作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.11.14

白味噌が決め手!『もちきびとブロッコリーのスープ』

Pocket

雑穀の一種『もちきび』をご存じですか? 近頃、美容や健康に効くと話題の雑穀ですが、どんな種類があって、何が健康に良いのか分からない方も多いのでは?

「もちきび」って何

イネ科、キビ属に分類される一年生草本。中央アジアなどが原産地で、ヨーロッパには石器時代に伝わり、18世紀にヨーロッパからの移民がアメリカに伝えた。日本においても古くから栽培されていたが、古代の記録にはないため、アワ、ヒエ、イネよりも遅れて伝来したと考えられている。

見た目の“黄実”が語源で、キビと呼ばれるようになったと言われるが、品種により白っぽいものや褐色のものもある。生育期間が短く、乾燥にとても強く、収穫も手間がかからないが、鳥害を受けやすい。北海道から沖縄まで全国各地で栽培され、ほとんどがもち種となっている。

栄養価としては、ビタミンB₁、B₆、亜鉛、ナイアシンが豊富であり、黄色い色素はポリフェノールで抗酸化性に優れている。小粒な雑穀としてはコクや甘みが強く、冷めてからも、もちもちした食感が残る。
(引用:日本雑穀協会)
2
実は日本の昔話の主人公「桃太郎さん」が腰につけていた「キビ団子」は、この「もちきび」で作られたものだそうですので、私たち日本人にとっては長いお付き合いのある雑穀といえそうですね。

そして、もちきびは雑穀の中で一番カロリーが低いことから、ダイエットにピッタリの穀物とも呼ばれていると聞き、オーガニック料理教室ではもちきびを使ったスープを作ってみました♪
1

『もちきびとブロッコリーのスープ』材料(4人分)

もちきび    40g
玉ネギ     1/2個(80g)
ブロッコリー  1/2本

水       800cc
昆布      3cm
白味噌     大さじ3
自然海塩    適量

『もちきびとブロッコリーのスープ』作り方

1.もちきびは、良く洗ってザルにあげておく
2.玉ネギは1㎝の角切りにしておく
3.ブロッコリー は房と茎に分け、房の部分を小さく切り分けておく
4.鍋に少量の水を入れ、昆布、もちきび、玉ねぎを入れて、弱火でもちきびが柔らかくなるまで煮る
5.残りの水を入れて沸騰したら、ブロッコリーを入れる
6.別の容器に溶いておいた白味噌を入れて味をみる。この時、味が薄かったら塩で味つけを調整する

オーガニック料理ソムリエが教える『もちきびとブロッコリーのスープ』を美味しくつくるコツ

・水のかわりに豆乳を使うと、さらにクリーミーな食感が楽しめます。
・玉ねぎを油で炒めて作ると、パンチの効いたお味になります。

このレシピの味の決め手は、白味噌!!

白味噌の原材料は大豆、塩、水、そして麹。 白味噌は茶褐色の赤味噌に比べて、塩分濃度が低く甘口なのが特徴です。甘口になるわけは麹(米麹)を赤味噌より多く使用しているからです。

色の白さは大豆をゆでて褐色物質を出さないよう作るところに赤味噌との違いがあり、熟成期間もとても短いことも手伝って白い色になります。

栄養成分であるGABAは神経を鎮める働きがあるので、そのリラックス効果に期待して、白味噌を使ったスープを夜に食べると、一日張りつめていた神経が落ち着き、食欲を適度にコントロールし、心地よい眠りに誘ってくれることでしょう。

ダイエット中の方やアンチエイジングを目指す方にもピッタリなレシピですので、是非、作ってみてくださいね♪

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

秋の主役かぼちゃで身体の中から元気に!『かぼちゃと玉ねぎのお味噌汁』

秋の主役かぼちゃで身体の中から元気に!『かぼちゃと玉ねぎのお味噌汁』

旬の野菜で美味しく健康に!『大根おろしでダイエット&ストレス解消のススメ』

旬の野菜で美味しく健康に!『大根おろしでダイエット&ストレス解消のススメ』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』