知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.11.24

勇気を出して一歩踏み出す『「助けて」の一言が広げる世界』

Pocket

人の手を借りたい時、なかなか「助けて」と声を上げるのは簡単ではありませんね。でも、声に出してみると、周りの世界がグッと広がるかもしれません。勇気を出して、一歩踏み出してみませんか?

5Photo by MARIA

はたらく親にとって、夏休みや冬休みといった子どもの長期休暇は、ただでさえ忙しいうえに、さらに大きなタスクが加わる。毎日のお弁当だ。

今年の夏休みのことだ。障がいのある二女の真心(まこ)をデイサービスに預けるには、やっぱりお弁当を持っていかなければならなかった。はたらき始めてから、普段の夕食の支度を夫と、10歳になる長女のゆとりにまかせている私。せめて毎日のお弁当作りは自分でするか、でもできるのか、いや『毎日作りたいのか?』という思いで揺れていた。

迷った末、思い切って夫に「お弁当もお願いしていい?」と聞くと、「いいよ」と快諾。ゆとりまで「私も一緒にやりたい」と言ってくれた。ゆとりに至っては、「お弁当の大原則として、赤・黄・緑を入れないと」と彩りまで考えてくれた。私の出すS.O.S.に対して、家族は望む以上の応援を返してくれた。

「応援して」「応援するよ」は力になる

私はNPO法人Ubdobe(ウブドベ)で、「Digital Interactive Rehabilitation System(デジリハ)」というプロジェクトのリーダーとして日々活動している。そして今、その活動資金を得るべく、クラウドファンディングで支援を募っている。インタラクティブなデジタルアートを作りだし、より多くのリハビリに取り組む子どもたちに届けるためには、膨大な資金が必要になるのだ。私も家族や友人、ありとあらゆる知人にこのプロジェクトを紹介し、クラウドファンディングへの支援をお願いしている。

4Photo by MARIA

人に「助けて」「応援して」と言うのはとても勇気がいる。でも、障がい児と一緒にいると「助けてください」と頼む場面は日々たくさんある。障がいを持つ子どもたち自身も、「助けて」「応援して」という言葉ではないにしても「プリーズ」という姿勢になることが多い。しかし、その姿は決して恥ずかしいものではない。むしろ、望みを純粋に表現するのが上手だなとすら思える。

いつもそんな子どもたちのそばにいると、応援や助けを求めることは恥ずかしいことではないのだなと思わされる。ましてや、今回クラウドファンディングを通して実現したいデジリハプロジェクトは、障がいを持つ当事者家族だけでなく、多くの人に見てもらって盛り上げていきたい。だから私も、胸を張って「お願いします」と言っている。

応援を頼んだある友人からは、おコメが届いた。応援の気持ちを「新米」というモノで表してくれる友人には驚かされたが、それ以上にとてもうれしかった。「助けて」の形も人それぞれなら、「応援」の形も届け方も人それぞれ。どれも力になってありがたい。

「助けて」で出口を見出そう

とはいえ、自分自身のこととなると、なかなか「助けて」と言うのは難しい。ウブドベではたらき始めて、今でこそ自分が夢中になれる仕事を見つけられたけれど、それまでの数カ月はまったくうまくいかず、暗中模索の日々だった。自分一人で「どうしよう、どうしよう」と出口のない思考を続けていた。

3Photo by MARIA

最初に与えられた広報という仕事には気持ちを入れることができず、次に自分から提案した営業という仕事は、過去の経験にすがってみたもののやっぱりうまくいかなかった。

「私、この仕事やってていいのかな」「でも、やってみると飛びついたし、お給料ももらっているのだからやらなきゃ」「でもうまくいかない」の堂々巡りだった。だんだんと「私」が「私なんか」になり、自己紹介するにも「一応“広報”やってます」「一応“営業”やってます」とエクスキューズをつけるようになってしまった。

「助けて。もうできない!」と言いたかったけれど、言えなかった。でも、家族からも仕事を辞めろと責められ、自分でも「もう限界」というところまできて、やっと「助けて」と言うことができた。

