知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

地域 2018.08.02

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

LINEで送る
Pocket

九州の西北部に位置する、人口約130万人の長崎県。
ちゃんぽん、カステラ、たくさんの島々、外国風の建物…長崎県と聞くと、どんなイメージが浮かびますか?
古くから外国との貿易で栄えたこの地には、どんなユニークな風習やしきたり、食べ物が残っているのでしょうか。今回は長崎県の中でも一番人口の多い長崎市にスポットを当て、独特の風習やしきたりについてご紹介します。
日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』ちゃんぽん

お墓で花火?!長崎市の独特な風習

長崎市の独特の風習といえば、「お盆にお墓で花火をしたり、食べ物を食べたりする」ことではないでしょうか。
長崎市は古くから貿易によって中国との交流があり、お盆の花火も中国文化の影響があるといわれています。
墓地での花火にはご先祖様を歓迎する意味が込められているとされ、子どもにとってのお盆はワクワクする特別なものなんですよ。
日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』お墓参りをする女性
お盆は、花火を楽しむために、基本的には夕方から夜にかけてお墓参りをします。
花火の種類も様々で、爆竹はもちろん、一般的な手持ち花火からロケット花火や噴射する豪華なものまで打ち上げられ、墓地がとても賑やかになります。
人によっては昔の風習にちなんで、おにぎりやお弁当、お酒等を持参して食べたり飲んだりしながら墓前で花火をします。他県の人が見たら、ビックリすること間違いなしですね。

「唐灰汁(とうあく)ちまき」が一番長崎市らしい

長崎市で一番インパクトのある食べ物といえば、端午の節句の「唐灰汁(とうあく)ちまき」。ご存知でしょうか?

「唐灰汁」とは中国を起源とする「かんすい」の一つです。
唐灰汁を製造するには特殊免許が必要で、現在は限られた企業のみで製造しているのだとか。
唐灰汁を使用すると独特の風味をもつため、長崎市では、これをちゃんぽん麺に利用するほかにワンタンの皮やちまき等にも利用しているのですよ。
日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』唐灰汁ちまき長崎県公式ホームページ
「唐灰汁ちまき」はこの唐灰汁を使うことで、黄土色で本当に独特の風味とねっとり・もっちりとした食感を持っています。さらし木綿(ガーゼのようなもの)に入っているのが一般的で、水の中に入れてこのさらし木綿を剥がし、絹糸で沢庵くらいの厚さに切って食べます。
そのままで食べると独特の風味が強いため、これにたっぷりと白砂糖や黒蜜等をまぶして甘味を加えて食べると、クセになる美味しさなんですよ。
でも、人によって好みがはっきり分かれる味なので、端午の節句のお菓子ですが子ども向きではないかもしれませんね。

この「唐灰汁ちまき」とは別に、長崎市にはもう一つのちまきがあります。
こちらは「中華ちまき」と呼ばれ、肉や野菜が入った「おこわ」に似ているもので、竹の皮に包まれています。ちまきというとこちらがイメージされることが多いのではないでしょうか?
「中華ちまき」は中華街に行くとアツアツのものを食べることができるので、特に冬には中華街を歩きながら食べたり楽しめますよ。

長崎市はその昔、日本が鎖国時代の頃にも貿易港として栄え、様々な異国文化が取り入れられた独特の地域です。
その土地ならではの文化を知ると、遊びに行ってみたくなりますね。
紹介した端午の節句やお盆の時期にぜひ一度訪れ、長崎独特の文化に触れてみてはいかがでしょうか?

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

日本最古の天守閣にうっとり。城下町も賑やかな『愛知県の犬山城へドライブ!』

日本最古の天守閣にうっとり。城下町も賑やかな『愛知県の犬山城へドライブ!』

街と街、暮らしと暮らしを繋ぐ拠点『「松戸駅」のコト』

街と街、暮らしと暮らしを繋ぐ拠点『「松戸駅」のコト』

餅を投げる?お菓子まで?全国の特色ある『祭り』について調べてみた

餅を投げる?お菓子まで?全国の特色ある『祭り』について調べてみた

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』