得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.10.29

緑茶、紅茶、ウーロン茶、白茶、プーアル茶…違いは?『お茶の種類とあれこれ』

LINEで送る
Pocket

お茶は、チャノキを原料とし古くから嗜好品として世界中の人々に親しまれてきました。しかし、一口にお茶と言ってもその製造法の違いから味や香りだけでなく、含まれる成分も様々なものが存在するんですよ。日本をはじめ、世界ではどのようなお茶が飲まれているのでしょうか?

緑茶-『お茶の種類とあれこれ』

日本人がお茶と聞くと多くの人が緑茶を想像するのではないでしょうか?日本で生産されるお茶はほとんどが緑茶です。チャノキの葉や芽などを摘み取った後すぐに蒸すことで酵素による発酵を不活化し、揉みこみや乾燥を経て作られます。
最も一般的な煎茶の他にも、栽培時に日光を遮ることで渋みを抑え、旨みの増した玉露や蒸した後の茶葉だけを揉まずに石臼で挽いた抹茶など加工時に別の工程を挟む緑茶があります。意外かもしれませんが、番茶ほうじ茶も茶葉を蒸した後に炒るなどの工程を加えるものの緑茶の仲間に分類されるんだそうですよ。
緑茶に含まれる成分としては、カフェインや抗菌作用をはじめ様々な健康効果が期待されるカテキンはもちろん、特徴的なのがビタミン類が豊富なこと。特にビタミンCが多く含まれており、お茶を飲むことで手軽にビタミン補給が可能です。
緑茶1

紅茶-『お茶の種類とあれこれ』

紅茶と言えばヨーロッパ貴族の優雅なアフタヌーンティーを思い浮かべる方がいるかもしれませんが、その有名な生産地はほとんどがアジアで特にインド周辺で生産されています。これはイギリスがインドを植民地支配し、そこから供給したことによるため。そもそもインド周辺で飲まれていた紅茶も緑茶と同じチャノキが原料でその発祥は中国になるのだそうですよ。
製法としての違いは摘んだ葉や芽を揉みこんで乾燥させ、茶自身の酵素で完全に発酵させることにあります。これによって独特な色みや香り、渋みが生まれます。成分としてはカフェインの含有量が多いのが特徴です。
紅茶は産地や等級によって味や香りも変わり、飲み方もアイスかホットか、砂糖やレモン、ミルクの有無など好みや地域性が幅広く出ます。いろんな紅茶を試してみることで、自分に合った紅茶に出会えたり新たな発見があるもしれませんね。
紅茶

ウーロン茶-『お茶の種類とあれこれ』

ウーロン茶は中国茶に分類され半発酵茶と言って、加熱によって発酵を途中で止めたもののことを言います。よって色は緑茶と紅茶の中間の黄褐色で、その成分であるカフェインやタンニンも両者の間くらい含まれています。一方でウーロン茶特有のウーロン茶重合ポリフェノールと言う成分を含み、脂肪の吸収を抑え、その分解を促進すると期待されています。もちろん飲み過ぎるとカフェインによる興奮作用や利尿作用の影響が考えられるので、飲み過ぎには注意しましょう。
日本では市販の冷たいウーロン茶を飲むことが多いですが、中国ではお湯で淹れた熱いものが主流です。また、油を分解するという特性を利用して車のガラスについた油膜など油汚れをきれいにするのに使うという、ちょっと変わった使用法もあるようですよ。
ウーロン茶

白茶-『お茶の種類とあれこれ』

白茶とは弱発酵茶に分類される中国茶の一種で、その由来となったのは茶葉にびっしりと付いた白い産毛のことなのだとか。製法としては摘み取った茶葉を時間をかけてして乾燥し、水分が9割ほど飛んだところでとろ火にかけて酵素による発酵を止めるというものです。人為的に発酵を促進させる揉む、揺らすといった工程を行わないので発酵がゆっくり進行します。
白茶に産毛があるのは、揉みこむことがなくもともと茶葉についていた産毛がそのまま残っているためです。色みは非常に薄く甘い香りがし、味も上品で後味が甘く感じるのが特徴です。
インドやスリランカでは高級茶として知られています。日本でもペットボトルや茶葉も売られているので、気になった方は手に取ってみてはいかがでしょうか?

