知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

松戸と柏のコト 2017.12.07

長く使えるものを大切に。暮らしに寄り添う道具屋「山田屋の家庭用品」栗原さん

LINEで送る
Pocket

松戸駅西口から3分ほど歩くと見えてくる「山田屋の家庭用品」さん。

モダンレトロな雰囲気を感じる趣のあるアーチ型の店先には、湯吞み茶碗や小皿をはじめ、レトロなジョーロや箒など、たくさんの家庭用品が並んでいました。
食器や調理器具だけでなく様々な商品を扱っているからこそ「家庭用品店」という屋号がつけられているのでしょうか?

re-_DSC13431
re-_DSC13371

お店に足を踏み入れると、懐かしさを感じる昭和レトロなものからユニークな最新雑貨までずらりと並べられていました。

少しだけ…のつもりが、商品を見ているうちに「懐かしい」や「面白い」、「コレいいなぁ」と様々な思いが沸いてきて、ついつい時間を忘れて見入ってしまいました。
デザインが魅力的なだけでなく、店主の方がしっかりと見極めて揃えられた、暮らしの中での使い勝手も考えられた商品ばかりなので、なおさら自分が使うときのことが想像できて真剣に悩んでしまいますね。

そんな懐かしい雰囲気とつい長居したくなってしまう気持ちにさせてくれる家庭用品店「山田屋の家庭用品」を営む栗原さんに、山田屋の家庭用品店の成り立ちや商品へのこだわりを伺いました。

こうして今のようなお店になりました

ーーいつ頃からお店を始められたのですか?

江戸時代の天保の頃から山田屋の屋号は続いております。
県の資料から確認したのですが、寺子屋(晩成学舎)をやっており、明治7年に廃業後に山田屋出店(でみせ)と言って、米・油・荒物など様々なものを扱うようになりました。

昭和28年に現在の有限会社山田屋になり、先代9代目の新井壽一が「山田屋にないものはないお店にしたい」という思いから商品数が増えに増え、足の踏み場もないほど商品に埋め尽くされた売り場となってしまっておりました。
11代目に代替わりをし、ここ数年で家族みんなで協力し、少しずつ在庫を整理しながら、今のようなお店になってきました。

re-_DSC12931
re-_DSC12991

ーーお店を整理したときに苦労されたことを教えてください。

足の踏み場もない在庫の山だったので、販売できるモノ、捨てるモノを選定しながら、整理をするのは本当に大変でした。移動できる場所もなかったので、倉庫を借りて整理したものを移動したりと、永遠に終わらない整理整頓がかなり苦労しました。
もうあの時代には戻りたくないです。(笑)

re-_DSC12681
re-_DSC12711
re-_DSC13021
re-_DSC13071
re-_DSC13171

昭和レトロな商品から最近の新しい商品まで

ーーそれだけ地元 松戸だけでなく多くのお客様から愛され、信頼されているのですね。「山田屋の家庭用品」で取り扱う商品を選ばれるときのこだわりはありますか?

商品を仕入れるときに大切にしていることは、飽きのこないデザインと長く使えるものであることです。
お客さんには、購入した商品を大事にしてもらえると嬉しいですね。

昭和レトロな商品から最近の新しい商品まで幅広く揃えています。
学校給食で見かけたような昔懐かしい食缶やトイレのスリッパ、シンプルでスマートなnalgenやSTANLEY、伝統と歴史のある焼き物の白山陶器なども置いています。

re-_DSC12801
DSC13281

ーー可愛らしい看板ネコちゃんは、いつからお店にいるのですか?

この子は「かのんちゃん」と言って、4年前から飼っています。
今はお店の隅っこにいますが、開店時には店先のマットの上でゴロゴロしていたりするんですよ。
うちの看板ネコちゃんです。

re-_DSC13121

昔ながらのレトロな商品から最新の商品まで揃う生活用品店「山田屋の家庭用品」。暮らしを共にするからこそ、長く大事に使えるものが取り揃えられています。

親しみのあるこじんまりとした店内に一歩足を踏み入れれば出会う、ポップなものからシンプルなものまで、暮らしに寄り添う便利さも兼ねた「山田屋の家庭用品」で取り扱われる商品の数々。ふらっと訪れた時にも、きっとお気に入りの商品が見つかるはずです。

「山田屋の家庭用品」に置かれいてる品々を見るだけでも心が弾みますよ。ぜひお店に足を運んでみてはいかがでしょうか?
その時は、看板ネコの「かのんちゃん」にもぜひ挨拶をしてみてくださいね。

re-_DSC13361
re-_DSC12621

▶ 山田屋の家庭用品

HP:http://yamadaya.shop/
住所:〒271-0091 千葉県松戸市本町12-8
最寄駅:松戸駅 徒歩3分
営業時間:10:30~18:30
定休日:火曜日 祝日
TEL:047-362-3119

記事/まつかし
株式会社ライズさんとケノコトのタイアップ記事です。
22089852_501107390244392_4572770806006660468_n
松戸と柏の「コト」を伝えるメディア。
「学ぶ」「暮らす」「食べる」「楽しむ」「働く」のカテゴリーごとに、千葉県松戸市と柏市についてを伝えるメディアです。地元で人気の飲食店やスポット、地元を盛り上げようと活動されている人やコトにフォーカスし、ご紹介しています。
http://matsukashi.com/

株式会社ライズ
千葉県松戸市にある、東京・千葉・埼玉を中心に展開する建設・土木業に特化した総合人材サービス会社です。建設業界の将来を担う技術者を育て、パートナーとして数多くの建設プロジェクトを強力にサポートしています。
https://www.rise-jms.jp/

その他のおすすめ記事

江戸と松戸の間を流れる江戸川と自然の恵みが生んだ幻の「矢切ネギ」

江戸と松戸の間を流れる江戸川と自然の恵みが生んだ幻の「矢切ネギ」

松戸で親しまれる徳川家のお屋敷『「戸定邸」を訪れる』

松戸で親しまれる徳川家のお屋敷『「戸定邸」を訪れる』

街と街、暮らしと暮らしを繋ぐ拠点『「松戸駅」のコト』

街と街、暮らしと暮らしを繋ぐ拠点『「松戸駅」のコト』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』