作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.10.18

季節の手仕事『梨シロップで作る簡単グラノーラおやつ』

Pocket

こんにちは、どんぐりと山猫店主の吉岡です。

今日のお話は、季節の手仕事シロップ作りシリーズ第2弾「梨シロップ」のコト。毎月果実シロップを作っているのですが、9月に漬け込み始めた梨シップがこの間できあがりました。
梨シップで作る作業時間はたったの15分!今回は簡単梨シップの作り方と、簡単グラノーラおやつの創り方をご紹介します。
1

簡単!梨シロップの作り方

『梨シロップ』【材料】

・梨   200g
・氷砂糖 220g
・瓶(アルコール消毒済みのもの) 1㎏用

*果物:砂糖=1:1.1の割合が目安です

『梨シロップ』【下準備】

・簡単!瓶のアルコール消毒の仕方
本来なら煮沸消毒がおすすめですが、私は面倒なので(笑)、きれいに洗った瓶をよく乾かしたあと、市販のアルコール消毒をふりかけて、よく拭いて乾かす。という簡単にできるズボラ消毒の方法で行っています◎

『梨シロップ』【作り方】

1.梨の皮をむいて、丁寧に種を取った後、3センチ角にカットします
2.瓶の底に砂糖を敷き詰め、その上に梨を敷き詰め、また砂糖を入れ…と交互に詰めていき、最後は砂糖でふたをするように敷き詰めます
3.その後は直射日光の当たらない、風通しの良いところに置き、砂糖が底にたまらないように、一日一回きれいに洗った菜箸などでかき混ぜてください。
*私はキッチンの隅に置いていました。夏場と違ってかなり涼しくなってきたので、
風通しの良い場所でしたら大丈夫かと思います。様子を見ながら、お部屋の中で
ちょうどよい場所を探してみてくださいね
4.果物がしんなりして上に浮いて、砂糖が溶けきれば完成です!

*出来上がったシロップは、果実とシロップを濾して必ず瓶分けしましょう!
(これは、これ以上発酵しないようにするためと、果実が腐らないようにするためです)
2

梨シロップの楽しみ方

さてさて、できあがった梨シロップ!
ソーダ水やお酒で割ってもよし。私はよくヨーグルトにかけて朝食べています。
3

「でもたまには他の食べ方も楽しみたいな・・・」
「でもお菓子にすると時間もかかるし、洗い物も面倒くさそうだしな・・・」

大丈夫です◎
作業時間はたったの15分!洗い物も少量ですむ!
そんなズボラ女子にも優しい簡単美味しいグラノーラおやつの作り方をご紹介いたします^^

簡単グラノーラおやつの作り方

『簡単グラノーラおやつ』(直径約4~6㎝・22枚分)

【材料A】
・オートミール 120g
・薄力全粒粉 50g

【材料B】
・サラダ油 70g
・蜂蜜 40~50g
・梨シロップ 大さじ2~
・塩 ひとつまみ
・シナモンパウダー 少々

・梨シロップでできた果実のほう お好み
・すだち お好み

『簡単グラノーラおやつ』【作り方】

1.ボウルに材料Bを泡だて器で混ぜる
2.1に材料Aを加え、ゴムベラで粉っぽさがなくなるまで混ぜたあと、梨シロップで
できた果実のほうをお好みで加えて、さらにさっくり混ぜる
4

3.クッキングシートを敷いた鉄板に、間をあけながらスプーンで落としていく
 *このとき、スプーンの背で平らになるように、直径4~6㎝程度の円形にする
5

4.170度に予熱したオーブンで、30~35分ほど焼き、そのまま鉄板の上で冷ます
 *私の家では電気オーブンをつかっているので、おうちのオーブンや焼き具合に
合わせて焼いてくださいね
5.仕上げにお好みですだちをかける
6

梨を暮らしに取り入れるとイイコト

独特の食感とみずみずしさが特徴の梨。

これにたっぷり含まれる

①果糖やリンゴ酸、クエン酸

→「疲労回復効果があります」

②糖アルコールの一種であるソルビトール

→「整腸作用があります」

③シャリシャリ感をつくるリグニン、ペントザンなどの食物繊維

→「腸の働きをよくし、便通を改善する効果があります」

④カリウム

→「体内の塩分を排出し、高血圧予防になります」
7

季節の変わり目で体調も崩しやすいこの時期に、ぜひ食べてほしい。特に忙しい20代女性たちの暮らしに取り入れてほしい果物です。
グラノーラおやつもこんなに簡単に作れちゃうと、おうちでのおやつ作りのハードルもぐっと下がるはず!

私も今月から山口飲食様で「発酵おうちおやつ」レッスンを受講してきます。ここで学んだことを自分の中に落とし込んで、肥やしにできるように。未来の生徒様の力になれるように。
そして、ここで読んでくださっている読者の皆様にも還元できるように。頑張ります!

ぜひこの秋、梨シロップと簡単グラノーラおやつを取り入れてみてくださいね🎵
良かったらインスタグラムでつくレポしてもらえると嬉しいです。ハッシュタグは、≪#簡単おうちグラノーラおやつ≫!お待ちしています*

記事/吉岡春菜
ライター情報写真
「どんぐりと山猫」店主。徳島在住の24歳です。
仕事で忙しい20代女性の方に向けて 「台所の発酵おうちごはんから自分と家族、彼や未来の子供のための 昨日よりちょっと丁寧で豊かな生活をつくるお手伝いがしたい」
そんな料理レッスンを準備中です。暮らしの雑貨や道具も取り扱う予定。
インスタグラムやブログで日々の暮らしや朝ごはんをお届けしています。

ホームページ
インスタグラム

その他のおすすめ記事

朝の時間割次第で、ご機嫌な朝になる『いい日を作る朝ごはん時間』

朝の時間割次第で、ご機嫌な朝になる『いい日を作る朝ごはん時間』

終わらない残暑…そんな時こそ『甘酒で明日も元気に起きる力』をつける

終わらない残暑…そんな時こそ『甘酒で明日も元気に起きる力』をつける

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』