知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

Pocket

洋服の正しい洗い方が記載してある、洋服の端っこについた小さなタグ「洗濯表示」。実は、平成28年12月1日から洗濯表示が変更され、新しい物になっているんですよ。ご存知でしたか?
最近になって服を買ったら以前と表示が全く違っていて「どういう事なの?」と首を傾げてしまう事もしばしば…。
変更理由や新しい表示の意味、ここさえ覚えておけば、というポイントを知っておきましょう。

日本の独自規格だったこれまでの洗濯表示

従来の洗濯表示は日本独自のJIS規格で定められた物だったため、海外展開する際には日本以外の国に合わせた表示が必要だったのだそうです。これまで、日本が独自のマークを使っていた理由は、かつての世界基準では日本での洗濯習慣に対応ができなかったからなのだとか。

たとえば海外ではドラム式の洗濯機で乾燥まで行うのが主流です。海外には日本のような縦型洗濯機がなかったので「縦型洗濯機で洗う」というマークがなく「(縦型)洗濯機を使うか手洗いするか」という洗い分けの指定ができなかったのだそうです。

また、日本でもドラム式洗濯機が普及し、洗濯機を使ったホームクリーニングが可能など洗濯の方法が変化した事を踏まえてか、国際規格の改正を日本が提案して採用された事によって日本でも世界基準と統一される事になったのだそうです。今後、輸入物の洋服の洗濯表示も国内と同じになるのでわかりやすくなりましたね。

形も大きく変わりましたが、世界で統一なのでカタカナや漢字での指示もなくなり、シンボルマークのみでの構成になっています。また、しぼり方(脱水)の度合いの指定は干し方に含まれるため単独の物は廃止されています。
1

マークが大きく変更した「自宅での洗濯」は全て洗い桶のマークに

一番変化が大きく、わかりにくいのが「家庭での洗濯が可能かどうか」というマークです。
これまでは四角い洗濯機のマークと洗い桶のマークで「洗濯機か手洗いか」を見分けていました。改正後は家庭での洗濯については全て洗い桶のマークに統一され、手洗い指定は手の形がプラスされています。

『△』は漂白についての指定

以前はフラスコマークだった漂白剤の指定は、『△』マークになりました。△は漂白OKで、斜め線入りの△は酸素系(色柄物用)の漂白剤のみという指定です。

アイロンは「高中低」が『●』の数に。多いほど高温!

アイロンはマークその物はわかりやすいのですが、温度指定が漢字から『●』の数になりました。●●●が高温(200℃まで)●●が中温(150℃まで)●が低温(110℃まで)となります。

『□』は干し方。『|』など棒線は自然干し、『○』はタンブル乾燥の指定

干し方は今まで洋服の形でしたが、乾燥機使用に関する指定も含めて『□』になりました。乾燥機の指定はアイロン同様、『●』の数が温度指定です。
2

『○』は全てクリーニング可能かどうか。アルファベットは覚えなくてOK!

『○』の指定はクリーニングに関する指定です。○の中のアルファベットはクリーニング店がどの溶剤を使うか判断するための指定なので覚えなくても問題ありません。

『×』は全てにおいて禁止のマーク

どの表示についても「×」は禁止のマークです。

必ず覚えておきたいポイント

『桶』、『△』、『アイロン』、『□』、『○』が何の指定かという事と『×』が禁止マークである事がわかれば後は段々理解できるようになるかと思います。他に押さえておきたいポイントとしては以下の通りです。

『桶』と『○』のアンダーラインは洗濯の弱さ。線が増えるほど「弱く洗う」

□(自然乾燥)の斜め線は「陰干し」の指定。
自然干しの縦線は釣り干し。横線は平干し。
自然干しの線は1本が「脱水して干す」2本が「ぬれ干し」(脱水せずに干す)
アイロン・タンブル共に●の数は温度指定。多いほど高い。

新しい洗濯表示を確かめたい時は?

洗濯表示を管轄しているのは消費者庁となります。洗濯表示の変更についての情報の発信を行っており、消費者庁の公式サイトから画像データやpdfデータの配布を行っている他、YouTubeでも新しい洗濯表示の覚え方のポイントをまとめた動画の公開も行っていますよ。
「新しい洗濯」で検索すると詳細な情報にアクセスできますので、洗濯の時に困ったらチェックしてみて下さいね。

新しい洗濯表示
消費者庁公式サイト

慣れるまで少し時間がかかりそうですが、現在の洗濯事情に合わせてあり、どう洗えばいいのかがわかりやすく考えてあるな、と思う変更でしたね。ぜひ一覧表を確認して、普段の洗濯の参考にしてみて下さい。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

衣類の手洗いをマスターして洗濯上手に『手洗いのHow to』

衣類の手洗いをマスターして洗濯上手に『手洗いのHow to』

すぐに実践したい『子ども服の収納・洗濯方法』

すぐに実践したい『子ども服の収納・洗濯方法』

知っておきたい生活の知恵『頑固な汚れの落とし方』

知っておきたい生活の知恵『頑固な汚れの落とし方』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』