知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

旅行・おでかけ 2017.11.05

二十四節気の暮らし方『冬の始まりの「立冬」』寒さに備える用意を始めよう

Pocket

冬になる節目の日「立冬」。今年は11月7日です。
いよいよ冬が始まる、という立冬の頃にはどんな暮らし方をしたらいいのでしょうか?
季節の風物詩と共に、ご紹介です。

年によって違う「立冬」の日

立冬は「二十四節季」の一つで季節を区切る「節分」の一つです。節分というと豆まきを行う「立春」の事だと思われる方も多いかもしれませんね。

ですが立春、立夏、立秋と来て「立冬」は冬の始まりの日を指します。

二十四節季は太陽との位置を元に、一年を24分割して「ここからの季節(気候)はこれ」という目安でできたのだとか。太陽と地球の位置関係は年によって違うので、二十四節季の日も年によって異なります。

祝日とされている春分の日や秋分の日も、二十四節季の仲間です。そういえば毎年、祝日の位置が変わったりしていますよね。2017年の立冬は11月7日となります。
1

立冬を迎えたら、冬の上着をスタンバイしておこう

「立冬」と言っても、ちょうど山茶花が咲き始める時期で庭木も冬枯れた雰囲気ではなく、まだあまり冬、という印象が薄いかもしれません。
とはいえ、たまに気温が高い日があったとしても立冬が過ぎたら朝夕はグンと冷え込みやすくなります。

冬の風物詩といえる「木枯らし一号」。なんとなく耳にする事がある言葉ですが、実はこれは立冬と関わる気象用語なのです。ご存知だったでしょうか?

木枯らし」の定義は以下の通りです。
・二十四節季の「霜降」(10月23日頃)~「冬至」(12月22日頃)の間に吹く
・西高東低(冬型)の気圧配置
・北よりの風速8m/s以上の風

この条件が揃った物が「木枯らし」に認定されます。秋になって最初の木枯らしが「木枯らし一号」と呼ばれて発表されるのですが、木枯らし一号が吹く日の平均が11月7日頃、つまり立冬と同じ時期なのです!

かならずしも立冬として算出された日に吹くとは限りませんが、先人の知恵のすごさがわかるような気がしませんか?

今年は早々に木枯らし一号が吹きましたね。
気温が高い年もありますが、毎年立冬の頃にはコートを用意しておくと間違いなさそうですよ。

実はこたつを出す日も決まっていた?立冬の後にやって来る「こたつ開き」

立冬は旧暦では9月の末から十月の上旬辺りの時期に該当します。昔の10月は「そろそろ冬」という時期だったのですね。

古い時代の日本の煖房は火鉢やこたつ。昭和頃からは石油ストーブや電気こたつに切り替わって行きますが、家の中で火を使って暖まっていたのだそうですよ。

古い日本のお家は木と紙(障子)を主に使ってできています。そんな中で火を使うわけですから、安全管理はそれなりに気を使っていたのかもしれませんね。

江戸時代頃は旧暦10月の初めての「亥」の日を「初亥」と呼んで「炉開き」または「こたつ開き」としてそこから皆で一斉に暖房を出していたのだそうです。
なぜ「亥」の日かというと亥は火を防ぐ動物というジンクスがあったようです。ちなみに今年の初亥は11月20日です。

エアコンがあるお家は煖房の出し入れの必要はないのですが、こたつを出すお宅は初亥の日を目安として参考になるかもしれません。
2

立冬の行事食は「冬瓜」?冬に冬瓜を食べる意味は?

冬至にかぼちゃをたべる風習は有名ですが、立冬に冬瓜を食べるという風習もあるそうですよ。

冬瓜は夏の野菜で日持ちするとはいえ、もっても収穫から3ヶ月程度です。かぼちゃほど長持ちしないため、寒くなっても野菜が豊富に手に入る現在では習慣がすたれて来てしまって来ているのかもしれませんね。

冬至に冬瓜を食べる由来は現在でははっきりしないのですが、栄養成分的には意味が感じられます。

冬瓜はサポニンやビタミンCなどもありますが瓜の仲間であるため、カリウムを多く含み、利尿効果があります。カリウムは塩分の排出を助けて血圧を下げる効果があるため「体を冷やす」と言われる事もしばしばです。
IMG_3933
寒い時期に体を冷やすなんて…と思いがちですが昔はこの頃になると貯蔵している塩漬け野菜を口にする機会が多いので、塩分取り過ぎになりやすい時期になってしまうのです。

もしかしたら昔の人は経験的に体に必要な事を知っていて、行事に取り入れる事で健康に注意していたのかもしれませんね。

冬の足音がどんどん近くこの頃、先人の教えや風習に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?季節の暮らし方、始めましょ。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

立冬(りっとう)に食べて身体の内側からケア りんごの美容効果とは?

立冬(りっとう)に食べて身体の内側からケア りんごの美容効果とは?

冬も元気に過ごす『運動習慣と体温調節のポイント』

冬も元気に過ごす『運動習慣と体温調節のポイント』

冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』

冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』