知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

松戸と柏のコト 2017.11.13

松戸で親しまれる徳川家のお屋敷『「戸定邸」を訪れる』

Pocket

松戸駅から少し離れた丘の上。坂をぐぐっと登ると到着する「戸定が丘歴史公園」。緑豊かなその公園に、凛とした佇まいのお屋敷がありました。

戸定邸」と呼ばれ、松戸で親しまれているそのお屋敷。
その格式高い佇まいから、玄関口に立つだけで時代をタイムスリップしたような感覚を味わいます。

そんな戸定邸を訪れてみましたよ。

由緒ある徳川のお屋敷

戸定邸は、徳川昭武(あきたけ)が建てたお屋敷。
昭武は、徳川家最後の将軍である徳川慶喜の弟にあたる方です。
兄である徳川慶喜とは仲が良かったようで、慶喜もこのお屋敷を何度となく訪れていたそうですよ。実際にこの戸定邸で、釣りや狩猟、写真撮影等を一緒に楽しんでいたと言われているのだとか。

②
心地よい風が通るお屋敷です

戸定邸は、9つの建物が連なり23部屋もある大きなお屋敷。
この屋敷が建築されたのは明治のことで、公開されている徳川家の住まいはこのお屋敷だけなのだそうですよ。

平成18年には国の重要文化財としても指定されており、その美しい庭園も国の名勝に指定されています。

③
④

天気のよい日には富士山を見ることもできるのだとか。
ここ松戸から富士山が見えるとは、驚きですね!徳川昭武もその景色を楽しんだのでしょうか…。

⑤
⑥
お風呂(湯殿)もありました!

美しい庭園は見所です

戸定邸には名勝にも選ばれている美しい庭園があります。

⑦
一面の芝生が美しい

この庭園は普段は降りることができないのです…。
でも、毎月「戸定の日」として「5」と「0」の付く日は庭園に特別に降りることができるんですよ。

戸定邸は大名のお屋敷らしい佇まいですが、お庭は西洋風の庭園としてモダンな雰囲気を感じられます。
徳川昭武の海外留学の経験が、庭園造りにも活かされているのかもしれませんね。

中に入ると迷ってしまうくらいの大きな大きな、お屋敷。
長年の時を経て人の手によって美しく保たれた戸定邸は、松戸に住む人たちに愛され、大切にされているのだなあ、と感じました。

戸定邸を訪れて、ぜひ激動の時代を駆け抜けた徳川家に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

▶︎ 戸定邸
水戸藩第11代藩主であった徳川昭武が、江戸川に臨む高台・戸定が丘に建てた戸定邸の庭園。戸定邸が座敷開きを行った明治17年から本格的な造園が行われ、20年に拡張工事を行い、更に23年に2度目の拡張を行い完成しました。その芸術的な価値、日本庭園史における学術的価値が評価されて、国名勝指定につながりました。

HP:http://www.city.matsudo.chiba.jp/tojo
住所:〒271-0092 千葉県松戸市松戸714-1
最寄駅:松戸駅東口下車徒歩約10分
営業時間:9時30分から17時00分まで(入館は16時30分まで)※ 戸定が丘歴史公園は、9時から入園できます。
休館日:月曜日(祝日の場合にはその翌日)、年末年始(12月28日から1月4日まで)
入館料:一般 150円/高校生・大学生 100円
TEL:047-362-2050

記事/まつかし
株式会社ライズさんとケノコトのタイアップ記事です。
22089852_501107390244392_4572770806006660468_n
松戸と柏の「コト」を伝えるメディア。
「学ぶ」「暮らす」「食べる」「楽しむ」「働く」のカテゴリーごとに、千葉県松戸市と柏市についてを伝えるメディアです。地元で人気の飲食店やスポット、地元を盛り上げようと活動されている人やコトにフォーカスし、ご紹介しています。
http://matsukashi.com/

株式会社ライズ
千葉県松戸市にある、東京・千葉・埼玉を中心に展開する建設・土木業に特化した総合人材サービス会社です。建設業界の将来を担う技術者を育て、パートナーとして数多くの建設プロジェクトを強力にサポートしています。
https://www.rise-jms.jp/

その他のおすすめ記事

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

街と街、暮らしと暮らしを繋ぐ拠点『「松戸駅」のコト』

街と街、暮らしと暮らしを繋ぐ拠点『「松戸駅」のコト』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』