得するコト得するコト
まめ知識 2017.10.17

優しい口どけ♩スイーツに欠かせない名脇役『知って得する生クリームに成分と保存方法』

目次

日本でも親しまれている生クリーム。牛乳から取れる乳脂肪分を用いた生クリームは、ヨーロッパでは16世紀ごろから使用されていたのだそうですよ。今では、お菓子や料理の材料として広く使われている食材の一つです。

生クリームは乳成分100パーセント!ー『知って得する生クリームに成分と保存方法』

日本の場合、生クリームとして認められるためには、100パーセント牛乳の成分で構成されていることが必要です。国が定める基準では、牛乳から乳脂肪分以外の成分を取り除いたもの、とクリームの定義が規定されているため、植物成分が含まれるホイップクリームは正式にはクリームに含まれません。従って、生クリームというカテゴリーで販売されている商品はすべて牛乳の成分で作られていることになります。
牛乳には乳脂肪分の他にタンパク質やビタミン、ミネラル、乳糖などの成分が含まれています。水分も牛乳を構成している成分の1つです。生クリームの場合は、このような牛乳から水分などを取り除き、乳脂肪分の比率を高めています。日本で流通している生クリームは、乳脂肪分が18パーセントから48パーセントの商品が主であり、用途に応じて乳脂肪分の少ないタイプと多いタイプを使い分けるのが一般的です。生クリームは、乳脂肪分の比率が多くなるほど、動物性脂肪のコクやまろやかさが感じられます。乳脂肪分の比率が少ないタイプは、比較的あっさりとしたテイストに仕上がります。
生クリームケーキ

牛乳の栄養をそのままいただける生クリームー『知って得する生クリームに成分と保存方法』

生クリームの原料である牛乳には、たんぱく質を始めとする様々な栄養素が含まれます。乳脂肪分を抽出した生クリームにも、このような牛乳の栄養素は残っています。例えば、1カップの生クリームに4g程度含まれているのがたんぱく質。栄養成分表などを見ると、生クリームの場合は脂質の割合が高いですが、たんぱく質やビタミンなども含みます。中でもビタミンAやビタミンE、ビタミンKなどは、生クリームの状態でも割と多く含まれている成分です。骨や歯を強くするカルシウムも、生クリームから摂取することが可能です。
その他、モリブデンなどのミネラル分も豊富です。ビタミンAやビタミンEはアンチエイジング効果が高く、肌や粘膜の状態を良くして血行を良くするなどの作用があります。また、カルシウムとの相乗効果で骨に良い影響を与えるのがビタミンKです。モリブデンは代謝との関わりが深く、体の働きを陰ながら支えています。脂質の多い生クリームは少ない量でもある程度のカロリーが摂取出来ます。そのため、効率よくエネルギーを得たい時にも役立つかもしれませんね。

開封した後は早めに使い切るのがベスト!ー『知って得する生クリームに成分と保存方法』

生鮮食品である生クリームは、賞味期限にかかわらず封を開けたら速やかに使い切りましょう。冷蔵庫に保管していても、時間の経過とともに生クリームの風味は徐々に落ちてきます。フレッシュな生クリームのテイストを味わうためには、鮮度が非常に大切です。冷蔵庫に保管していても、生クリームは時間が経つと分離してくることがあります。このような状態になると泡立てが少し難しくなりますので、購入後はあまり時間が経たないうちに使ってしまうのがおすすめですよ。

ホイップした生クリームは冷凍保存も可能?ー『知って得する生クリームに成分と保存方法』

ホイップした生クリームは、数週間程度であれば冷凍で保存することが出来ます。ただ、このような保存の仕方をすると、生クリームの味が少し変わってきてしまいます。そのため生クリームならではの美味しさを味わいたい時には、極力新しい商品を使いましょう。クリームソースの隠し味として料理に加えるといった場合は、冷凍保存の生クリームでも美味しくいただけます。分離を避けるためにも、液体の状態で生クリームを冷凍庫に入れるのはおすすめできません。冷蔵庫で保存する時にも、温度が安定している場所を選びましょう。
生クリーム1

