得するコト得するコト
まめ知識 2021.11.15

ハム、ソーセージ、ベーコンの歴史を知る『肉加工品の種類とあれこれ』

ハムやソーセージは朝食の定番として、とても馴染みのある食材ですね。それらは肉からできているということはわかっても、何の肉のどこの部位を使っているのか・どのように作られているのかについては、意外と知られていません。ここでは、ハムやソーセージといった肉の加工品の起源や原材料についてみていきます。

ハム-『肉加工品の種類とあれこれ』

ハムとは豚のもも肉を意味する英語です。ハムの起源は古代ギリシャ時代にまで遡り、その時代にはすでに牛や豚などの家畜が飼育され食肉加工もされていたといわれているのだとか。
発祥の地とされているヨーロッパでの伝統的なハムとは、骨付きのもも肉を加工したものでした。それに対して日本でのハムづくりは明治維新頃に始まり、長崎・神奈川県戸塚・北海道の札幌の3か所でほぼ同時期にハムが作られたという記録が残されています。ヨーロッパと違い日本のハムは、もも肉に限らずさまざまな部位の肉を使っていることが特徴です。ヨーロッパの伝統的な骨付きの豚もも肉を使った骨付きハムは日本にも伝わりましたが、それ以上に有名なのが同じ豚もも肉を使っていても骨のないボンレスハムと豚ロース肉を使用したロースハム。また豚の肩の部位を使ったものはショルダーハムと呼ばれています。
これらが出来上がるまでの工程は、豚肉のそれぞれの部位の塊を塩漬けし熟成させた後燻製してボイルするというものです。これ以外に製造方法の違う生ハムがあり、それは燻製はしても加熱しないラックスハムと塩漬けした後乾燥するのみで燻製さえしないプロシュットと呼ばれるものに分かれます。なおプレスハムと呼ばれる種類もありますが、これは豚肉だけでなく馬肉や羊肉等さまざまな種類の肉のミンチと大豆蛋白等を原料としている日本独自のハムです。
ハム

ソーセージ-『肉加工品の種類とあれこれ』

ソーセージの起源も古いといわれ、紀元前のギリシャの叙事詩には祝宴の食材としてソーセージらしきものが登場しているのだそうですよ。日本ではハムより少し遅れ大正時代になってから、本格的にソーセージが作られるようになりました。ハムは塊肉をそのまま加工しますが、ソーセージはひき肉にしてから加工します。またソーセージは原材料として豚肉以外に牛肉や鶏肉なども使い、これも豚肉だけで作るハムと違っている点の一つです。
ソーセージには形態や製造方法の違う多くの種類があります。ウインナーソーセージ・フランクフルトソーセージ・ボロニアソーセージは多くの人にとって馴染みのあるソーセージですが、これらは同じ製法の中の太さの違いによる区別です。その製法は、豚・牛・鶏などのミンチを味付けし、羊腸または同じ位の太さのケーシングに詰めてからくん煙・加熱するというもの。製法はこれと同じで、ただ原料にチーズやほうれん草などの野菜が加わっているのがリオナソーセージです。他にも、内臓や血液を使ったものなど豊富なバリエーションがあり、イタリアにはザンポーネという名前の、豚の足に内蔵類を詰めて作った美味しいけれど見た目は豚の足そのものという変わったソーセージもあるそうですよ。
ソーセージ

サラミ-『肉加工品の種類とあれこれ』

サラミとはイタリアで発祥したドライソーセージのことで、ハムやソーセージと同じくらい古くから保存食として広まっていました。サラミの主な原料としては豚肉が定番ですが、牛肉や鶏肉のみならずイノシシやシカの肉を使ったものまで様々。原料の違いはサラミを切った時の断面の色に現れて、牛肉を多く使っているものは紫色に、鶏肉や羊肉を使っていれば明るい赤色になります。サラミの作り方は、原料の肉をミンチにした後味付けしケーシングに詰めるところまではソーセージと同じですが、その後は加熱せずに2か月ほど乾燥熟成させるだけ。これがドライソーセージと呼ばれる所以です。乾燥させている時の状況もサラミの表面に現れ、表面のしわが細かくて小さければゆっくりと乾燥、深くて大きければ急激な乾燥が行われた印であるといわれています。
サラミ