私の「助けて」が世界の「助けて」を救うこともある

2Photo by MARIA

その経験を通して、気づいたことがあった。一つは、自分の心の奥底に潜んでいたプライドだ。「助けて」と言うということは「自分にはできない」と言うことと同じ。つまり、できない自分を認めるということ。それがつらかった。「私はまだまだできる」と思っていたかった。

もう一つは、「私なんて」とへりくだってもいいことは一つもないということだ。悩みに悩んでいた間、「私なんかただの主婦だし」というへりくだりが何度も頭に浮かんだ。一介の主婦にできることなど何もない、必要となんかされない、そんな人間を助けてくれる人などいない――。でも、今になってみれば、当たり前だけどそんなことはないのだ。

デジリハという大きなプロジェクトも、障がい児を抱える一人の当事者家族としてのニーズが出発点の一つとなっている。同じようなニーズをもつ当事者家族はきっといる。主婦の思いが発明商品となって爆発的に売れるように、私の「助けて」は誰かの「助けて」をすくい上げながら、世界の多くの人に届くかもしれない。実際、このプロジェクトは、世界中の人から支援を受けている。

1Photo by MARIA

「助けて」という言葉は、目の前の一人に言っているのではなく、世界の人間に対して言っていると思ってみよう。その思いは、世界のどんな人に届くかわからないし、自分の世界をどう広げるかわからない。自分の立ち位置を不安に感じたら、家に帰って子どもの寝顔を見てみよう。その場所は自分の居場所であり、自分が必要とされているいちばんの場所であるはずだから。

文/加藤 さくら
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

少し立ち止まって一呼吸『「ブレない自分」だからこそできるいい子育て』

少し立ち止まって一呼吸『「ブレない自分」だからこそできるいい子育て』

押しつけない、決めつけない『心が動くことをしよう』

押しつけない、決めつけない『心が動くことをしよう』

みんな違ってみんないい『いろいろな家族のカタチ』

みんな違ってみんないい『いろいろな家族のカタチ』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.02.18

二十四節季の暮らし方『雪が雨に変わる「雨水」』春の支度を始めましょう

2018.02.18

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

2018.02.16

発達障害ってなぁに?シリーズ その1『誰だって発達障害!?』

2018.02.11

リクエスト開催決定!日常風景こそが宝物ー『ケノコト 親子フォト撮影会』ー

2018.02.11

簡単!おいしい!『ふんわり豆腐チキンナゲット』

2018.02.03

二十四節気の暮らし方『春を迎える日「立春」』この日にすると良いコトがある?

2018.02.01

スーパーフードで冬野菜を楽しむ『ポンカンと酒粕のシーザーサラダ』

2018.01.29

全部言えますか?『料理の基本の調味料「さしすせそ」』

2018.01.24

子どもにおすすめ!栄養おやつ『はちみつキャロット蒸しパン』

2018.01.22

真空保温調理器 シャトルシェフで働くお母さんも家族も笑顔の食卓に

編集部おすすめ記事

2018.02.17

日本の暮らし色『ひし餅の色は桃と雪とよもぎの色』日本独特の和色の感じ方

2018.02.11

バレンタインは手作りお菓子で『編集部おすすめバレンタインスイーツレシピ集』

2018.02.10

旬のボリュームおかず『菜の花の肉巻き 粒マスタードグリル』

2018.02.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2018.02.07

覚えておきたいおやつレシピ『りんごのガトー・インビジブル』

2018.02.05

冬の漬け物にチャレンジ!『大根のしょうゆ味噌漬け』

2018.02.04

編集部がえらんだ『「鯖」のお役立ちおすすめレシピ集』

2018.02.01

地域密着型不動産会社 エヌアセット高津店が2月1日にオープン!新店舗メンバーが語る『エヌアセットらしいお店づくり』とは

2018.02.01

【ケノコトInstagram企画】2月の「日常のコト」を『#如月のコト』で投稿しよう

2018.01.29

エアークローゼットは本当にお得!?『エアクロ月額会員さん × エアクロ未体験さんの本音トーク座談会』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.09.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「ごぼう」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』