダなど、日本の食卓に欠かせないポン酢の歴史は、実はインドにまで遡ります。サンスクリット語で「5」を表す「パンチャ」は、レモン果汁をはじめとする5つの素材を使った飲み薬のことでした。それがオランダに渡ってアルコール飲料「ポンス」に変わり、やがて日本にやってきたとき、「ス」に「酢」の字があてられ、調味料「ポン酢」となったのだそうですよ。

ポン酢に含まれる成分は?-『知って得するポン酢の成分と保存方法』

本来、ポン酢はダイダイ・ユズ・スダチ・カボスなど、酸味の強い柑橘類の果汁に酢酸を加え、ダシや塩、砂糖などで味を調えた調味料のこと。しかし、ポン酢と言うとき、醤油と合わせた「ポン酢醤油」を連想される方が多いのではないでしょうか。実際に料理のレシピを集めたウェブサイトなどでも、そのように扱われていることの方が多いようです。そのため、ここでも「ポン酢醤油」の成分についてお話します。柑橘類が原料なだけに、その成分にはやはり多種類のビタミン類が目立ちます。ビタミンCを始めとして、4種類のビタミンB群。そして、ビタミンA、D、E、Kにナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチンとなります。ミネラル類では、まずナトリウム。そして、カルシウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンとなります。
柚子の木

ポン酢の気になるカロリーと塩分は?-『知って得するポン酢の成分と保存方法』

ポン酢醤油小さじ一杯あたり(約6g)のカロリーは、2.82kcal。そして塩分は、138mgとなります。この塩分量は、濃口醤油の約半分、減塩醤油と同程度。塩分を気にされる方のお食事に重宝しそうですね。

さっぱり味を作るポン酢の栄養-『知って得するポン酢の成分と保存方法』

ポン酢に含まれる栄養素、やはり目を引くのはビタミン類。ビタミンCは美容に役立つ栄養素として有名ですが、それはコラーゲンの生成を助ける働きを持っているからです。美肌の素として良く耳にするコラーゲンですが、これはコラーゲンが細胞と細胞をつなぐ、接着剤のような働きを持っているから。このためコラーゲンが不足すると、結合組織である血管がもろくなり、肌に栄養がいきわたらなくなってしまうのです。ところがコラーゲンは食べ物から直接吸収する事が出来ないため、体内で作り出すしかありません。そのためにビタミンCが必要になるのです。また、ビタミンCは免疫力を担当する白血球を強化し、さらに自らも体内で感染を除去する力を持っています。風邪の予防に、またひいてしまったときにビタミンCを摂りましょう、と言われるのは、このためなのですね。
そして、4種類のビタミンBも重要な栄養素で、総じて代謝機能に大きな意味を持ち、細胞の成長を促し、神経を整え、エネルギーを作り出し、老廃物を排出する働きをするのです。そのためビタミンB群が不足すると、炎症が起きやすくなったり疲れやすくなるほか、時にはうつ病の原因となることもあります。

ポン酢の正しい保存方法をご存知ですか?ー『知って得するポン酢の成分と保存方法』

しゃぶしゃぶ、鍋、サラダのほか、醤油代わりに冷や奴に掛けたり、鳥や牛などの肉料理にも合う便利なポン酢。一年中通して使えるから、傷まないようきちんと保存して、美味しく使い切りたいですね。酢は殺菌力が強いので、それだけなら基本的には腐りません。でも、酸化することはあります。またポン酢はダシなどが入っているため、カビが生えたり、油断すると腐ってしまうこともあります。
開封前なら常温保存で大丈夫です。とはいえ、直射日光にあたらない、温度の上がりにくい場所に置くようにしていただくといいでしょう。また、暑い時期には酸化が進みやすくなりますので、冷蔵庫の野菜室に保存したほうが無難です。開封後は、常温だと腐る恐れがありますので、必ず冷蔵庫に入れるようにして下さい。この時、横にせず、縦に置くように気をつけて下さいね。ポン酢の賞味期限は開封前で2年程度。開封後は、1か月程度となります。賞味期限は目安ですので、それを多少過ぎても使用できなくなるわけではありません。ただ、見た目には変わりないようでも、風味が悪くなったり、酸味が抜けてしまうことがあるので、開封後はできるだけ早く使い切るようにしましょう。

