作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.11.07

ボリューム満点でヘルシー!『G-veggieオーガニックおにぎらず』

Pocket

InstagramなどのSNSで、「#萌え断」というハッシュタグが大人気なのをご存知ですか? 最高に美味しそうなサンドイッチの断面の画像を載せる、とってもホットなタグだそうですが、握らないおにぎり”おにぎらず”でも、「#萌え断」を楽しむことができますよ♪

おにぎらずって何?

・見た目が鮮やかで可愛い
・ボリューミーで腹持ちが良い
・作り方が簡単
・持ち運びに便利
・インスタ映えする

などといった、嬉しい要素がたくさん詰まっている「握らないおにぎり」のことで、手も汚れず簡単に作れるので、子供も大喜び!ピクニックや遠足にも大人気だそう。
そこで、オーガニック料理教室G-veggieでは、玄米ご飯と野菜&きのこでオーガニックな「おにぎらず」を作ってみました。
2

『G-veggieオーガニックおにぎらず』材料(4人分)

オーガニック玄米    300cc
紫キャベツ       1/4個(80g)
人参          1/2本(70g)
しめじ         1パック(100g)
エリンギ        1本(80g)
アーモンド       10g

菜種油         大さじ1
バルサミコ酢      大さじ1
醤油          大さじ1

フリルレタス      4枚
海苔          4枚
自然海塩        小さじ1
クミン         小さじ2

『G-veggieオーガニックおにぎらず』作り方

1.オーガニック玄米は1.25倍の水で6時間以上浸水し、圧力鍋で圧が上がってから20分くらい炊く
2.紫キャベツ は千切りにし、小さじ1/2の自然海塩で塩もみする
3.人参も千切りにし、小さじ1/2の自然海塩とクミンでもんでおく
4.しめじは石づきを取り、手でほぐしておく
5.エリンギ は4cmの長さに切り、縦に薄切りにする
6.アーモンドは粗みじん切りにする
7.フライパンに菜種油をひき中火にかけ、油が温まったらエリンギとしめじを炒める
8.7がしんなりしてきたら、バルサミコ酢・醤油を入れて、さらに炒め、最後にアーモンドを入れて、よく混ぜる
9.クッキングシートの上に、海苔→玄米ごはん→レタス→紫キャベツ→きのこ→人参→玄米ごはんの順にのせ、海苔の四隅を合わせたらクッキングシートでキャンディのようにしっかりくるみ、半分に切る
1

オーガニック料理ソムリエが教える『G-veggieオーガニックおにぎらず』を美味しくつくるコツ

玄米は冷ごはんでも美味しくできます。
アーモンドがないときには、クルミやカシューナッツ、ピーナッツでもOKです

このレシピの味の決め手は、クミンシード!!

みなさんもインド料理店のレジに置いてあるのを見たことがあるのではないでしょうか?

クミンシードは、ビタミンA、B2、B3、B6、C、E、ミネラルが多く含まれていますが、中でも鉄分が非常に多く、さらに抗酸化物質であるクミンアルデヒドが含まれています。そのためアンチエイジングの効果もあります。さらにその効能としては、健胃、消化促進、腸内に溜まったガスを出す、解毒などもあるそう。

その上、腸内に溜まったガスを出す作用も強く、ガスだけではなく利尿作用もあり、体内に溜まった老廃物を一掃してくれる効能が期待されます。不要なものが体から出て行けば、栄養の吸収もよくなり、デトックス効果も狙え、結果、体全体の免疫力が上がると言われています。
(引用:スパイス資格検定ナビ)

私は10月はこのおにぎらずを10個以上食べ続けたので、腸の中からスッキリし、ペッタンコお腹になりました!!
ダイエット中の方やアンチエイジングを目指す方にもピッタリなレシピですので、是非、作ってみてくださいね♪

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

女性に嬉しい成分たっぷり『黒豆玄米おむすび』

女性に嬉しい成分たっぷり『黒豆玄米おむすび』

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

旬の野菜で美味しく健康に!『大根おろしでダイエット&ストレス解消のススメ』

旬の野菜で美味しく健康に!『大根おろしでダイエット&ストレス解消のススメ』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』