得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.11.04

とろっと美味しいヒミツは?『知って得する片栗粉の成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

片栗粉はもともとユリ科のカタクリから作られていましたが、明治時代以降には馬鈴薯が利用されるようになりました。普段の料理に使う身近な食材 片栗粉について、改めてみてみましょう。

とろっとする片栗粉の主成分は?ー『知って得する片栗粉の成分と保存方法』

現在使用されている片栗粉は、馬鈴薯からデンプンを抽出して製造されています。そのため、片栗粉のほとんどは炭水化物で、その大半がデンプンです。消化吸収が良くて昔は病に倒れたときの栄養源としても重宝されていたのだそうですよ。片栗粉に含まれているデンプンは速やかにブドウ糖になって体内に吸収され、エネルギー源として利用されます。ブドウ糖は脳にとっては唯一のエネルギー源であり、筋肉の運動や神経系の活動、新陳代謝などのあらゆる部分でエネルギーになります。
炭水化物としては他の糖質も少なく、食物繊維もあまり含まれていないのが特徴です。他の三大栄養素であるタンパク質や脂質も成分として含まれていますが、全体量の0.1%程度しかありません。片栗粉は、基本的には純度が高いデンプンです。

ミネラルが含まれている片栗粉ー『知って得する片栗粉の成分と保存方法』

片栗粉は、古くは馬鈴薯をすりおろして手ぬぐいなどで濾過をしながら水に溶ける成分を溶かし出し、その上澄みを捨てて沈殿した部分を取り出して乾燥させて作られていました。このような過程で水溶性の栄養も馬鈴薯から抽出されるため、片栗粉には馬鈴薯に由来するミネラルも含まれています。含有量自体はあまり多くはないものの、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウム、鉄、銅などが代表的なものです。カリウムはミネラルバランスの制御に関わることが知られていて、高血圧やむくみの対策に重要とされています。カルシウムとリンは骨を作るのに必要なミネラルであり、カルシウムについては神経系においてストレスの軽減にも役立つのが特徴です。マグネシウムは様々な代謝過程に関わる酵素の一部として機能します。鉄と銅は血液を作るのに不可欠なミネラルとして知られていますが、どちらも酵素の一部としての役割も果たすことから正常な代謝を行えるようにするために欠かせません。片栗粉からは、これらの重要なミネラルを少しずつでも着実に摂取することがきそうですね。

片栗粉の保存は、高温多湿に注意!ー『知って得する片栗粉の成分と保存方法』

片栗粉は吸湿性が高い性質を持っている粉類であり、保存に際しては高温多湿を避けることが肝心です。高温多湿の環境ではコナダニなどの虫がついてしまいやすくなりますので、注意しましょう。

冷蔵庫や冷凍庫で保存する時に気をつけたいことー『知って得する片栗粉の成分と保存方法』

密封容器に入れて常温保存するだけでも長持ちしますが、長期保存をするときには冷蔵庫や冷凍庫での保存もおすすめです。ただし、冷蔵庫に入れたときには密封容器から取り出す前に常温に戻すことが必須です。冷えたまま開けてしまうと周囲の水分を吸着してしまいやすいからであり、何度か開け閉めをしているうちに片栗粉が固まってしまうことも。冷凍の場合にも同様であり、小分けして保存しておくと固まってしまうリスクが下がります。
また、冷蔵庫や冷凍庫のように密閉された空間にあると周囲の食べ物の臭いが移ってしまうこともよくあるので注意が必要です。密封できる袋に入れた上で気密性の高いタッパーに入れるといった形で二重に外気から遮断しておくと、湿気と臭いの両方の問題に同時に対処することがでおすすめですよ。

性質を生かす料理への利用方法ー『知って得する片栗粉の成分と保存方法』

純度の高いデンプンである片栗粉は、小麦粉や米粉などとは異なり、タンパク質をほとんど含んでいないことから水に溶かしたときにも、焼いたときにも違った性質を示します。水に溶かすと低い温度でもとろみがつきやすいため、あんかけなどのとろみ付けによく使われていますね。片栗粉は、粘度が高くなりやすいことからシチューなどの軽いとろみ付けであれば小麦粉の方が適しているでしょう。また、焼くとカリッとした食感にできあがり、焦げないことから焼き色が付くこともありません。肉などにまぶしてから焼くと水分を吸着して膜を形成し、旨味を外に逃さないことができますよ。表面が焦げ付きにくい影響で食感も柔らかくなりやすく、肉を美味しく焼くための一工夫としておすすめです。パンやケーキなどを焼くときに加えると色の透明度が増し、食感ももちもちとした感じにもなるのだとか。持ち味を生かせるように小麦粉などとうまくブレンドすると、さらに美味しい料理が作れるかもしれませんね。
片栗粉でわらび餅

片栗粉を使ったおすすめレシピ

切り身を使ってかんたん揚げ焼き『ぶりの竜田揚げ2種』

切り身を使ってかんたん揚げ焼き『ぶりの竜田揚げ2種』

ボリューム満点‼︎ でもとってもヘルシー♪『出汁大根と鶏つくねの重ね焼き』

ボリューム満点‼︎ でもとってもヘルシー♪『出汁大根と鶏つくねの重ね焼き』

サクッ、もちっ、とろ〜。おつまみにもおやつにもなる『あおさ入りじゃがいも団子』

サクッ、もちっ、とろ〜。おつまみにもおやつにもなる『あおさ入りじゃがいも団子』

作り置き常備菜シリーズ『鶏そぼろ』とアレンジレシピ

作り置き常備菜シリーズ『鶏そぼろ』とアレンジレシピ

6月のお献立、おまけ。もっちりクリーミー『黒ごまきな粉のミルク餅』

6月のお献立、おまけ。もっちりクリーミー『黒ごまきな粉のミルク餅』

なめらかな舌触りをだれでも簡単に『あんかけ茶碗蒸し風』

なめらかな舌触りをだれでも簡単に『あんかけ茶碗蒸し風』

現在使用されている馬鈴薯由来の片栗粉は、ほとんどがデンプンでできています。他の粉類に比べて焦げにくく、とろみを持ちやすい性質を生かして様々な料理で活躍しています。とろみ付けだけでなく、いろんな料理に合わせてみてくださいね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

もちもち食感のヒミツは・・・『知って得する米粉の成分と保存方法』

もちもち食感のヒミツは・・・『知って得する米粉の成分と保存方法』

実はビタミンも豊富『知って得する小麦粉の成分と保存方法』

実はビタミンも豊富『知って得する小麦粉の成分と保存方法』

みんな大好きごはんの秘密ゴト『知って得する白米の成分と保存方法』

みんな大好きごはんの秘密ゴト『知って得する白米の成分と保存方法』

みんな大好き!『知って得するじゃがいもの成分と保存方法』

みんな大好き!『知って得するじゃがいもの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.07.09

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』