得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.12.07

二十四節気の暮らし方『本格的な冬に突入する「大雪」』ハレとケの交代する大切な時期

LINEで送る
Pocket

二十四節気の一つである大雪。ここでは節気なので「だいせつ」と読みます。大雪は、冬の始まりである立冬からちょうど1ヶ月ほど経過した時期にあたります。例年、12月8日前後がこの節気に該当します。(2017年は12月7日です)

「空がふさがって冬になる」大雪

節気については、太陽が定められた角度に入った瞬間を指す場合や、角度に入る日一日を指す場合の他、次の節気までの期間を言う事もあります。「大雪(たいせつ)」は文字通り雪がたくさん降る頃合いであり、この頃になると暖かい地域でも雪が見られるなど本格的な「冬」の時期に突入していきます。

季節の暦で「七十二候(しちじゅうにこう)」といって、一年を24の期間に分ける二十四節気の期間をさらに5日程度ずつ初候、次候、末候にわけて気象の動きや生き物の様子で言い表す慣用句があるのですがご存知でしょうか?俳句を趣味にされている方であればお馴染みかもしれませんね。

これには日本版と中国版があるのですが、日本版の大雪の初侯は「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」となっています。空の気がふさがって冬になる、という意味だそうですが、鉛色の雪空の重く冷たい感じがとてもよく伝わってきます。
2

「冬将軍」とは実は外国由来。あの偉人の過去にちなんで生まれた言葉

大雪の頃になると「木枯らし」に雪が交じるようになって「風花(かざはな)」や「雪風(ゆきかぜ)」が見られることもしばしばありますね。この頃に時候の挨拶としてよく使われる言葉に「冬将軍」があります。気象情報などで、よろいや兜を身につけた「冬将軍」のキャラクターが登場する事もあり、「ああ、寒くなったな」と実感させられる言葉でもありますね。

実はこの「冬将軍」という言葉は日本で生まれた言葉ではありません。なんと、あのナポレオンに関わるエピソードから生まれたのだとか!
言葉が生まれた経緯は1812年のロシア戦役からです。イギリスを弱体化させるなどの目的から、ナポレオンは他国にイギリスとの貿易を禁じましたが、ロシアがそれに背いたために戦争が始まってしまいました。その際、フランス軍の補給を断つという、ロシアの作戦にはまってしまったフランス軍は撤退を始めるのですが強い寒気のために多くの兵士が命を失います。この寒気の事をイギリスの記者が「general frost(霜将軍)」と表現したのが言葉の始まりなのだそうですよ。この寒気はいわゆる「シベリア寒気団」の事です。人の命さえ奪う自然の寒気に対する当時の人達の畏怖の気持ちが伝わる気がします。
実際、「冬将軍」と呼ばれると身構えて寒さ対策をしなければと気が引き締まりますね。

大雪は「事納め」と「事始め」。新年を迎えるための大切な期間の始まり

大雪は年によって太陽の位置が異なるので変動するのですが、それとほぼ同じタイミングで「事納め」または「事始め」と呼ばれる日がやって来ます。
ここで言う「事」とは神事やお祭りの事を言うそうです。この日の行事は各地で行う内容によって名前が色々と異なりますが民俗学上は「事八日(ことようか)」でまとめられているのだとか。
1
この日に行われる行事は色々です。「事」にあたるのが「田の神様」であれば農作業を終える日として「事納め」と呼ばれ、「年の神様」を迎える期間としては「事始め」と言われるそうです。ちなみに田の神様も年神様のどちらも2月8日が「事始め」または「事納め」で連動しているのだそうですよ。

これは農耕によって営みを続けていた日本で「食料を得るための労働を行う期間」である「ケ」と新年を迎える「ハレ」の期間を区切っていた事から来る習慣のようです。

ちなみに12月8日は行いを慎む「物忌み」の日ともされ、それが転じて「針供養の日」となり針仕事もお休みする日となったようですよ。かつては針での縫い仕事は生活の中で欠かせない家事だったので、こちらについても「事納め」の日で区切りを付けていたのですね。

現代では大雪も事八日もあまり身近な言葉ではないかもしれません。けれど新しい年をより良い一年にしようとしていた昔の人々にならって、今年はいつもより少し丁寧に年終いしてみませんか?きっと新鮮な気持ちで新しい年に当たれる事と思います。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

この時期にやりたい季節の掃除『年末の大掃除を楽にするちょい仕事』

この時期にやりたい季節の掃除『年末の大掃除を楽にするちょい仕事』

せんべい布団も生まれ変わる『「打ち直し」で布団と長いお付き合い』

せんべい布団も生まれ変わる『「打ち直し」で布団と長いお付き合い』

二十四節気の暮らし方『冬の始まりの「立冬」』寒さに備える用意を始めよう

二十四節気の暮らし方『冬の始まりの「立冬」』寒さに備える用意を始めよう

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-