プーアル茶-『お茶の種類とあれこれ』

プーアル茶は中国茶の一種で、その製法によって熟茶と生茶の2種類に分類されます。日本でプーアル茶として主に飲まれているのは熟茶の方になります。製法は茶葉を加熱によって発酵を緩めた後、高湿度の状態にすることでコウジカビをつけて発酵させるという特徴があり、色みは暗褐色です。これに対して生茶は、コウジは付けず加熱後に残った酵素によって時間をかけて熟成するため、経年によって香りが変化することが特徴です。はじめは緑茶に近いですが年を経れば白茶やウーロン茶、更には紅茶のような香りになり最終的に熟茶の風味に近くなります。十数年~数十年熟成の進んだものは、非常に高価で日本で入手することは難しいですが、取り扱う店も増えてきており以前に比べて生茶の入手は身近になってきているのだそうですよ。
プーアル茶には老木のチャノキが使われることが多くミネラルが豊富です。熟茶には没食子酸と言う脂肪の吸収を抑え分解する成分が含まれるため、飲むだけでなく鍋や食器の油汚れを落とすなど、ウーロン茶と似た使われ方もされているようです。
プーアール茶

お茶と合わせたい!編集部おすすめレシピー『お茶の種類とあれこれ』

暑い日でも食欲が進む!薬味たっぷり『せいろ蒸し鶏の中華酢ソース』

暑い日でも食欲が進む!薬味たっぷり『せいろ蒸し鶏の中華酢ソース』

5月のお献立、その4。ふんわり『白身魚の中華蒸し』

5月のお献立、その4。ふんわり『白身魚の中華蒸し』

作り置き常備菜シリーズ『きのこの中華きんぴら』とアレンジレシピ

作り置き常備菜シリーズ『きのこの中華きんぴら』とアレンジレシピ

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

同じ原料を使用して作られる数々のお茶ですが、栽培法や発酵のさせ方、乾燥法などによって様々な種類に分かれます。国ごと、地域ごとに作られるお茶は、風味や成分が同じものは決してなく、作られた風土や飲む人の多様性を感じることのできる飲み物でしょう。ぜひ普段の暮らしで、いろんなお茶を楽しんでみてくださいね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

香りにも色にも味わいにも嬉しい効果がたくさん!『知って得する紅茶の成分と保存方法』

香りにも色にも味わいにも嬉しい効果がたくさん!『知って得する紅茶の成分と保存方法』

食事のお供にも!『知って得するウーロン茶の成分と保存方法』

食事のお供にも!『知って得するウーロン茶の成分と保存方法』

ダイエットにもいい?奥深い中国茶のヒミツは・・・『知って得っするプーアール茶の成分と保存方法』

ダイエットにもいい?奥深い中国茶のヒミツは・・・『知って得っするプーアール茶の成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2018.11.30

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2018.11.30

お掃除は『新聞紙』にお任せ!おうち掃除に役立つ使い方ご紹介

2018.11.28

【開催レポート】『クリスマスリース・ワークショップ』を開催しました!

2018.11.26

旬食材『牡蠣』ー 海のミルクと言われる栄養豊富な冬の味覚 ー

2018.11.25

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2018.11.23

人気の焼き芋をおつまみにアレンジ『焼き芋ゴルゴン』

2018.11.21

覚えておきたいおやつレシピ『酵母のスコーン』

2018.11.13

外はサクッ!中はフワぷりっ!『エビタラカツ と たくあんタルタル』

2018.11.12

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 19 整理整頓なんて』

編集部おすすめ記事

2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

2018.11.27

大きなツリーは飾れない!コンパクトに飾れる『おしゃれで可愛いミニツリー』

2018.11.22

【新連載】『第1話 山型食パン』akari’s life style

2018.11.21

どこに置いたらいいの?『調味料のベストな保存場所』

2018.11.20

11月の和菓子 かわいい動物をイメージした『亥の子餅』 

2018.11.14

秋の味覚、新米。いつからいつまでが新米?

2018.11.13

これだけは抑えておきたい大掃除!『家族の役割分担を決めて効率的に終わらせよう』

2018.11.09

子どもと楽しむクリスマス『英語で歌えたらかっこいいクリスマスソング』

2018.11.08

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2018.11.03

ヨーグルトの酸味とブラックペッパーがほどよいアクセントに 『柿と水切りヨーグルトとブラックペッパーのサンドイッチ』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.11.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.08.30

みかんの栄養はビタミンだけじゃない!『知って得するみかんの成分と保存方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』