ベーコン-『肉加工品の種類とあれこれ』

ベーコンとは、塩漬した豚肉を燻製したものです。ベーコンの発祥は紀元前のヨーロッパで、当時の海賊が豚肉の塩漬けを誤って湿った薪であぶってしまったことから、味も保存性も高まる燻製という方法を発見したともいわれています。そのようなベーコンに主に使用されているのは豚ばら肉。その他にも、豚ロース肉を使用したロースベーコンや豚肩肉を使ったショルダーベーコンなどがあります。バラ肉を使ったベーコンは脂が多いため、ハムのようにそのまま食べることはあまりしません。ただその脂は風味が豊かであるので、まずベーコンを空煎りして脂を出しその脂を使って野菜等を炒めるという調理法がよく用いられているようです。
ベーコン

ハム、ソーセージ、ベーコン…肉加工品を使ったおすすめレシピ

チーズじゃないのにチーズみたい『もちあわとハムのケークサレ』

チーズじゃないのにチーズみたい『もちあわとハムのケークサレ』

かわいいピンクのパテはお花見のおともにもぴったり!『生ハムのさっぱりパテ』

かわいいピンクのパテはお花見のおともにもぴったり!『生ハムのさっぱりパテ』

コロコロ食材をごそっとスプーンでいただく『ソーセージとお豆のポトフ』

コロコロ食材をごそっとスプーンでいただく『ソーセージとお豆のポトフ』

少な目の醤油なのに味付けしっかりで楽チン『ソーセージチャンプル』

少な目の醤油なのに味付けしっかりで楽チン『ソーセージチャンプル』

余った春巻きの皮でお手軽おつまみ。『サラミとクリームチーズのなんちゃってキッシュ』

余った春巻きの皮でお手軽おつまみ。『サラミとクリームチーズのなんちゃってキッシュ』

洋風にアレンジ!『栗とベーコンとクレソンの洋風炊き込みご飯』

洋風にアレンジ!『栗とベーコンとクレソンの洋風炊き込みご飯』

かつてのヨーロッパでは厳しい寒さの冬を乗り切るだけの飼料が確保できず、家畜である豚を冬の到来前に食べていました。いくら寒い冬とはいえ豚まるまる一頭分を保存することは難しく、貴重な家畜の命を無駄にしないために考え出された方法が、ハムやソーセージといった保存方法でした。物があふれる豊かな現代ですが、食べ物を粗末にすることのないよう、時々このハムの歴史に思いをはせてみませんか?

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩の原材料』とは

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩の原材料』とは

実は栄養豊富!便利な保存食『知って得するツナの成分と保存方法』

実は栄養豊富!便利な保存食『知って得するツナの成分と保存方法』

お弁当の定番おかず『知って得するソーセージの成分と保存方法』

お弁当の定番おかず『知って得するソーセージの成分と保存方法』

旨味が詰まったお肉のヒミツは?『知って得するベーコンの成分と保存方法』

旨味が詰まったお肉のヒミツは?『知って得するベーコンの成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.12.09

旬の春菊をたっぷり味わう『春菊パスタ』

2021.12.08

発酵調味料でコンソメ要らず『かぼちゃの濃厚スープ』

2021.11.30

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』11月号

2021.11.28

ジューシーさを丸ごと♪『チンゲン菜の海老プリボート』

2021.11.27

朝ごはんにもおすすめ!子どもも大好き!『もっちりじゃがいも餅』

2021.11.27

寒い朝にはおすすめ『きのこの豆乳ポタージュ』でほっこり

2021.11.26

おうちでお手軽保存食『キウイジャム』

2021.11.25

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.11.23

編集部が選んだ にんじんを使ったお役立ちレシピ集

2021.11.22

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2021.12.09

おいしく作るコツは使う部位『大根のシャキシャキきんぴら』

2021.12.09

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』10月号

2021.12.07

はじめてのナチュラルフード『大豆で整える』

2021.12.06

自家製「オーツミルク」でおうちカフェを楽しもう。

2021.12.05

エシャロットとにんにく香る『ベビーホタテのバジルバター焼き』

2021.12.04

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2021.11.29

もちもち食感がクセになる!『れんこんと鶏ひき肉の蒸し物』

2021.11.29

粕床アレンジレシピ2『真鱈の粕焼き』

2021.11.28

冬の一品作り置き『辛みそネギ味玉』

2021.11.28

ジューシーさを丸ごと♪『チンゲン菜の海老プリボート』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.01.02

冬限定の調味料『ゆず塩麹』つくりませんか?

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2021.06.13

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介