オレンジ?ぶどう?ちょっと変わったポン酢をご紹介ー『知って得するポン酢の成分と保存方法』

フルーツポン酢、ってご存知でしょうか。ポン酢と言えばその原料は柑橘類ですが、実はそれ以外の物を原料にした、やさしい味わいのポン酢があるんですよ。例えば甘いネーブルオレンジを使ったオレンジポン酢、ぶどう果汁を使用したぶどうポン酢など。他にも、いちじく酢と橙酢をあわせたいちじくポン酢もあります。ポン酢は独特の香りや、酸っぱすぎるのがちょっと苦手、という方は、このフルーツポン酢を使ってみるのはいかがでしょうか。
市販品もありますが、ご家庭で作ることもできます。酒とみりんに昆布を入れてダシをとり、塩とお好みのフルーツ果汁で味を整えれば出来上がりとなるので、口に合うものをいろいろ試してみることが出来ます。醤油と合わせれば、一風変わった味わい豊かなポン酢醤油が楽しめます。

ポン酢があればオリジナルドレッシングも作れる!-『知って得するポン酢の成分と保存方法』

ポン酢をベースにしたドレッシングもおすすめです。好みの香り野菜を細かくきざみ入れ、砂糖と塩で味を調え、オリーブオイルを加えてよく混ぜ合わせれば出来上がり。好きな香りに整える事が出来ますし、オリーブオイルでまろやかさが加わって酸味が和らぎます。いつもの豚しゃぶやサラダに使うだけで、一味違った仕上がりになりますよ。ぜひお試しあれ♩

ポン酢を使ったおすすめレシピ

甘酸っぱい美味しさ『好みの柑橘で作る自家製ポン酢』

甘酸っぱい美味しさ『好みの柑橘で作る自家製ポン酢』

ポン酢にだしを加えてほどよい酸味に!『鶏むね肉お浸し』

ポン酢にだしを加えてほどよい酸味に!『鶏むね肉お浸し』

ポイントは厚さは3㎜?!『新玉葱と三つ葉ののポン酢漬け』

ポイントは厚さは3㎜?!『新玉葱と三つ葉ののポン酢漬け』

香味野菜で箸休め『クレソンとスプラウトのポン酢マリネ』

香味野菜で箸休め『クレソンとスプラウトのポン酢マリネ』

栄養たっぷりな「おかひじき」を食べよう!『おかひじきとトマトのアーモンド豆腐サラダ』

栄養たっぷりな「おかひじき」を食べよう!『おかひじきとトマトのアーモンド豆腐サラダ』

ひと足お先に夏野菜をいただこう!『揚げ野菜のぽん酢和え』

ひと足お先に夏野菜をいただこう!『揚げ野菜のぽん酢和え』

爽やかな風味が楽しいポン酢。あっさりしたものが食べたい時には欠かせない調味料ですが、そのほかにもマヨネーズに少し混ぜてコクをアップしたりなど、まだまだいろいろな使い方があります。いつもの醤油と代えるだけでも、塩分を調整してオリジナルメニューに変えられるポン酢、洋食や中華にも、是非試してみて下さいね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

ビタミンたっぷり!『柑橘類の種類とあれこれ』

ビタミンたっぷり!『柑橘類の種類とあれこれ』

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩の原材料』とは

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩の原材料』とは

種類・特徴・用途…知っておきたい『砂糖の原材料と豆知識』

種類・特徴・用途…知っておきたい『砂糖の原材料と豆知識』

種類・特徴・用途・原材料…知っておきたい『酢』の豆知識

種類・特徴・用途・原材料…知っておきたい『酢』の豆知識

種類・特徴・用途…知っておきたい『醤油の原材料と豆知識』

種類・特徴・用途…知っておきたい『醤油の原材料と豆知識』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』