作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.11.26

あなたの美肌を加速させる?うま味たっぷりあったか『豆乳酒粕鍋』

LINEで送る
Pocket

健康や美容への効果が高いことから、ここ最近人気がぐーんと高まってきている食材といえば【酒粕】。
酒粕は、アルコール発酵が終わった醪(もろみ)を搾って清酒をとった後に残った個形物です。それが板状になっているものを板粕(いたかす)といい、清酒にならなかった白米や麹(こうじ)と醪(もろみ)でできています。百薬の長と言われている日本酒よりも豊富な栄養が含まれていて、健康や美容に良い成分が含まれています。

改めて注目される【酒粕】

酒粕の成分は醸造の仕方で異なりますが、重量比で水分50%、アルコール分8%、デンプン・糖分25%、タンパク質15%、その他B1、B2、B6などのビタミンも豊富に含まれる優秀な食材!! 昔から甘酒、粕汁として飲まれ、奈良漬などの粕漬にも用いらてきた日本の伝統食品です。

酒粕の利用方法は多岐にわたり、酒粕を使ったおかず、調味料としてはもちろんのこと、オーガニック料理教室G-veggieではチーズの代わりとして大活躍! みんなが大好きな「ティラミス」も乳製品不使用のヘルシーで美味しいスイーツに変身します。
そんな話題の酒粕を使った、手軽に出来るお鍋レシピを紹介します。
1

『豆乳酒粕鍋』材料(1鍋6人分)

酒粕     200g
長芋     150g
大根     150g
人参     150g
白菜     150g
しめじ    100g
舞茸     100g
春雨     50g
玄米もち   3個
水菜     30g
昆布     1片(5㎝×5㎝)
水      1300cc
豆乳     200cc
塩      大さじ1
ポン酢    適量(お好みで)

『豆乳酒粕鍋』作り方

1.酒粕は手で一口大にちぎっておく
2.長芋はヒゲを直火で焼き、皮ごとすり下ろす
3.大根と人参は5cm×5cmに切り、2mmの幅に切る
4.白菜は5cm×5cmに切る
5.しめじと舞茸は、石づきをとり、手でほぐしておく
6.春雨は沸騰したお湯で戻しておく
7.玄米もちは、1㎝角にきっておく
8.水菜は5cmに切っておく
9.鍋に水・昆布・1の酒粕を入れて蓋をし、火にかける
10.沸騰したら酒粕をよく溶かし、大根・人参・白菜・しめじ・舞茸を入れて蓋をする
11.具材が柔らかく煮えたら、塩と春雨を入れて箸でよくほぐす
12.豆乳と2の長芋のすりおろしを入れてよく混ぜ、沸騰寸前まで火にかける
13.水菜と玄米餅で飾り付けをしたら出来あがり!!お好みでポン酢を入れて召し上がれ♪

鍋料理の魅力は野菜がたっぷり食べられるところ!たくさんの野菜をいっぺんに煮込むことによって、美味しいスープが出来上がります。
さらにこの鍋は、酒粕の効能だけでなく「豆乳」に含まれるビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE・イソフラボンなどの成分が、肌荒れ予防・抗酸化・血行促進・老化防止までしてくれるので、あなたの美肌力が加速しますよ~

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

芯から温まる『酒粕ジンジャースープ』

芯から温まる『酒粕ジンジャースープ』

乳製品フリーでつくる『酒粕ツナポテトグラタン』

乳製品フリーでつくる『酒粕ツナポテトグラタン』

砂糖・バター・たまごを使わない 美しくなる最強おやつ『酒粕のチーズ味クッキー』

砂糖・バター・たまごを使わない 美しくなる最強おやつ『酒粕のチーズ味クッキー』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

2019.01.07

作り置き常備菜シリーズ『ゴロゴロおかず豚』

2019.01.07

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『24 家族が大事ってことは、自分も大事ってこと』

2018.12.27

鉛筆を正しく使えるようになるために『指先を鍛える』

2018.12.27

台所育児エッセイ 「暮らしに恋して」『23 生命力が武器なのか!』

2018.12.23

材料4つ。シンプルで華やか『レモン大根』

2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2018.11.30

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.01.22

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

2019.01.07

一年で一番寒い時期の始まり『小寒』気軽に「寒仕込み」を楽しもう

2018.12.28

旬食材『鱈』ー鮮度が命の厳寒の海の幸。古くは縁起物でハレの日のごちそう ー

2018.12.27

鉛筆を正しく使えるようになるために『指先を鍛える』

2018.12.25

旬の大根で作る簡単晩ご飯『豚バラのみぞれ煮』

2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

2018.11.27

大きなツリーは飾れない!コンパクトに飾れる『おしゃれで可愛いミニツリー』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.03.05

大麦ともち麦って違うの?『知られざる麦のチカラ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』