得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.10.21

アロマ香るコーヒーのヒミツに迫る!『知って得するコーヒーの成分と保存方法』

目次

Pocket

コーヒーは、その独特な香りや苦味が世界中で愛されている飲料ですね。コーヒーの木から栽培され、エチオピアが発祥の地と言われています。日本に初めて伝来したのは17世紀初頭であり、江戸時代末期から明治時代にかけて徐々に全国へ広がりました。そんなコーヒーについて詳しく紹介していきます。

ダイエットにも効果的?コーヒーに含まれている成分とはー『知って得するコーヒーの成分と保存方法』

コーヒーの栄養成分の98%以上は、水分です。100gあたりのエネルギーは4kcalしかなく、脂質は全く含まれていません。そのため、ダイエットにも使われることがあるのだとか。また含まれている成分が身体に良い効果をもたらす事から、薬用飲料としても利用されています。
コーヒー2

カフェインだけじゃない!健康を支えてくれるコーヒーの成分-『知って得するコーヒーの成分と保存方法』

コーヒーに含まれている代表的な成分は、カフェインです。カフェインには興奮作用があるため、眠気覚ましや集中力アップなどに高い効果が期待できますね。また利尿作用や自律神経の働きを活発にする作用も兼ね備えているため、ダイエット効果も期待できます。コーヒーに含まれるカフェインは、なんと緑茶の2倍!その他の成分として、ポリフェノールも多く含まれています。ポリフェノールとは、植物によって造成される高酸化物質です。がんや生活習慣病の予防に効果的な成分であり、近年大きな注目を集めています。
さらには、コーヒーオリゴ糖も様々な効果が期待できる成分です。特に整腸作用に特化しており、老廃物や脂質を排出し身体の健康を支えてくれる成分であると言われています。

様々な効果を期待!コーヒーがもたらす栄養ー『知って得するコーヒーの成分と保存方法』

コーヒーがもたらす栄養に大きく関わっている成分は、カフェインです。カフェインは興奮作用や利尿作用を通して、様々な健康に対する効果が期待できます。興奮作用には体内の血管を拡張させる働きがあるため、血流増加効果に繋がります。血流の増加は、生活習慣病の予防や肝臓機能の改善に非常に有効です。同時に脂肪を燃焼させるための準備が整いますので、身体を動かす前にコーヒーを飲む事によって脂肪燃焼効果にも繋がるとも言われているのだそうですよ。
また利尿作用によって老廃物が体内から排出されるため、胃の消化運動を促進する効果的が期待大です。さらには利尿により体内の毒素も一緒に排出されるので、デトックス効果も期待できます。その他にもカフェインは脳の中枢神経を刺激する働きがあるため、偏頭痛などの痛みを抑えてくれる効果もあるようです。
また近年注目されているのが、コーヒー豆に含まれているトリゴネリンです。トリゴネリンには、神経細胞を活発にし脳の老化を防いでくれる働きがあると言われています。そのためアルツハイマー症候群を筆頭とする認知症や神経疾患の回復効果が期待でき、薬としても使用され始めているのだそうですよ。
コーヒー1

コーヒーを美味しく保存するには?ー『知って得するコーヒーの成分と保存方法』

コーヒーの保存方法として、完全に密封された容器に入れ替えての保存が最もおすすめです。コーヒーは、とても繊細な飲み物。そのため湿気や周囲の匂いも完全にシャットアウトし、日光や高温も避けなければなりません。特にコーヒーは周囲の匂いを吸収してしまうので、匂いをコーヒーに移さないためにも完全に密封する事が大切です。
またコーヒーは生鮮食品であるため、時間の経過と共に味が落ちてしまいます。それ故に焙煎したてのコーヒーとなるべく近い味を楽しみたいのであれば、完全密封できる袋にパッキングした上で低温での保存がおすすめです。しかし味を買いたての時に近づけるためには、コーヒー豆を袋ごと室温まで戻さなければなりません。
コーヒーの一番の難敵は、酸化です。コーヒーは酸化するにつれて、苦味も香味も損なっていきます。そのためコーヒーの保存期間が長期の場合は冷凍庫で豆のまま保存、短期の場合は冷蔵庫での保存が最適です。数日での保存の場合はコーヒー豆を完全密封できるビンに移し変えて常温での保存が、コーヒーの鮮度を最も良く保ってくれます。ただし日光が当たる場所での保管はおすすめできません。

