作るコト作るコト
料理 2015.08.19

いつものおみそ汁をもっと楽しみませんか?冷凍を活用して毎日をおいしくするコツ

和食の定番おみそ汁は、毎日の食卓にかかせない存在です。

普段ご家庭でお味噌汁を作る際は、しっかり出汁をとりますか。それともインスタントの顆粒だしを使いますか。
ハードルの高いように見えるお出汁は、案外簡単に作れます。インスタントとそう変わらない手間で、毎日無理なく楽しんでできる方法をご紹介します。

簡単にできるおいしい出汁のとり方

材料

水    1リットル
昆布   10センチ
かつお節 20グラム

作り方

1.鍋に、お水(1リットル)に昆布(10センチ)を20~30分置く
2.弱火にかける
3.沸騰する直前に、火を消す
4.かつお節(20グラム)を入れ、蓋をし、5分ほどおく
5.昆布とかつお節を網ですくい取る

aomatusaki_1_re

ポイント

本来最後に濾す作業を、網ですくうことによって、1つ作業が飛ばせます。洗い物も減ります。

保存のコツ

お出汁は作り置きしておいてもいいですし、わたしはそのお出汁を小分けで冷凍保存してしまいます。そうすることによって、使いたい分だけ取り出し、量を調節できるので、お味噌だけではなく、他の料理にも使えます。
さらに私は、お味噌汁の具まで冷凍しておき、すぐ使えるように工夫しています。 白ネギ、油揚げ、大根、タマネギ、白菜などを、時間のあるときに細かく切って冷凍しておきます。 また、高野豆腐やあおさなどをお味噌の具として活用するのも便利です。こうすることで、仕事で忙しいときでも、インスタントのようにお湯を沸かし、味噌を入れるだけで完成するのです。

こんなに時短でありながら、素材の味が活き、お出汁の香りがお家に広がりますよ。ちょっとの工夫でちょっとの幸せ。ぜひ試してみてください。発酵食品であるお味噌。おいしくなるコツを毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

文/美容体質改善アドバイザー 青松沙樹

10年以上の服薬があったアレルギー鼻炎、ステロイド治療で苦しんだ顔面湿疹、蕁麻疹、便秘など、腸内環境をファスティングと麹料理を取り入れて3ヶ月で改善。愛知県を中心に、ファスティング、麹料理の指導をして活動中。

青松沙樹Facebookページ
青松沙樹ブログ

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.04.03

女性に嬉しい効果も『小豆をつかった作り置きおかず』

2020.04.02

タルタルは手作りがおいしいね『鶏肉ソテーと自家製ピクルスのタルタルソースがけ』

2020.04.01

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2020.04.01

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2020.03.30

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』25. 栄養バランスのよいお弁当を春のお供に。

2020.03.29

春の旬野菜『春キャベツで女性ホルモンをアップ』

2020.03.26

旬のあさりで貧血予防『あさりとあさつきの甘酒酢味噌和え』

2020.03.23

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2020.03.20

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

2020.03.19

オーブンの力で失敗知らず、子供が大好き「オーブン焼きバットハンバーグ」

編集部おすすめ記事

2020.04.02

これからの暑い時期を乗り越えるために摂りたい野菜『アスパラガスの秘密ゴト』

2020.03.30

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

2020.03.29

今が勝負どき すぐにでもはじめたい『春の紫外線対策』

2020.03.27

だしとお醤油だけで作る、中華調味料不使用の『和風麻婆豆腐』

2020.03.26

調味料としてもおすすめ!実は栄養たっぷり『知って得するコーンビーフの成分と保存方法』

2020.03.25

作り置き常備菜シリーズ『菜の花の和風ペペロン』からつくる『菜の花ジェノベーゼ』

2020.03.23

おしゃれなつけ合わせ『にんじんのオイルグラッセ』

2020.03.20

保存食のある暮らし~旬のいちごを楽しむ最高の組合せ!!『いちごバター』

2020.03.19

手紙がまとう、ほのかな香り『文香で伝える、やすらぎのひと時』

2020.03.19

オーブンの力で失敗知らず、子供が大好き「オーブン焼きバットハンバーグ」

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.12.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2019.12.22

家で作る本格中華「海老と帆立のチリソース」