得するコト得するコト
美容 2016.08.20

夏の肌疲れに。悪循環のスパイラルからお肌を守りましょう

常に外気に触れている顔は、夏の間ベタベタしたり、エアコンの乾燥した空気でカサカサしたり。順応するのが大変。

さらに強い日差しを浴びるとなると、1日の中でも沢山のダメージを受けてることがわかりますよね。
肌は沢山のダメージを受けると内側の細胞を守ろうとして、肌の表面を固くして防御しようとする働きがあります。

そうなると、毛穴が開いたままになったり、逆毛穴詰まりしておできのような赤くて痛みのあるニキビになってしまったり。
スキンケアも浸透しにくくなってしまうので、肌内部も外も水不足で乾燥した肌を潤そうと皮脂が過剰に出たりします。

そうなると悪循環のスパイラル。
夏の肌は常に柔らかく、日々の炎症を鎮め、沢山のお水を与えてあげることが大切。

とにかく化粧水はたっぷり。
乳液やジェルには肌表面柔らかくしてくれる効果がありますので、必ずつけるようにしましょう。

そしてニキビができてしまった時などもそうですが、マッサージなどで肌を常に柔らかい状態にしてあげるとトラブルの起きにくい健康な肌を保つことができます。

ニキビの場合、ニキビの周りの皮膚を軽くつまむようにしてほぐしてから化粧水やシートパックなどでしっかり保湿してあげると、中の膿が出やすくなり治りも早くなりますよ!

間違えても潰さないようにしてあげてくださいね。

肌も体の一部、暑い夏にご自身の体が疲れたら水分や栄養をとって一休みしてあげるのと同じように、肌も優しく労ってあげましょう。

文/ボディメイキングスペシャリスト 小川初美
『SANUR豊洲』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

2021.02.20

フライパンだけで仕上げる『簡単!もちもち!大根もち』

2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

2021.02.19

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツをつかった作り置きおかず』

2021.02.19

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

2021.02.17

小さくて安いイチゴでも簡単に『イチゴ大福』

2021.02.16

チーズの美味しさを存分に味わおう!日持ちする材料だけで作る『パルミジャーノスパゲッティ』

2021.02.14

メイン食材は2つ『味噌だれゆで鶏』と『鶏だしスープ』

2021.02.13

【バレンタイン特集】美味しくて簡単!手作りクッキーレシピ

編集部おすすめ記事

2021.02.25

旬の小松菜を味わおう!ナンプラー香る『エスニック風小松菜チャーハン』

2021.02.25

紙コップでつくる『カフェモカ蒸しパン』

2021.02.24

【七十二侯のコト】第五侯「霞始靆」

2021.02.24

主役としていただきたい『パクチーサラダ』

2021.02.22

材料2つでできる!子供が大好き♪裂いて楽しい『さけるチーズ』

2021.02.21

はじめてのナチュラルフード『毎日を丁寧に暮らす』

2021.02.21

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

2021.02.21

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

2021.02.19

【七十二侯のコト】第四侯「土脉潤起」

2021.02.18

小さいけれど栄養いっぱい!芽キャベツを食卓に取り入れよう

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.07.03

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』