作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.11.21

便秘改善・冷え性に!栄養満点かぼちゃスイーツ『パンプキンモンブラン風パフェ』

LINEで送る
Pocket

甘みがあって美味しいかぼちゃは子供や女性に大人気の野菜ですね。 かぼちゃは驚くほど健康効果が高いのと同時に、美肌やアンチエイジングなど女性にうれしい美容効果にも優れた食材と言われています。 そして、さらに便秘改善や冷え症にも効果があるということをご存じですか?

かぼちゃの美容と健康効果

ビタミンB1 ~ 疲労回復やイライラを軽減させる作用があります。うなぎに多く含まれている栄養素です。
ビタミンB2 ~細胞の再生に貢献するため、美髪、美肌を維持するために必要です。また、脂質をエネルギーとして燃やす際に必須のビタミンでもあります。
ビタミンC ~ コラーゲンを作り出すために大切な栄養素です。また、肌トラブルの改善にも大きく作用します。
ビタミンE ~ 抗酸化作用があり、若返りビタミンと呼ばれています。また、コレストロール値を下げる働きもあります。
βカロチン ~ カボチャに含まれる栄養素の中で最も多く含まれているのがβカロチンです。粘膜や細胞を健康に保つ働きがあります。
食物繊維 ~ 腸内環境を整え、排便を促してくれます。また、糖尿病や肥満の予防にも効果を発揮します。
カリウム ~ 血圧を下げてくれる効果があるため、脳卒中の予防につながります。
(引用)Miss beautful
1
また、東洋医学や薬膳でも、下記のような効能があるといわれています。

かぼちゃの東洋医学的効能

健脾益気(ケンプエッキ) ~ 胃腸の吸収力を高めて元気をつける
消炎止痛(ショウエンシツウ) ~ 炎症を抑えて痛みを止める
駆虫(クチュウ) ~ 種子には虫下し作用がある
解毒(ゲドク) ~ 解毒作用をもつ

オーガニック料理では、かぼちゃのような丸くて甘い野菜は、とてもバランスのよい「中庸の野菜」と呼ばれ、甘い物の食べ過ぎで疲れた胃・脾臓・膵臓を養ってくれる、穏やかで優しい力があるといわれています。

そこでオーガニック料理教室G-veggieでは、今回は甘~いかぼちゃで簡単スイーツをつくってみました♪

『パンプキンモンブラン風パフェ』材料(6人分)

かぼちゃ        400g(1/4個)
バナナ         1本
プルーン        4個
ミューズリー      60g
メープルシロップ    小さじ1
塩           ひとつまみ

『パンプキンモンブラン風パフェ』作り方

1.かぼちゃは 4等分にし、柔らかくなるまで蒸しておく
2.バナナは 1cmの輪切りにし、さらに4等分しておく
3.プルーンは4等分に切っておく
4.かぼちゃは実と皮にわけ、実の部分をフォークでつぶしたら、メープルシロップを混ぜ、絞り袋に入れる
5.ココットにミューズリー、バナナ8片、プルーン3粒をいれたら、1を絞り出し、上にプルーンを1粒飾る
2

オーガニック料理ソムリエが教える『パンプキンモンブラン風パフェ』を美味しくつくる秘訣

・かぼちゃが甘くないときにはメープルシロップを多めにいれてください
・プルーンのかわりにレーズンで作っても美味しいです
・バナナは色が変わりやすいので、つくったらすぐに召し上がってくださいね。

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

白砂糖・乳製品不使用!濃厚ヘルシー『甘酒パンプキンのティラミス』

白砂糖・乳製品不使用!濃厚ヘルシー『甘酒パンプキンのティラミス』

いつもの和食がイタリアン・デリに変身 実は醤油と相性がいいアノ調味料とは?

いつもの和食がイタリアン・デリに変身 実は醤油と相性がいいアノ調味料とは?

ハロウィンでもダイエット!スタッフド・パンプキン

ハロウィンでもダイエット!スタッフド・パンプキン

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.02.12

白菜と椎茸入り!『餅入り巾着の含め煮』

2018.12.06

旨み成分たっぷり!冬野菜『知って得する白菜の栄養成分と保存方法・おすすめレシピ』

2019.09.24

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』

2019.08.26

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2015.08.08

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.10.15

作り置き常備菜シリーズ『秋刀魚の梅煮』

2019.10.05

火を使わずにレンジでできる!作り置きに『万能牛ごぼう』