得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.11.06

食物繊維たっぷり!ヘルシー食材『知って得する天草の成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

天草はところてんや寒天の原料として古くから用いられてきた海藻です。海藻の健康効果が着目されるようになって、さらに注目を集めている食材です。

食物繊維たっぷり!の天草ー『知って得する天草の成分と保存方法』

天草に含まれる成分として主要なのが食物繊維です。水分を吸って大きく膨らみ、ゲル状になる性質を持っているアガロースやアガロペクチンが主要な食物繊維として含まれています。これらの食物繊維は水溶性食物繊維に分類され、特に現代的な食生活を送っている人たちでは不足が懸念されている成分なのだとか。
食物繊維は人の持っている消化酵素では消化することができず、便の一部としてそのまま排泄されます。しかし、その際に糖質や脂質などを吸着して吸収を抑制する効果があり、血糖値の上昇を妨げたり、脂質やコレステロールなどの排泄を促したりしてくれるのだそうですよ。また、そのまま便の一部となることにより便を排泄しやすくすることも知られています。特に水溶性食物繊維は便を柔らかくして排泄しやすくする特性があるため、便秘に悩まされている人にとって嬉しい成分です。

ビタミンKとマグネシウムが豊富な天草ー『知って得する天草の成分と保存方法』

天草は炭水化物とタンパク質が主な栄養成分となっているため、タンパク質源としても有用性があります。一方、ビタミンやミネラルについても広く少しずつ含まれているため、全体的なビタミンやミネラルをとるための食材としても活用することができます。
ビタミンではビタミンKが豊富であり、脂溶性ビタミンであることから脂質を多く含む食品と一緒に食べるようにすると良いでしょう。ビタミンKは骨形成を促すのにも役立つことから骨の成長を促す目的や、骨粗鬆症の対策や改善の目的でも重要になります。
ミネラルで特別に多く含まれているのはマグネシウムです。マグネシウムは体内で行われている様々な代謝に関与しています。神経活動から新陳代謝まで広く必要とされることからマグネシウムを十分に摂取できる天草を食べるようにすると心身の健康を促すことが可能です。

乾燥された天草は長期保存可能ー『知って得する天草の成分と保存方法』

天草は主に乾燥されたものが乾物屋などで販売されています。海辺に自然の天草が打ち上げられている場合もあり、手に入れたものを繰り返し天日干しにすることで乾物にすることが可能です。乾燥された天草は保存性が高く、常温でも長期保存ができます。保存性の高さがあることで古い時代から利用されてきていたという面もあるようですよ。
天日干しにするという観点から直射日光を嫌うこともなく、風にさらしても特に問題はありません。しかし、長期的に保存するには冷暗所に保存するのが好ましいでしょう。湿気を嫌うことから高温多湿の環境は避けた方がおすすめです。

ところてんや寒天にしたら早めに食べよう!ー『知って得する天草の成分と保存方法』

ところてんや寒天に加工して使用することが多いですが、加工後はあまり日持ちはしないので注意しましょう。冷蔵で一週間程度が目安ですが、寒天の場合には乾燥させれば常温でも長期保存が可能ですよ。

天草を加工することによって起こる変化を知っておこうー『知って得する天草の成分と保存方法』

天草は古くからところてんや寒天に加工されてから食べられていました。それ自体では味もなく、食材としては直接利用されてこなかったのです。食物繊維が豊富であることに加えてタンパク質やビタミン、ミネラルも豊富であることから、天草を食べる習慣を作るのは良いことですが、加工されてできたところてんや寒天は乾物の天草とは栄養面で違いがあります。製造の過程でほとんどのタンパク質、ビタミン、ミネラルは失われてしまい、ところてんや寒天に含まれている成分は食物繊維が主なものになっているのだとか。でも、水溶性食物繊維を中心とした食物繊維が豊富に含まれている点は維持されていますので、便秘にお悩みの方などは積極的に食べたいですね。
乾燥された天草を手に入れると自分でも簡単にところてんや寒天は作ることができます。作り方によって食感にも違いが生じるので、それを楽しむのも天草との良い付き合い方かもしれませんね。
ところてん1

天草を使って美味しい!編集部おすすめレシピー『知って得する天草の成分と保存方法』

寒天でつくるヘルシーデザート『グリーンキウイのヨーグルトゼリー』

寒天でつくるヘルシーデザート『グリーンキウイのヨーグルトゼリー』

パパッと10分でできる食物繊維たっぷりのプラス1品『きのこと糸寒天のたまごスープ』

パパッと10分でできる食物繊維たっぷりのプラス1品『きのこと糸寒天のたまごスープ』

たまごも牛乳も使わない 寒天で作るのにトロっと美味しい『さつまいもプリン』

たまごも牛乳も使わない 寒天で作るのにトロっと美味しい『さつまいもプリン』

真っ赤な野菜で作るヘルシースイーツ『ビーツとオレンジジュースのレッドゼリー』

真っ赤な野菜で作るヘルシースイーツ『ビーツとオレンジジュースのレッドゼリー』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

クリームイエローでとうもろこしのやさしい甘さがやみつき『コーンすりすりプリン』

クリームイエローでとうもろこしのやさしい甘さがやみつき『コーンすりすりプリン』

古くから活用されてきた天草。豊富な食物繊維を美味しくいただくために、普段の食卓に取り入れてみませんか?

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

食物繊維も豊富『知って得するあおさの成分と保存方法』

食物繊維も豊富『知って得するあおさの成分と保存方法』

初夏に旬を迎える『知って得する海ぶどうの成分と保存方法』

初夏に旬を迎える『知って得する海ぶどうの成分と保存方法』

食物繊維が腸まで届く『知って得するもずくの成分と保存方法』

食物繊維が腸まで届く『知って得するもずくの成分と保存方法』

食物繊維が豊富『知って得するおからの成分と保存方法』

食物繊維が豊富『知って得するおからの成分と保存方法』

食物繊維豊富で美容や健康にも良い『知って得する寒天の成分と保存方法』

食物繊維豊富で美容や健康にも良い『知って得する寒天の成分と保存方法』

清涼感たっぷり!『寒天とゼラチンで作るぷるるんゼリーの違い』

清涼感たっぷり!『寒天とゼラチンで作るぷるるんゼリーの違い』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.07.09

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』