得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

美容 2017.11.25

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

LINEで送る
Pocket

気がつくと、真っ白でガサガサに乾燥しているひざ。普段パンツを履いている時には気がつかず、足を出した時に気がつくことも多い部分です。乾燥しがちなひざの乾燥原因とその対策などをご紹介します。

ひざが乾燥する理由とは?

摩擦や擦れて乾燥する

ひざは、衣類の摩擦や座るときなど圧迫されたり、摩擦が起こる部位。
dry2
ひざは、他の部分と違って皮脂線も少なく、乾燥しやすい部分です。そこに普段何気ない動きなどの刺激が加わり、皮膚が擦れて乾燥しやすくなります。さらにひざをついて何かをすることで、体の重みも加わって刺激がよりかかってきます。

ひざは皮脂線が少なく角質化しやすい部分

ひざには、頭や顔など他の部分に比べると、皮脂線が非常に少ない部分でもあります。皮脂線が少ないことで、脂分の分泌が十分できないので乾燥もしやすくなりがち…。

そして、皮膚も他の部分に比べると薄くなっているので、刺激が肌に直接かかりやすくなり、衣類の擦れやひざを付くことで刺激が加わり、角質層のダメージに繋がっていきます。
ダメージを受けた角質層は壊れてしまい、肌の水分が蒸発しやすくなってしまいます。
それを守ろうと、肌がどんどん新しい角質細胞を作り出して再生しようとすることで新陳代謝が促され、新しい角質へと変わっていきますが、正常に働かない角質層だと、そのまま肌に蓄積されていき、古い角質は硬くなりそのまま角質化してしまいます。
角質化したひざはがさがさになり、保湿剤を使ってもきちんと潤いを保つことで出来なくなります。

きれいなひざを手に入れるためのお手入れ方法

ではきれいなひざを手に入れるためにはどうしたら良いのか…!私がやってきた方法をご紹介します。

ひざの古い角質を取り除く

顔と同じ。まずは古い角質を取り除きましょう。
古い角質がひざに残ったままでは、肌が本来持っている機能が正常に働かないだけでなく、保湿クリームなどでケアしてもきちんと浸透していきません。
きれいなひざを作るには、まずひざに残った古い角質を除去させる必要があります。
bath
お風呂に入ったらゆっくりと湯船に浸かり角質を柔らかくした後に角質除去専用スクラブなどを使って、古い角質を取り除きましょう。
(私はドラッグストアの安いスクラブですが、ひざは皮膚も強めなので問題なさそうです◎)

強く擦ると肌に刺激となるので、力を入れないように円を描きながらマッサージして落としましょう。
毎日使っても刺激になるので、週1回程度を目安にしましょう。

ひざの角質除去後はしっかり保湿をしよう

古い角質を除去したら、今度はしっかりと保湿するようにしましょう。皮脂線が少ないので保湿でしっかりと補うことが重要になります。
ボディローションで水分を浸透させたら、オイルやクリームで保湿します。お風呂上りに軽く水分をふき取ってからオイルを塗っても良いでしょう。
セラミドは、保湿力が高く刺激も少ないので、肌が弱い方でも使いやすい保湿剤です。ひざへの保湿は毎日行うことも大切です。
keg

いかがでしたでしょうか?
ひざは年齢も出やすい部分になるので、継続的なケアを続けるときれいなひざを保つことができます。毎日の保湿、定期的な角質除去できれいなひざを維持しましょう。

記事/anone
logo_anone-3-300x60
anone(アノネ)は女性の悩みを解消するwebメディアです。こっそり教えて、あなたの悩み。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

ガサガサかかとをなんとかしたい!『季節別おすすめかかとケア』

ガサガサかかとをなんとかしたい!『季節別おすすめかかとケア』

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

冷え性歴10年ちょっと『私がたどりついた5つの冷え性改善方法』

冷え性歴10年ちょっと『私がたどりついた5つの冷え性改善方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』