知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

子ども 2017.11.03

冬も元気に過ごす『運動習慣と体温調節のポイント』

LINEで送る
Pocket

寒い冬が近づいてきました。冬の間も家族みんなで元気に過ごしたいものですが、寒くなるとつい家にこもりがちになって、体を動かす機会が減ってしまってはいませんか?元気に過ごす、つまり風邪などひかないで過ごすためには、「充分な睡眠」「栄養バランスの良い食事」「適度な運動」が基本です。特に「適度な運動」の習慣が免疫力を高めるということは、よく見聞きします。親子で出来る冬の適度な運動習慣と気をつけたいことをご紹介します。
11

縄跳びがおススメ

「適度な運動」というのは、がんばりすぎない軽い有酸素運動です。有酸素運動の代表格はウォーキングやジョギングですが、冬の冷たい風の強い日や、雪の降る日などに子どもを連れて外に出て長い距離を動くのは難しいですよね。運動を「習慣」としてできるかどうかも大切なポイントですので、気軽にできるものが望ましいと思います。
そこで、おススメするのは『縄跳び』。縄跳びは、家の軒下や、広めのベランダなど、ちょっとした屋根のあるようなスペースでもできるので、天候に左右されないということが冬に向いています。また、縄跳びの運動強度はジョギングと同程度とされていて意外と高いことから、時間を長くかけておこなう必要もありません。しかも、子どもたちは幼稚園や保育園、小学校で縄跳びをやっているのでやり慣れています。子どもにとって、始めやすくそして続けやすい運動といえそうですね。
2

縄跳びを跳び始めるとすぐに体がホカホカしてきます。縄跳びをすることで、血流の悪くなる寒い冬に血行を良くし、子どもにとっては持久力や敏捷性や跳躍力を鍛える効果が期待できます。ママにとっては、経産婦としては気になる「骨盤底筋群」を鍛える効果があると言われています。
暑い夏の気候のもとでは、なかなか縄跳びをやる気が起きませんが、冬にこそ縄跳びを日々の運動に取り入れて、普段使わない筋肉や神経を刺激してみてはいかがでしょうか?自分一人では続かないことも、子どもと一緒、家族と一緒にやれば楽しんで継続でき、習慣にすることにもつながると思います。

冬の運動は服装に気を付けて

冬の運動で気を付けたいのは、子どもの服装です。寒いからと言ってあまり厚着をさせてはいけません。厚着をすることで動きがとりにくくなってしまい、それだけで子どものやる気は下がってしまうもの。手足を動かしやすい服を心がけましょう。そして、むしろ薄着に慣れさせることも、実は健康に良いようです。
皮膚で寒さを敏感に感じることで、体の体温調節機能を養うことができ、自律神経のバランスが発達すると言われています。とはいえ、急な薄着はかえって風邪をひかせてしまう可能性があるので、少しずつ慣らしていきましょうね。運動前に寒いと感じるときは、神経が集中して寒さを感じやすい首、手首、足首を温めると冷えすぎを防ぐことができます。脱ぐことのできないタートルネックや裏起毛のズボン、タイツなどに頼るのではなく、運動して暑くなってきたら簡単に外すことのできるネックウォーマーや手袋、レッグウォーマーを使うことがおすすめです。マフラーはよく動く子どもにとっては引っかかりやすく危険な場合もありますので、運動には向きません。安心して動くことのできる肌触りの良いネックウォーマーを選ぶこともポイントですよ。
3

見落としがちですが、肌着も重要です。たとえ薄着でも肌着を着るのと着ないのとでは体の保温に大きな差があるそうです。ユニクロの「ヒートテック」などに代表される、吸湿発熱機能のある肌着を着る機会も冬は多いと思いますが、これらの運動用ではない一般的な商品の場合は運動で汗をかいたときにそのままにしてしまうと、汗がひくと冷たくなってしまうため、汗をかいたら肌着をすぐ着替えるようにするか、運動用の速乾性の高い肌着を着るようにしましょう。
1

寒い日はついつい家にこもってしまいがちですが、風邪に負けない体づくりをするためにも、寒い冬でも気軽にできる運動を少しずつでも続けることで、親子で楽しみながら元気に冬を過ごしたいですね。

文/ママトコライター
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

親子で実践『前向きになるジョギング習慣』

親子で実践『前向きになるジョギング習慣』

まずは親が変わろう『子どものチカラを引き出すために』

まずは親が変わろう『子どものチカラを引き出すために』

秋のお散歩を楽しもう!『公園で宝物探し!』

秋のお散歩を楽しもう!『公園で宝物探し!』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.16

たまごも牛乳も使わない!寒天で作るトロっと美味しい『さつまいもプリン』

2017.10.15

作り置き常備菜シリーズ『秋刀魚の梅煮』

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2018.12.06

旨み成分たっぷり!冬野菜『知って得する白菜の栄養成分と保存方法・おすすめレシピ』

2018.11.21

覚えておきたいおやつレシピ『酵母のスコーン』

2017.08.20

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

2019.02.01

とろっとろでスパイシーなご馳走『牛すじカレー』

2019.08.26

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.02.12

白菜と椎茸入り!『餅入り巾着の含め煮』