得するコト得するコト
美容 2015.08.20

夏の肌疲れに。悪循環のスパイラルからお肌を守りましょう

常に外気に触れている顔は、夏の間ベタベタしたり、エアコンの乾燥した空気でカサカサしたり。順応するのが大変。

さらに強い日差しを浴びるとなると、1日の中でも沢山のダメージを受けてることがわかりますよね。
肌は沢山のダメージを受けると内側の細胞を守ろうとして、肌の表面を固くして防御しようとする働きがあります。

そうなると、毛穴が開いたままになったり、逆毛穴詰まりしておできのような赤くて痛みのあるニキビになってしまったり。
スキンケアも浸透しにくくなってしまうので、肌内部も外も水不足で乾燥した肌を潤そうと皮脂が過剰に出たりします。

そうなると悪循環のスパイラル。
夏の肌は常に柔らかく、日々の炎症を鎮め、沢山のお水を与えてあげることが大切。

とにかく化粧水はたっぷり。
乳液やジェルには肌表面柔らかくしてくれる効果がありますので、必ずつけるようにしましょう。

そしてニキビができてしまった時などもそうですが、マッサージなどで肌を常に柔らかい状態にしてあげるとトラブルの起きにくい健康な肌を保つことができます。

ニキビの場合、ニキビの周りの皮膚を軽くつまむようにしてほぐしてから化粧水やシートパックなどでしっかり保湿してあげると、中の膿が出やすくなり治りも早くなりますよ!

間違えても潰さないようにしてあげてくださいね。

肌も体の一部、暑い夏にご自身の体が疲れたら水分や栄養をとって一休みしてあげるのと同じように、肌も優しく労ってあげましょう。

文/ボディメイキングスペシャリスト 小川初美
『SANUR豊洲』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.04.08

美味しく食べてお肌ぷるぷるに『キクラゲの中華サラダ』

2020.04.03

女性に嬉しい効果も『小豆をつかった作り置きおかず』

2020.04.02

タルタルは手作りがおいしいね『鶏肉ソテーと自家製ピクルスのタルタルソースがけ』

2020.04.01

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2020.04.01

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2020.03.30

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』25. 栄養バランスのよいお弁当を春のお供に。

2020.03.29

春の旬野菜『春キャベツで女性ホルモンをアップ』

2020.03.26

旬のあさりで貧血予防『あさりとあさつきの甘酒酢味噌和え』

2020.03.23

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2020.03.20

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

編集部おすすめ記事

2020.04.08

鶏の唐揚げそっくり!大豆たんぱくで作る『ベジチキン唐揚げ』

2020.04.08

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

2020.04.02

これからの暑い時期を乗り越えるために摂りたい野菜『アスパラガスの秘密ゴト』

2020.03.30

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

2020.03.29

今が勝負どき すぐにでもはじめたい『春の紫外線対策』

2020.03.27

だしとお醤油だけで作る、中華調味料不使用の『和風麻婆豆腐』

2020.03.26

調味料としてもおすすめ!実は栄養たっぷり『知って得するコーンビーフの成分と保存方法』

2020.03.25

作り置き常備菜シリーズ『菜の花の和風ペペロン』からつくる『菜の花ジェノベーゼ』

2020.03.23

おしゃれなつけ合わせ『にんじんのオイルグラッセ』

2020.03.20

保存食のある暮らし~旬のいちごを楽しむ最高の組合せ!!『いちごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.12.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.25

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』

2019.12.22

家で作る本格中華「海老と帆立のチリソース」

2020.03.18

旬の国産レモンで作る万能調味料『塩レモン』