得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.10.20

栄養満点!馴染み深い昆布のヒミツ『知って得する昆布の成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

昆布は縄文時代から、塩分が補給できる貴重な食材として食べられていたのだとか。また戦国時代には陣中食として兵糧にもなっていたのだそうですよ。現代では昆布の旨味成分の高い栄養価にも注目されていますよね。そんな昆布の栄養成分や効能、保存方法などについて紹介します。

食物繊維や旨味成分をたっぷり含む昆布ー『知って得する昆布の成分と保存方法』

昆布は水溶性食物繊維やミネラル、いろいろな旨味成分が含まれています。まず主要な水溶性食物繊維としては、アルギン酸やフコイダンが挙げられます。ヨウ素の含有量は食材の中でも非常に豊富で、100gにつき24万μgも。そのほかに、ラミナリンと呼ばれる多糖類も含んでいます。ミネラルでは、昆布100gにつきカルシウムが約710mg、カリウムは6100mgという値です。そのほかにもマグネシウムやリン・鉄やマンガンといった成分も含んでおりミネラル豊かな食材と言えます。
ビタミン類においては、ビタミンAやビタミンB群、さらにナイアシンや葉酸なども含んでいます。100g中、ナイアシンは1.4mg、葉酸は260μgです。ビタミンCは25mg、ビタミンkも90μg含有しています。また昆布はだしの素として使われることが多いですが、それは昆布にたくさんの旨味成分が含まれているからです。旨味成分としては、グルタミン酸やマンニトールなどが豊富です。さらに色素成分であるフコキサンチンも、昆布の大切な栄養成分です。
15966796_1309069405818937_1460605132_o

糖尿病、高血圧、便秘・・・さまざまな病気の予防にも役立つ昆布ー『知って得する昆布の成分と保存方法』

栄養成分が凝縮されている昆布は、健康にも美容にもさまざまな効能を発揮してくれそう。まず色素成分であるフコキサンチンは抗酸化作用が高く、体内の活性化酸素を抑制して血液をサラサラにするほか免疫力の向上にもつながります。フコキサンチンは血糖値も下げる効果があるので、糖尿病の予防にもなるでしょう。アルギニン酸やフコイダンは、疲労回復や滋養強壮に良いとされます。特にフコイダンは、体内の悪い菌を攻撃してくれる「ナチュラルキラー細胞」の活性化を促進する働きがあることが期待されています。アレルギーにも対抗する作用がありますし、胃炎の原因になるピロリ菌の増殖も防いでくれるでしょう。
さらに昆布に含まれるラミナリンは、腸内環境を整えて便秘を防いでくれるのでダイエット中の人にもおすすめです。ラミナリンは血圧を安定させる栄養成分でもあるので、高血圧症の人は昆布を食べると良いかもしれませんね。昆布はヨウ素が豊富なので、代謝アップ効果も得ることができます。ヨウ素には子供の発育を促進させる働きもあるとされているのだそうですよ。

乾燥昆布を美味しく保存するには?ー『知って得する昆布の成分と保存方法』

昆布は鍋や煮物などのだしに使うほかにも、イワシなどの魚を包んで昆布巻きにしたり佃煮にして食べたりしますよね。上手に保存することで調理の際にも使いやすいですし、鮮度も保つことができて栄養価も落ちません。スーパーなどで販売されている大きな乾燥昆布は、使いやすい大きさにカットしてタッパやチャック付きの保存袋など密閉した状態で、冷蔵庫に入れて保存するようにします。寒い時期は常温保存も可能ですが、昆布は湿気に弱いので冷蔵庫に入れておくと安心ですよ。梅雨や夏場など湿気が多い時期は、冷凍庫に入れて保存することが望ましいでしょう。乾燥昆布の場合、湿気のない場所であれば約1年は保存が可能です。高温多湿の場所ではカビが生えてしまうこともあるので、注意しましょう。
昆布1