オリジナルブレンドコーヒーを作るには?ー『知って得するコーヒーの成分と保存方法』

コーヒー豆は何種類もあり、それぞれに違った味の個性を持っています。この個性の違いを利用して数種類のコーヒー豆を程好く配合したものが、いわゆるブレンドコーヒーです。またコーヒーの挽き方や焙煎された時間などからも味が大きく変化してしまうため、質の良いブレンドコーヒーを作るためには様々な知識や手順が必要になります。特に重要なのは、コーヒー豆の選別です。コロンビアやキリマンジェロなどは酸味が多く、モカやグァテマラなどはそれに甘味も加わるのだとか。またジャワロブスタやマンデリンは、苦味の強さが特徴的です。これらのコーヒー豆を2、3種類厳選し配合する事によって、ストレートコーヒーには出す事のできない深みが味わえますよ。くせの少ないブレンドーコーヒーを作りたいのであれば、焙煎の度合いが近いものを選別する事がおすすめです。それゆえにくせが少ないブラジルやサルバドルなどのコーヒー豆を配合のベースとして使用する事によって、バランスの良いブレンドコーヒーを作る事ができます。コーヒー豆が本来持っている特性を把握する事が、自分好みのブレンドコーヒーを作る上でとても大切です。ぜひ挑戦してみてくださいね。

コーヒーを使ったおすすめレシピ

美肌にも効果的!甘酒で作る『濃厚アーモンドコーヒー甘酒アイスクリーム』

美肌にも効果的!甘酒で作る『濃厚アーモンドコーヒー甘酒アイスクリーム』

砂糖・乳・油・小麦フリー『混ぜて丸めるだけのヘルシートリュフ』

砂糖・乳・油・小麦フリー『混ぜて丸めるだけのヘルシートリュフ』

白砂糖・乳製品不使用!濃厚ヘルシー『甘酒パンプキンのティラミス』

白砂糖・乳製品不使用!濃厚ヘルシー『甘酒パンプキンのティラミス』

コーヒーは仕事の合間のリラックスタイムやお茶時間、毎朝の習慣など、様々なシーンで楽しまれる飲み物です。近年ではダイエット食品や健康サプリメントなどでも取り上げられるほど、万能的な働きを見せています。コーヒーの知識を深める事によって、さらに自分に合ったコーヒーに巡り合えるかもしれませんね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

今日もほっと一息『一日に飲んでいいコーヒーの適量を知ろう』

今日もほっと一息『一日に飲んでいいコーヒーの適量を知ろう』

ほっと一息。心も身体も健康に『日本が誇る「緑茶」の健康効果』

ほっと一息。心も身体も健康に『日本が誇る「緑茶」の健康効果』

飲めばほっとリラックス『知って得するココアの成分と保存方法』

飲めばほっとリラックス『知って得するココアの成分と保存方法』

香りにも色にも味わいにも嬉しい効果がたくさん!『知って得する紅茶の成分と保存方法』

香りにも色にも味わいにも嬉しい効果がたくさん!『知って得する紅茶の成分と保存方法』

実は栄養たっぷり食材『知って得する抹茶の成分と保存方法』

実は栄養たっぷり食材『知って得する抹茶の成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

2018.06.03

簡単!しっとり『鶏ムネ肉のチャーシュー風と味玉』

2018.05.31

梅雨の季節のお楽しみ!お家を彩る『あじさいリース』

2018.05.28

卵・乳・砂糖不使用『出がらしコーヒーの大人クッキー』

2018.05.27

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

2018.05.26

日本の暮らし色『虹の色はどんな色?』日本人の光の変化の捉え方

2018.05.25

発達障害ってなぁに?シリーズ その4『うちの子、発達障害?!と思ったら』

編集部おすすめ記事

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

2018.06.10

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

2018.06.08

夏休みに向けて親子でやってみよう『子供部屋の整理整頓』

2018.06.07

暑い日にはさっぱりと♪『梅トマトサバそうめん』

2018.06.04

日本の暮らしの言葉『梅雨を彩る言葉たち』〜水無月の暮らし〜

2018.06.03

簡単!しっとり『鶏ムネ肉のチャーシュー風と味玉』

2018.06.01

【ケノコトInstagram企画】6月の「日常のコト」を『#水無月のコト』で投稿しよう

2018.06.01

子どもと遊びつくしても『涼しげ美人』この夏はナチュラルメイクを崩さない

2018.05.31

梅雨の季節のお楽しみ!お家を彩る『あじさいリース』

2018.05.31

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その2〜苗づくりが始まりました〜

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.05

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「豚肉」の常備菜』