作るコト作るコト
料理 2020.11.10

冬の美肌対策に『高きびとキノコのホットサラダ』

高きびという雑穀をご存じですか? 日本ではモロコシと呼ばれていて、英語ではソルガム(sorghum)、中国では高梁(コウリャン)、韓国ではススと呼ばれる赤茶色の米粒大の丸いモチ種の穀物です。 原産地はなんとアフリカ! インドを経由して世界中に広まりました。

2mの高さまで成長する生命エネルギーのとっても高い植物で、日本では戦時中の食糧不足の時に、高キビを粉にしてもちや団子などを作りお米の代わりに食べられていました。
食物繊維・マグネシウムや鉄分が多く、便秘や貧血を防いでくれるので、美肌になりたい方には超がつくほどおススメな雑穀。 また必須アミノ酸(たんぱく質)がバランスよく含まれ微量栄養素の宝庫ともいわれています。

1

グルテンフリーの方にも人気の高きび

その上、糖や脂肪をエネルギーに変換する為に欠かせない「ビタミンB群」も多く、食べるだけで美しく、そして元気になれる素晴らしい穀物です。

穀物としての生産面積ではコムギ、イネ、トウモロコシ、オオムギに次いで世界第5位!! グルテンフリー人気の高まるアメリカでは、穀物協会が白い高いきび(ホワイトソルガム)を小麦粉の代用品として、積極的にアピールしています。

そんな魅了あふれる高きびは圧力鍋で炊くと、まるで「ひき肉」のような見栄えと食感になることから、オーガニック料理やマクロビオティック、ベジタリアンを実践している方々は、肉の代わりにお料理に使われています。

そこでオーガニック料理教室G-veggieでは、ヘルシーな高きびを使った、ボリュームたっぷりのパーティー料理をつくってみました♪

3

『高きびとキノコのホットサラダ』材料(6人分)

高きび

100g

しめじ

100g(2/1p)

舞茸

100g(1p)

人参

100g

ブロッコリー

200g

ベビーリーフ

少々

赤パプリカ・黄パプリカ

少々

ニンニク

5g(1/2片)

120cc

オリーブオイル

大さじ1

小さじ1/2

しょう油

小さじ1

黒胡椒

少々

『高きびとキノコのホットサラダ』作り方

(高きびを炊く)

1.高きびはよく洗ってザルにあげておく
2.高きびと水と一つまみの塩(分量外)を圧力鍋に入れ、高圧にセットし強火にかける
3.圧があがったら弱火にして10分間炊く
4.コンロからおろし、自然に圧がさがったら蓋をあけ、天地返しをする

(サラダをつくる)

1.しめじと舞茸は粗みじん切りにし、塩をまぶしておく
2.人参は㎝の角切りに、ゆでておく
3.ブロッコリーの花序(丸い部分)は小房に分け、茎は1㎝の角切りにしてゆでておく
4.ニンニクは、みじん切りにする
5.フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火にかける
6.ニンニクの香りが出てきたら、きのこ類を炒める
7.きのこ類がしんなりしてきたら、高きびと醤油と黒胡椒を入れてさらに炒める
8.人参とブロッコリーを入れてよく混ぜる
9.深さのあるお皿に入れたら、スプーンの背で平らになるまでおす
10.9を大きめの平皿にのせ、ブロッコリ―の房の部分とベビーリーフと薄くスライスしたパプリカで飾りつける

2

オーガニック料理ソムリエが教える『高きびとキノコのホットサラダ』を美味しくつくる秘訣

・圧力鍋がない方は、タップリのお湯と沸かした鍋に塩一つまみを入れ、高きびが柔らかくなるまで茹でてください
・底が抜けるタイプのケーキ型にできあがったサラダをいれて、スプーンの背で平らになるまでおし、型から外して底板をつけたまま平皿にもると、ケーキのようなサラダになります♪
・オリーブオイルの代わりにゴマ油を使うと、中華風に大変身します!!
・雑穀は農薬を使わないで栽培できるほど、生命のエネルギーがとっても高い穀物ですが、輸入品には農薬を使ったものも多いそうですので、国産を選んでお買い求めくださいね。

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

10種類以上の栄養素がぎゅっと詰まった『ひよこ豆の彩サラダ』

10種類以上の栄養素がぎゅっと詰まった『ひよこ豆の彩サラダ』

体の芯から温まる根菜でぽっこりお腹を解消!『ごぼうときのこのポタージュ』

体の芯から温まる根菜でぽっこりお腹を解消!『ごぼうときのこのポタージュ』

砂糖・バター・たまごを使わない 美しくなる最強おやつ『酒粕のチーズ味クッキー』

砂糖・バター・たまごを使わない 美しくなる最強おやつ『酒粕のチーズ味クッキー』

コメント

人気の記事

2022.01.19

簡単おやつ『アーモンドとさつまいものビスコッティ』

2022.01.18

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2022.01.17

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2022.01.16

ホッ。とする大人スィーツ。『簡単生甘酒ココア』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2022.01.12

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

2022.01.11

保存食のある暮らし~旬のレモンをたっぷり使って爽やかな『レモンカードとタルト オ シトロン』

2022.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2021.12.30

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2021.12.21

繰り返し作りたいシンプルなご馳走『骨付き鶏肉とじゃがいものオーブン焼き』

編集部おすすめ記事

2022.01.23

アレンジ自在♪ゆずを丸ごと味わう『ゆずはちみつ』

2022.01.21

どんどん手がのびる!『フライド大根』

2022.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2022.01.15

オメガ3たっぷりのくるみを堪能♪『くるみのクリームパスタ』

2022.01.14

柚子胡椒がアクセント!『旨辛生姜焼き』

2022.01.14

こっくり温野菜をいただく『蓮根のマヨマスタードサラダ』

2022.01.13

甘めの味付けで箸がすすむ『鮭と舞茸の混ぜごはん』

2022.01.12

成形しないから簡単『フォッカチャ』

2022.01.11

お肉なしでも大満足!『ほうれん草と豆腐のオイスターソース炒め』

2022.01.09

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

おいしさ倍増!『じゃがいもの種類』に合わせた調理法を知ろう

2021.08.18

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2020.02.24

「この季節ならでは」の味!乾燥していない、生海苔を自宅で食べてみませんか。

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類