作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.10.14

切り身を使ってかんたん揚げ焼き『ぶりの竜田揚げ2種』

Pocket

焼き魚の定番、ぶりの切り身。少しアレンジして竜田揚げはいかがですか。ビニール袋やポリチャック袋を使って下ごしらえをすれば洗い物要らず、揚げ焼きにするので油少なめでヘルシーに仕上がりますよ。
ぶり竜田揚げsub1

『ぶり竜田揚げ』材料(約1人分)

材料1
・ぶり切り身2切れ
・塩少々
・お酒大さじ1/2程度(写真は下味分と合わせたものと撮影(下ごしらえに大さじ1/2、下味に大さじ1、それぞれ使用))

A(下味)

・お酒大さじ1~1杯半程度
・醤油大さじ1~1杯半程度
・すりおろし生姜1かけ分(15g・写真は皮つき生姜をあらかじめすりおろしたもの)

・片栗粉適宜(写真は竜田揚げとアレンジ竜田揚げを合わせたものを撮影(竜田揚げとアレンジ竜田揚げに各大さじ1杯半ずつ使用))

・揚げ油適宜(写真は米油を大さじ2~3使用。揚げ油の種類はお好みで)

『ぶり竜田揚げ』作り方

1.ぶりの切り身両面に塩、お酒をふり、少し置いておく。
ぶり下処理11
ぶり下処理21
2.少し置いたら大きな骨を骨抜きなどで抜いておき、食べやすい大きさにカットする。
カットしたらキッチンペーパーなどで水気を切っておく。
ぶりcut1
ぶり・水分拭き取り1
3.しょうがのみ皮つきのまま(抵抗がある方は皮をむいても◎)それぞれすりおろしておく。
すりおろししょうが1
4. ボウルまたはビニール袋(ポリチャック袋)で竜田揚げの下味作りをする。
A)の材料をお酒→醤油→すりおろししょうがの順に加え、菜箸などでよく混ぜてから、あらかじめカットしておいたぶりを加え、よく混ぜる。ビニール袋(またはポリチャック袋)で下味を付ける場合は袋の空気を抜きながらビニール袋を結んで(ポリチャック袋の場合はチャックを)しっかり閉じたら、袋の上からもみ込むようによく混ぜて、ぶりに下味をなじませて10分程度冷蔵庫で置いておく。(下味の漬け込み時間はお好みで。)
下味11
下味21
下味31
下味41
5.下味に漬けておいたぶりの表面をキッチンペーパーなどで軽く拭いてさっと汁気を取っておく。
ビニール袋(またはポリチャック袋)に片栗粉を入れ、あらかじめ下味をつけて汁気を切ったぶりを加えて薄く衣をつける。
(下味もビニール袋(ポリチャック袋)を使用した場合は、下味をつけた袋とは別の袋を用意してください。)
ぶり・漬け汁拭き取り1
ぶり竜田・片栗粉11
ぶり竜田・片栗粉21
6. 深さがあるフライパンに揚げ油を敷き、中温(170~180℃。菜箸を入れて1~2秒したらシュワシュワ泡が出る程度)になったら、あらかじめ衣を薄くまぶしたぶりを揚げ焼きにしていく。一度にたくさん入れると油の温度が下がりやすいので、2~3個ずつ様子をみながらくっつかないように少し離して入れていくと◎(衣がフライパンにくっつきそうな場合は、少しフライパンを傾けながら両面をひっくり返して揚げ焼きにしてください。(浅いフライパンで傾けて揚げようとすると引火などの原因になり危ない為、深めのフライパンで作ることをおすすめします))
時々、菜箸で返しながら揚げ焼きにし、衣の色が香ばしいかんじにカラッと揚がったら、揚げ網かキッチンペーパーを敷いたお皿に取る。
ぶり竜田揚げ11
ぶり竜田揚げ21
7.盛りつけをして完成。お好みでレモンなど加えても。

『ぶり竜田揚げ』のアレンジ

衣にカレー粉とクミンシードを加えてカレー竜田揚げに。
ぶりカレー竜田揚げsub1
ぶりカレー竜田アレンジ11
ぶりカレー竜田アレンジ21
ぶりカレー竜田アレンジ31
ぶりカレー竜田揚げ1

[アレンジ用材料]

・カレー粉大さじ1強
・クミンシードまたはお好みのスパイス小さじ1(またはクミンパウダーでも◎←その場合は量を加減してください。いずれもなくても◎)
アレンジ材料1

『ぶりの竜田揚げ2種』のポイント・コツ(共通)

・下味の漬け込み時間はお好みで。(10分程度置けば下味がつきます)
・料理酒を使う場合は塩が入っているので醤油の量を加減してください。
・ぶりの汁気を切ってから衣をつけると衣がつきやすくなります。
 衣をつけるときにぎゅっと握りながらつけると、さらに衣が定着しやすくなります◎
・衣は薄くつけると上品な仕上がりに、厚めにつけすぎると食感が悪くなるのでご注意ください。
・油の量は目安です。フライパンの大きさに合わせて加減してください。(深めのフライパンで揚げ焼きすることをおすすめします。)
・同時に2種揚げる時は、先に味の薄いものから濃いものを揚げていくと◎
 最初に竜田揚げ、最後にカレー竜田揚げを揚げると、同じ油で同時に揚げることができます。
 (先にスパイシーなものから揚げてしまうと、竜田揚げに香りや味が移ってしまいます)
・2種揚げると油の量が減ってくるので、途中適宜追加してください。

『ぶりの竜田揚げ』アレンジレシピのポイント・コツ(アレンジ)

・クミンやスパイスはあらかじめ炒ってから使うと香りが立っておいしくいただけます。
 (焦がすと苦くなるので弱火で熱してください。)

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

その他のおすすめ記事

照り焼きよりも定番に?!『ぶりのバルサミコ醤油ソテー』

照り焼きよりも定番に?!『ぶりのバルサミコ醤油ソテー』

じっくり焼いてふっくらジューシー『手羽タンドリーチキン』

じっくり焼いてふっくらジューシー『手羽タンドリーチキン』

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』