生の昆布の保存のポイントはよく洗うこと!-『知って得する昆布の成分と保存方法』

生の昆布の場合は、保存する前によく洗うことがポイントです。しっかり洗った後、食べやすい大きさに切ってから、密閉容器に入れます。そして生昆布は冷蔵庫ではなく冷凍保存するようにしましょう。生昆布を冷凍庫で保存できる期限は、約1ヶ月ほどです。

11月15日は昆布の日?!その理由は?-『知って得する昆布の成分と保存方法』

11月15日は昆布の日だとされていますが、どういう理由からなのでしょうか?11月15日といえば七五三で子供たちがお宮参りをする日でもありますが、実は「育ち盛りの子供たちにこれからもすくすくと育つために、栄養たっぷりの昆布を食べましょう」という意味があるのです。それだけ昆布は栄養価が高いということですね。また漁港ではこの時期に、収穫した昆布を市場に出し始めるので、「今年もたくさん昆布が獲れたことを海に感謝する日」でもあるのだそうですよ。
平安時代には昆布はお供え物としても欠かせないものでした。その後もどんどん栄養が認められていき、健康に良い食べ物として重宝されています。11月15日はそんな昆布に対する感謝の気持ちを再確認する日とも言えるでしょう。
ところで昆布といえばだしを取る際に欠かせない食材ですが、海の中ではだしは出ないのか気になる人もいるのではないでしょうか?昆布のだしの旨味成分であるグルタミン酸は、実は昆布が死なないと外へ出ないのです。海の中では昆布は生きているので、だしが出ないのだそうです。
昆布だし

昆布を使ったおすすめレシピ

乾物は最後まで使おう『昆布と椎茸の佃煮風』

乾物は最後まで使おう『昆布と椎茸の佃煮風』

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ① ~和・洋・中なんでも使えるお出汁の基本『昆布水』~

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ① ~和・洋・中なんでも使えるお出汁の基本『昆布水』~

レンジでも作れる『ゴーヤと梅と塩昆布のぽん酢醤油和え2種』

レンジでも作れる『ゴーヤと梅と塩昆布のぽん酢醤油和え2種』

昆布水でつくる『トロトロキャベツと焼き葱の鶏団子スープ』

昆布水でつくる『トロトロキャベツと焼き葱の鶏団子スープ』

困ったときは塩昆布!『パプリカとツナの塩昆布マリネ』

困ったときは塩昆布!『パプリカとツナの塩昆布マリネ』

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

昆布はたくさんの栄養成分でできており、その効能も優れたものであることが改めて分かりましたね。昆布はだしを取るだけでなく、昆布茶やおしゃぶりこんぶ、とろろ昆布などおやつなどとして食べやすいものもあります。上手に摂取して、美容と健康に役立てたいものですね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

ミネラルたっぷり『知って得するわかめの成分と保存方法』

ミネラルたっぷり『知って得するわかめの成分と保存方法』

美容と健康に効果的!女性の味方『知って得するひじきの成分と保存方法』

美容と健康に効果的!女性の味方『知って得するひじきの成分と保存方法』

食物繊維が腸まで届く『知って得するもずくの成分と保存方法』

食物繊維が腸まで届く『知って得するもずくの成分と保存方法』

食物繊維豊富で美容や健康にも良い『知って得する寒天の成分と保存方法』

食物繊維豊富で美容や健康にも良い『知って得する寒天の成分と保存方法』

一日一枚。健康習慣を始めよう!『知って得するのりの成分と保存方法』

一日一枚。健康習慣を始めよう!『知って得するのりの成分と保存方法』

生活習慣病やがん予防にも効果が?!『知って得するしいたけの成分と保存方法』

生活習慣病やがん予防にも効果が?!『知って得するしいたけの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.04.26

穀物を食べよう。古くからの美肌食!スーパーフード『ハトムギ』生活のすすめ

2016.07.20

『京都珍百景』で知る、「珍」京都のススメ

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.08

健康効果も期待!世界的に使われている植物油『知って得する菜種油の成分と保存方法』

2018.02.08

ビールおつまみに!!『カリカリ♪ガーリックシュリンプ』

2017.10.11

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2018.03.28

3人に1人は悩まされている花粉症は『自然のチカラを借りて自然に治す』