多種多様な食べ方で楽しまれる生クリームー『知って得する生クリームに成分と保存方法』

日本同様に海外でも生クリームは、グルメに欠かせない食材の1つ。アメリカでは、ダイナミックなパイやタルトを華やかに飾るトッピングとして生クリームが用いられます。ヨーロッパでも生クリームは色々な料理に用いられており、コーヒーなどのドリンクにも大活躍。日本のウィンナーコーヒーに似た生クリーム入りのコーヒーも、ウィーンの喫茶店などでは提供されています。フランスではクレームシャンティと呼ばれ、やはりお菓子に欠かせないのが生クリーム。クレームシャンティは、ホイップした生クリームに砂糖で甘みを付けているのが特徴です。シュークリームやモンブランの材料としてもクレームシャンティは有名です。バターの代わりに、このシャンティクリームをパンに塗って食べることもあるのがフランス人のスタイルです。イギリスでは、スコーンのお供としても活用されています。生クリームよりも乳脂肪分を少し多くしたのが、日本でも知られ始めているクロテッドクリームです。いろんな食べ方を試してみると、また違った美味しさに気づくかもしれませんね。

生クリームを使ったおすすめレシピ

ハロウィンにどうぞ!色鮮やかな『紫芋チーズケーキのパイ』

ハロウィンにどうぞ!色鮮やかな『紫芋チーズケーキのパイ』

朝食や前菜に『いちじくと自家製リコッタチーズとベビーリーフのマリネサラダ』

朝食や前菜に『いちじくと自家製リコッタチーズとベビーリーフのマリネサラダ』

かぼちゃの甘味にほろ苦いカラメルソースの大人なスイーツ『かぼちゃの焼きプリン』

かぼちゃの甘味にほろ苦いカラメルソースの大人なスイーツ『かぼちゃの焼きプリン』

一晩でつくる「塩ヨーグルト」に漬け込んだ『塩ヨーグルト漬け秋鮭のアレンジレシピ』

一晩でつくる「塩ヨーグルト」に漬け込んだ『塩ヨーグルト漬け秋鮭のアレンジレシピ』

蒸し器がなくてもできちゃう、とろ〜りなめらか『ほうじ茶プリン』

蒸し器がなくてもできちゃう、とろ〜りなめらか『ほうじ茶プリン』

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

生クリームは、泡立てることで液体の時とは違ったテイストや口当たりが楽しめます。お菓子作りなどを頻繁にする方は、正しい保存方法などをチェックしておくと便利ですよ。身近な家庭の食材として、生クリームを気軽に活用してみましょう。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

実はビタミンも豊富『知って得する小麦粉の成分と保存方法』

実はビタミンも豊富『知って得する小麦粉の成分と保存方法』

完全栄養食品と呼ばれる実力は?『知って得する卵の成分と保存方法』

完全栄養食品と呼ばれる実力は?『知って得する卵の成分と保存方法』

健康と美容のために毎日飲みたい『知って得する豆乳の成分と保存方法』

健康と美容のために毎日飲みたい『知って得する豆乳の成分と保存方法』

種類・特徴・用途…知っておきたい『砂糖の原材料と豆知識』

種類・特徴・用途…知っておきたい『砂糖の原材料と豆知識』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2019.12.19

編集部おすすめ『冬が主役の「大根」を使ったお役立ちレシピまとめ』

2019.12.17

帰宅後すぐ完成♪10分で出来る『どっさりねぎの和え麺』

2019.12.13

大根で作るメインディッシュ「生姜とりそぼろあんかけ大根」

編集部おすすめ記事

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

2019.12.18

切って重ねるだけ!簡単クリスマスに『サンドチョコケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2019.12.27

はじめてのナチュラルフード『シンプルな生き方』

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2017.06.10

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2018.04.04

覚えておきたいおやつレシピ『ふんわりバナナシフォン』