作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.11.24

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

LINEで送る
Pocket

風邪が流行る季節がくると、子を持つ親としては、なにより子どもが風邪をひかないように警戒しますよね。うがい手洗い、早寝早起き、意識すべきことは様々ありますが、私が特に意識して気を配っていることは、食事で使う食材です。小学年5年生と2年生の子どもが、まだ風邪で学校を休んだことがないという事実は、もともとの体質もあるかもしれませんが、食材に気を付けて一生懸命料理をしている私にとって、密かな誇りです。とはいえ、私は料理が得意な方ではありません。そんな私の料理でも、風邪予防を期待して作っているメニュー、特に子どもたちに人気なものをご紹介します。
1

子供大好き!野菜がいっぱいの元気ハンバーグ

風邪のひき始めは鼻水が出てきたり、のどが痛くなったりしてきますよね。のどや鼻の粘膜を保護する効果があるのは「ビタミンA」。粘膜を丈夫にし、弱った粘膜の修復効果が期待できるそうです。緑黄色野菜には「βカロテン」が多く含まれますが、βカロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されるので、しっかり食べたい食材です。

また、風邪のひき始めは体を温めるかどうかが風邪を進行させるか否かの分かれ目ですが、体を温める作用があると言われている食材はご存知でしょうか?それは、根菜類です。根菜類で、βカロテンも豊富な野菜といえば、「にんじん」。もはや必須の食材と言えますね。この他にも、肉と味の相性が良い根菜である「ゴボウ」や、同じく根菜の「レンコン」を加えた、子供の大好物・ハンバーグをご紹介しましょう。「レンコン」は、粘り成分の「ムチン」が含まれ、それもやはり喉などの粘膜を保護する役割があるそうです。免疫力を高める効果があると言われている「ビタミンC」も豊富。
他にも冷蔵庫で眠っている野菜があれば入れてしまいましょう。肉は、疲労した体を回復させるときに必要な「タンパク質」です。脂質が多くならないよう、赤身の肉を選んでフードプロセッサーなどでミンチにしましょう。

<材料>

a. ミンチにした豚肉と牛肉(どちらも赤身が望ましい) 合わせて300g
b. ニンジン
c. レンコン
d. ごぼう
e. 玉ねぎ
f. その他、ブロッコリーの茎など、歯ごたえのある余りもの野菜
  (b~fは合わせてaの1/3くらいの量にする)
g. 卵  1個~2個
h. パン粉  2/1カップ~1カップ
i. 酒    2/1カップ
j. 中濃ソース  3/1カップ
k. トマトケチャップ 2/1カップ
2

<作り方>

1. b~fをみじん切りにします。
2. フライパンで、オリーブオイルで1.をしんなりするまで炒め、冷まします。
3. 2とa、g、hと塩コショウ少々を合わせて練り混ぜます。基本は卵が1個、パン粉は1/2カップですが、野菜でボロボロまとまりにくいときは卵を2個にして、それに応じてパン粉を増やしてまとめやすくします。
4. 3を直径3~4cmの円形に成形し、油をひいたフライパンで両面焼きます。強火で両面をこんがり焼いた後、iを加えてアルコールをとばしたら蓋をして弱火で中まで火を通します。
5. ソースを作ります。4のハンバーグを取り出したまま洗っていないフライパンに、j、kを入れて木べらなどで混ぜながら弱火でふつふつとするまで熱します。味見をして、お好みで砂糖少々を加えて混ぜます。

レシピとしては、3に4をかけて完成なのですが、盛り付けは子ども向けにひと工夫です。ハンバーグを割りばしに3個刺すと、お団子のようになって食べやすく、子どもも喜びます。ケチャップを使ったデコレーションも子ども自身にさせると、よりおいしく感じるようですよ。
3

