得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.10.29

スパイシーな香りがもたらす効果とは・・・『知って得するクミンの成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

エジプトが原産とされるクミンは、古くからスパイスとして利用されていました。カレーの香りの主要な部分を占めるものとしてカレー粉を作る際にも必ず使用されているんですよ。

スパイシーなクミンの香りに隠されたヒミツー『知って得するクミンの成分と保存方法』

クミン特有の香りは幾つかの成分の組み合わせによって生み出されています。主要な成分として知られているのがクミンアルデヒドです。クミンアルデヒドは消化管を刺激することによって活動度を高め、食欲を増進させると共に消化を助ける役割を果たすことが知られています。カレーを暑い夏場に食べると食欲が出るとよく言われるのはクミンアルデヒドの作用に由来するものかもしれませんね。また、クミンの香り成分には柑橘類にもよく含まれているリモネンも入っています。リモネンには精神を安定化させてリラックスさせる芳香があるのが特徴です。リモネンは抗菌作用や免疫力の向上にも寄与するとされているため、風邪などの感染症の予防にも役に立つでしょう。
揮発性が高いことから十分に加熱すると失われてしまいやすい成分なので調理の際には注意が必要です。そして、クミンに含まれている植物ステロールには脂質代謝に関わるものがあることもわかってきたのだとか。コレステロール値を下げるのに役立つとされ、生活習慣病の予防に良いと考えられるようになっているそうですよ。

鉄やカリウムが豊富なクミンー『知って得するクミンの成分と保存方法』

クミンを食べることによって多く摂取できる栄養として鉄やカリウムがあります。女性を中心として貧血に悩まされている人は大勢いますが、その原因としてよくあるのが鉄の不足であり、赤血球が十分に作れなくなっている場合があります。クミンによって鉄の補給を手助けしてもらってもいいかもしれませんね。カリウムは血圧を下げるのに役立つミネラルとして知られています。また、骨を作るのに欠かせないカルシウムやリンも多く含んでいるのもクミンの特徴です。
また、ビタミンB1やナイアシンなどのビタミンB群の摂取源としてもクミンを活用できるのだとか。エネルギー産生や新陳代謝に関わるビタミンB群を摂取して食欲も高まると効果的に疲労を回復させることができそうですね。

クミンの香りを逃さずに保存しようー『知って得するクミンの成分と保存方法』

クミンは乾燥させた状態でクミンシードとして、またはそれをミルで潰してパウダー状にしたりして販売されています。どちらの状態でも湿気を嫌いますが、基本的には高温多湿を避けて常温で保存すれば一年以上保存することが可能です。香りが逃げてしまわないように密封して保存しましょう。

冷蔵庫や冷凍庫に入れる際の注意点ー『知って得するクミンの成分と保存方法』

冷蔵庫や冷凍庫に入れた方が風味が落ちにくくなりますが、密封度の高い袋にできるだけ空気が入らないようにして封をしてから入れる必要があります。それは、冷蔵庫や冷凍庫から出したときに特に水分を吸ってしまいやすいからです。使うときには常温に戻してから封を開けるようにすることが大切ですよ。
クミンパウダーはクミンシードに比べると香りが落ちてしまいやすく、湿気にも弱いため早めに使い切るようにしましょう。それに対してクミンシードは外皮に包まれていて香りもあまり逃げていかないことからそれほど神経質にならなくても長期保存できます。香りの良いクミンパウダーを使いたいという場合には自分でクミンシードをミルにかけて必要なときに作るのがおすすめですよ。
クミン1

カレーだけじゃない!クミンの使い方ー『知って得するクミンの成分と保存方法』

カレーの香りとしてよく知られるクミンは、カレーに使用するものというイメージがありますよね。カレーをより美味しくするために一振りのクミンを仕上げに加えたり、最初にタマネギを炒める前に油でクミンシードを炒めたりすると風味が高まります。カレー好きの人にとってはクミンを使うのは美味しく食べるための一工夫ですが、他の料理にも使用することができますよ。
クミンの香りを生かせる料理であれば何でも問題はなく、炒め料理や煮物に入れることもできれば、サラダに振りかけて使うことも。アジア地域ではヨーグルトに入れて食べる習慣もあるのだとか。また、パンなどを焼くときに生地に入れることでカレーのような風味のパンを作ることができます。鮮度や加熱具合によって香りにも少しずつ違いが出てくるので、色々な料理に使ってみると良いかもしれませんね。

クミンを使ったおすすめレシピ

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

人参1本でできる『オレンジクミン風味のにんじんサラダ』

人参1本でできる『オレンジクミン風味のにんじんサラダ』

旬の名残の新じゃがをたのしもう!『クミン風味のベイクドポテト』

旬の名残の新じゃがをたのしもう!『クミン風味のベイクドポテト』

切り身を使ってかんたん揚げ焼き『ぶりの竜田揚げ2種』

切り身を使ってかんたん揚げ焼き『ぶりの竜田揚げ2種』

じっくり焼いてふっくらジューシー『手羽タンドリーチキン』

じっくり焼いてふっくらジューシー『手羽タンドリーチキン』

秋の果物『りんごをつかった作り置きおかず』

秋の果物『りんごをつかった作り置きおかず』

クミンはカレーの香りを付けるためのスパイスとして広まってきました。ただ香りを楽しむだけでなく、香りに由来する食欲の増進やリラックス作用など幅広い効果を期待できるようですね。カレーに限らず様々な料理にクミンを取り入れてみませんか?

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

辛いだけじゃない?二日酔いにも効き目あり!『知って得するターメリックの成分と保存方法』

辛いだけじゃない?二日酔いにも効き目あり!『知って得するターメリックの成分と保存方法』

独特の香りなハーブ『知って得するパクチー・コリアンダーの成分と保存方法』

独特の香りなハーブ『知って得するパクチー・コリアンダーの成分と保存方法』

食欲そそるカレー味の元『知って得するカレー粉の成分と保存方法』

食欲そそるカレー味の元『知って得するカレー粉の成分と保存方法』

食欲増進、リラックス効果も期待!歴史あるハーブ『知って得するディルの成分と保存方法』

食欲増進、リラックス効果も期待!歴史あるハーブ『知って得するディルの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

煮込み料理の名脇役『知って得するローリエの成分と保存方法』

煮込み料理の名脇役『知って得するローリエの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

2019.08.18

暑いからこそ、温活を『じゃがいものポタージュ』

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.14

夏のデザート『とろ〜りマンゴープリン』

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.28

4月のお献立、その4。食欲をそそる香り『メカジキのハーブパン粉フライ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.26

HBで簡単ふわふわ!『チーズクリームのシナモンロール』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2017.03.30

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

2017.04.01

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト