得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.10.14

栄養満点ちっちゃな実力者!『知って得する黒ごまの成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

黒ごまは南アフリカで食べられ始めたとされる食材であり、薬用としても用いられてきた歴史があります。ごま油の材料としても用いられ、現在では大量に生産が行われていますが、成分も栄養も高いのが特徴です。

セサミンだけじゃない!黒ごまに含まれる嬉しい成分ー『知って得する黒ごまの成分と保存方法』

黒ごまに含まれている有用成分としてよく話題に上るのがセサミンです。セサミンは黒ごまに含まれているゴマリグナンの一つであり、他にもセサミノールやセサモリンなどの様々なゴマリグナンが含まれています。ゴマリグナンは、抗酸化作用が高いことから体内で発生している活性酸素の除去に役立ち、身体を構成する組織や器官が酸化によって老化してしまうことを防ぐのが主な作用です。個々の成分についての健康への寄与も研究が行われ、セサミンについてはコレステロール値の低下をもたらすという結果や、肝臓の機能を改善して血液検査の数値を低下させる効果も期待できるのだとか。
一方、同様に抗酸化作用を有する物質として黒ごまの黒い色の主成分となっているのがアントシアニンです。アントシアニンは強い抗酸化作用を持つだけでなく、目に局在しやすいことから強い光による目への刺激を和らげるのに役立つとされています。この他にも抗酸化作用のある成分が豊富に含まれているのが黒ごまの特徴であり、身体の若々しさを保つために重要な役割を果たしてくれそうですね。

脂でも、良質の脂質を含む黒ごまー『知って得する黒ごまの成分と保存方法』

黒ごまにはタンパク質と脂質が多く含まれています。タンパク質のアミノ酸組成が優良で、必須アミノ酸を一通り摂取することができる食材なのだとか。また、脂質が多いといっても比率が高いのは良質な不飽和脂肪酸です。オメガ6脂肪酸と呼ばれるリノール酸の含有量が高く、オメガ9脂肪酸であるオレイン酸も含まれているのが特徴です。脂質は肥満対策の上では懸念されがちですが、細胞を作ったり正常な排泄を行ったりするのに必須の栄養で摂取も必要です。黒ごまに含まれているリノール酸は必須脂肪酸として細胞膜の材料となる欠かせないものなので、脂質の摂取源としてはおすすめですよ。
goma_parumie_re

ミネラルを取るには丸ごといただきましょうー『知って得する黒ごまの成分と保存方法』

特にミネラルではカルシウムの含有量が多く、骨の健康を維持したり、ストレスを軽減させたりするのに役立つかも。カルシウムは黒ごまの皮の部分に多く含まれているため、むきごまにせずに丸ごと食べるようにすることが大切です。他にもマグネシウムや鉄、亜鉛、銅なども含有量が高くなっています。

黒ごまを美味しく保存するためには?ー『知って得する黒ごまの成分と保存方法』

黒ごまは丸ごと生の状態であれば比較的保存性が高く、常温でも一ヶ月以上保存して問題はありません。一般的な食品と同様に高温多湿や直射日光により変質してしまいやすい傾向はあります。また、抗酸化作用の高い成分が多く含まれているため、外気にあまり触れないようにすると長期保存をしやすく、さらに温度が低いのが適した保存環境です。そのため、冷暗所に保存するだけでも大丈夫ですが、冷蔵庫や冷凍庫に保存した方が長持ちします。どの場所に保存する場合でも密封できる袋に入れて保存し、常温保存するときには缶などの光を通さない密閉容器に入れておくと安心です。
黒ごまは丸ごとの状態だと保存性が良いものの、すりおろしてしまうと保存性が低下します。外皮が固くて水分や空気を通しにくいため丸ごとだと保存しやすくなっているのです。すりおろしてしまった場合には酸化しやすいので密封できる袋に入れて冷蔵庫か冷凍庫で保存します。長期保存すると風味が落ちてしまいやすいので、すりおろした場合には一週間程度を目安に使い切るようにするのが良いでしょう。

黒ごまの特徴と使い方のポイントー『知って得する黒ごまの成分と保存方法』

黒ごまには豊富な栄養と有用な成分が含まれていますが、消化吸収はあまり良くないのが特徴です。固い外皮に囲まれていて簡単には胃腸の中で消化されない性質を持っているからです。口の中でよく噛んで外皮を破ってしまわないとそのままの形で排泄されることになります。吸収性を高くするための使い方として、すりおろして食べるのがおすすめ。ごま独特の風味も立ちやすくなり、料理に使用するにも適しています。
すりごまだけでなく練りごまも吸収性が高いですよ。練りごまもすりごまと同様に保存性が低下しますが、冷蔵庫で一週間から二週間程度は保存することができます。すりごまも練りごまも少しだけ毎回作るのは手間になるので、一週間分程度を目安にまとめて作って保存するようにすると、必要なときに気軽に使うことができて食習慣に取り入れやすいでしょう。どのような料理にも合いやすいのは黒ごまの特徴であり、たくさんに食べるのは難しくても普段から料理に混ぜるだけで効率良く成分も栄養も摂取することができそうですね。

黒ごまを使ったおすすめレシピ

秋の味覚さつまいも料理の定番『大学芋をおいしく手作りするコツ』

秋の味覚さつまいも料理の定番『大学芋をおいしく手作りするコツ』

お弁当をもってピクニックに『さつまいもを使った作り置きおかず』

お弁当をもってピクニックに『さつまいもを使った作り置きおかず』

忙しいときこそ大切にしてほしい朝ごはん『3分でできる黒ごまとバナナの豆乳ココア』

忙しいときこそ大切にしてほしい朝ごはん『3分でできる黒ごまとバナナの豆乳ココア』

さくさっくのパイがとっても手軽に手作りできる『おいもスティックパイ』

さくさっくのパイがとっても手軽に手作りできる『おいもスティックパイ』

いつものごはんもアレンジ『塩麹入り黒ごま玄米ごはん』

いつものごはんもアレンジ『塩麹入り黒ごま玄米ごはん』

6月のお献立、おまけ。もっちりクリーミー『黒ごまきな粉のミルク餅』

6月のお献立、おまけ。もっちりクリーミー『黒ごまきな粉のミルク餅』

黒ごまは抗酸化作用が高い成分を含み、栄養面でも優れている食材です。保存性も良いことから常備食材としていろんな料理と相性ぴったり!すりおろすと栄養を吸収しやすくなりますが、保存性が低くなるので美味しいうちに早めにいただきましょう。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

ごまの栄養をギュッと凝縮『知って得するごま油の成分と保存方法』

ごまの栄養をギュッと凝縮『知って得するごま油の成分と保存方法』

今注目の飲み物!低カロリーなのに栄養豊富『知って得するアーモンドミルクの成分と保存方法』

今注目の飲み物!低カロリーなのに栄養豊富『知って得するアーモンドミルクの成分と保存方法』

みんな大好き森のバター『知って得するアボカドの成分と保存方法』

みんな大好き森のバター『知って得するアボカドの成分と保存方法』

おやつやおつまみに。カリッと美味しいナッツ『知って得するマカダミアナッツの成分と保存方法』

おやつやおつまみに。カリッと美味しいナッツ『知って得するマカダミアナッツの成分と保存方法』

おやつにもおつまみにも人気のナッツ『知って得するカシューナッツの成分と保存方法』

おやつにもおつまみにも人気のナッツ『知って得するカシューナッツの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』