苦手野菜とは思えないパプリカのポタージュ

免疫力を高めると言われている「ビタミンC」は、不足しないように食事から上手に取りたい栄養素。ビタミンCといえばレモンなどの柑橘類を連想しますが、実は「パプリカ」がビタミンCを多く含んでいるというのは意外ですよね。しかも、パプリカは、ビタミンCが熱によって壊れるのを防ぐ栄養素「ビタミンP」や「ピラジン」も合わせ持っている点も見逃せません。子どもにとってはそのままでは食べにくいパプリカも、大好きなポタージュにしてしまえば、最後の一滴まで飲んでくれます。

<材料>

a. 赤または黄パプリカ 2個
b. ニンジン 1/2本
c. 玉ねぎ 1個
d. バター 大さじ1
e. 固形コンソメ 1個
f. ご飯(炊いてあれば冷ご飯でOK) 大さじ3
g. 牛乳

<作り方>

1. パプリカは種を取って横に2cm幅くらいに切ります。(ワタにピラジンが含まれるので取りすぎないようにする。)
2.ニンジンは薄切りにします。
3.玉ねぎはくし形に切ります。
4. 鍋にdを溶かし、1、2、3を弱火でゆっくり炒めます。これで野菜臭さを消し、甘みを引き出します。
5. 4にひたひたになる程度の水とe、fを加え、野菜が柔らかくなるまで煮たら、フードプロセッサーでポタージュ状にします。
6.味見をして好みにあわせて塩や砂糖で味を調えます。
6.器に盛ったあと、好みの量の牛乳を注いで完成です。
4

せっかく体のためにと食材を選んで作っても、確実に子どものお腹に入らなければ意味がありません。子どもたちの好みに合わせた定番スタイルが見つかると、どんな食材でも応用できるようになります。子ども自身に一手間加えさせるというポイントも忘れずに、必要な栄養をおいしくとって、元気に冬を乗り切りたいですね。

文/ママトコライター
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

芋ほり遠足のあとに…子どもと一緒に作ろう『さつまいもの秋ごはん』

芋ほり遠足のあとに…子どもと一緒に作ろう『さつまいもの秋ごはん』

白、赤、あやめ色…『彩り豊かなかぶでワインパーティーを盛り上げよう』

白、赤、あやめ色…『彩り豊かなかぶでワインパーティーを盛り上げよう』

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2018.11.30

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2018.11.30

お掃除は『新聞紙』にお任せ!おうち掃除に役立つ使い方ご紹介

2018.11.28

【開催レポート】『クリスマスリース・ワークショップ』を開催しました!

2018.11.26

旬食材『牡蠣』ー 海のミルクと言われる栄養豊富な冬の味覚 ー

2018.11.25

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2018.11.23

人気の焼き芋をおつまみにアレンジ『焼き芋ゴルゴン』

2018.11.21

覚えておきたいおやつレシピ『酵母のスコーン』

2018.11.13

外はサクッ!中はフワぷりっ!『エビタラカツ と たくあんタルタル』

2018.11.12

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 19 整理整頓なんて』

編集部おすすめ記事

2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

2018.11.27

大きなツリーは飾れない!コンパクトに飾れる『おしゃれで可愛いミニツリー』

2018.11.22

【新連載】『第1話 山型食パン』akari’s life style

2018.11.21

どこに置いたらいいの?『調味料のベストな保存場所』

2018.11.20

11月の和菓子 かわいい動物をイメージした『亥の子餅』 

2018.11.14

秋の味覚、新米。いつからいつまでが新米?

2018.11.13

これだけは抑えておきたい大掃除!『家族の役割分担を決めて効率的に終わらせよう』

2018.11.09

子どもと楽しむクリスマス『英語で歌えたらかっこいいクリスマスソング』

2018.11.08

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2018.11.03

ヨーグルトの酸味とブラックペッパーがほどよいアクセントに 『柿と水切りヨーグルトとブラックペッパーのサンドイッチ』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.11.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.08.30

みかんの栄養はビタミンだけじゃない!『知って得するみかんの成分と保存方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』