得するコト得するコト
美容 2016.08.18

冷え対策しっかりしてますか?暑いときこそ気をつけたいコト

まだまだ日差しが痛いくらいの暑さが続いていますが、元気にお過ごしでしょうか。
こんな暑さだと、アイスやキンキンに冷えたビールなど、冷たいものが格別美味しいですよね。

ですが、取りすぎに気をつけないと内臓の冷えに繋がり、フェイスラインにニキビができやすくなったり、体全体の冷えやダルくて何となく毎日疲れが取れない、なんてことに。

さらに内臓の冷えはすぐ裏側の腰の冷えに繋がり腰痛やヒドい方は夏でもギックリ腰になってしまうこともあるんです。
お腹や腰が張ったり、押すと痛むようなら冷えが原因かもしれません。

冷えにならないめに内臓を温める習慣を

寝る前や翌朝に白湯をゆっくり飲むようにすると呼吸とともに温かな酸素が体を巡り、内臓をしっかり温めてくれるだけでなく特にお酒を沢山飲んだ日は二日酔いの軽減にもなりますので、ぜひ試してみてくださいね。
内臓を温めてあげることは体全体の血行を良くし、美肌効果や脂肪を燃焼を高めたり、胃腸の働きが活発になることで便秘解消にも繋がります。
暑い日でも一日の中で大変を占めているのは意外と冷房の効いた室内。
中からだけでなく外からも冷えてしまってることもありますのでシャワーだけにせず、ぬるめのお湯でゆっくり入浴することも大切です。

huro_re

冷たいものがダメではなく、どんなことでも過度にならないことが大切。
上手にバランスを取りながら、残りの暑さも思いっきり楽しみましょう。

文/ボディメイキングスペシャリスト 小川初美
『SANUR豊洲』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

2021.02.20

フライパンだけで仕上げる『簡単!もちもち!大根もち』

2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

2021.02.19

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツをつかった作り置きおかず』

2021.02.19

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

2021.02.17

小さくて安いイチゴでも簡単に『イチゴ大福』

2021.02.16

チーズの美味しさを存分に味わおう!日持ちする材料だけで作る『パルミジャーノスパゲッティ』

2021.02.14

メイン食材は2つ『味噌だれゆで鶏』と『鶏だしスープ』

2021.02.13

【バレンタイン特集】美味しくて簡単!手作りクッキーレシピ

編集部おすすめ記事

2021.02.25

旬の小松菜を味わおう!ナンプラー香る『エスニック風小松菜チャーハン』

2021.02.25

紙コップでつくる『カフェモカ蒸しパン』

2021.02.24

【七十二侯のコト】第五侯「霞始靆」

2021.02.24

主役としていただきたい『パクチーサラダ』

2021.02.22

材料2つでできる!子供が大好き♪裂いて楽しい『さけるチーズ』

2021.02.21

はじめてのナチュラルフード『毎日を丁寧に暮らす』

2021.02.21

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

2021.02.21

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

2021.02.19

【七十二侯のコト】第四侯「土脉潤起」

2021.02.18

小さいけれど栄養いっぱい!芽キャベツを食卓に取り入れよう

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.07.03

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』