知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

デート 2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

LINEで送る
Pocket

年末になるとデパートやスーパーで「歳の市」が開催されているのをよく見かけるようになりますね。歳の市はもともと寺社で行われるその年最後の縁日のこと。各地で開催される活気あふれる歳の市に出かけ、年の瀬の賑わいを楽しみながらお正月を迎える準備を始めましょう。

歳の市ってどんな市?

歳の市は12月の中旬に開催される寺社の境内や参道で催される定期市の一つで、正月飾りや達磨、鏡餅や海産物など、正月に必要な品々の露店が軒を連ねます。それに加え、歯ブラシや下着、タオル、キッチン用品などの日用品を商う屋台も立ち並びます。これは日用品を新しいものに交換することで身を清めるという意味があるからです。
db7bf78f78ded1be8dcb4aefd4f9956d_m_R

時の流れとともに名前や形を変えていった歳の市

江戸中期まで、歳の市は浅草だけで開催されていた縁日でした。買い物に来たのは武家や大店とその家来衆、つまり男性しかおらず、旦那衆は毎年決まった店で正月用品を買い付け、その足で料亭に立ち寄って威勢をつけるのが粋だったのだそう。江戸末期頃には浅草以外でも歳の市が立ち始め、女性も出かけるようになります。
明治時代の浅草の歳の市では正月用品を買い求める人よりも当時人気だった歌舞伎役者が描かれた羽子板を求めに来る女性客で賑わうようになったのだそうですよ。今も浅草の歳の市が「羽子板市」と呼ばれ、華やかな羽子板を売る縁日になったのはその名残りがあるからです。
fedf23307ecf9fab1aefbc3ca756f7d0_m_R
ほかには門松を売る「松市」、しめ縄飾りを売る「ガサ市」、日用品や玩具や植木など様々なものを売る「ボロ市」など、歳の市は形や呼び名を変えて今も全国各地で年の瀬の風物詩として親しまれています。
威勢のいい掛け声の飛び交う歳の市の雰囲気を味わったら、いよいよ本格的にお正月を迎える準備のスタートです。

新年を迎える準備その1-日用品の新調―

313e9fceb03a6a4a4c84c37e5c1810ff_m_R
今年一年で使い古した日用品を新調することは身を清めると言われています。例えばカレンダーや手帳は、新しいものに変えるたびに使い勝手や形を変えてしまうのはあまりスマートではありません。同じものを使い続ければ、買い替えの時に迷うこともなくなり、大きさも変わらないので置き場所も新たに考えずにすみますね。毎日使うものは「自分の定番」を決めておくのも暮らし上手のポイントです。

新年を迎える準備その2-部屋の掃除に着手しよう―

6bc43944474666a39a2b4201541aa5e4_m_R
12月は新しい年の歳神様を迎える準備の期間。まずは今年一年間の汚れを落とす大掃除から始めましょう。昔から12月13日は「すす払いの日」と言い、神棚や家をきれいに掃除する日とされてきました。この日を目安に、休日に少しずつ部屋の片づけや普段手を付けない場所の拭き掃除などを始めておくと年末の大掃除が楽になりますよ。

新年を迎える準備その3-正月飾りを用意しよう―

267413313f02d97c7fb55498d4817634_m_R
しめ縄飾りや門松を玄関先に飾る習慣はお正月の風景として残していきたい日本の伝統文化ですが、マンションやアパート暮らしの人が増えているせいかその習慣は廃れつつあります。

門松は神様が下界に降り立つときの目印。そしてしめ縄は家の中の片づけが終わって「神様を迎える準備が出来ていますよ」という合図。そうして迎えられた神様は、家の中で一番の上座に供えた「鏡餅」を拠り所とし、その年の福を授けてくれるという習わしです。最近の正月飾りは取り付けが簡単なものや、置き場所を選ばないミニサイズのものも多く出回っていますので、自分の生活スタイルに合ったものを選んで、古くから伝えられてきた正月の風習を末永く残していきたいものです。
飾りはじめるタイミングは29日(苦立て)と31日(一夜飾り)を避けたほうが良いとされているため、12月28日までに大掃除を終えたきれいな家に飾りつけるのが理想です。

師も走る季節。慌ただしく過ぎていく時間の中に、新年を迎える準備時間を毎日少しずつ作ってみてください。余裕があり穏やかな気持ちで過ごす年末年始は、きっと新年に幸をもたらしてくれることでしょう。

コラム / わたなべ さやか
Processed with VSCO with f2 preset
大学卒業後、BEAMSに10年勤務。店舗開発担当として日本各地に出向き、服やモノを通してカルチャー発信するライフスタイルショップの店づくりに携わる。その後日本料理一二三庵が主宰する料理教室アシスタントに転身し和食の世界の扉を開く。2014年に日本橋茅場町に日本酒とおばんざいの店煮炊きや おわん」を仲間と立ち上げ、初代女将を務めた現在は食や暮らしにまつわるイベント企画や、執筆活動を行っている。

その他のおすすめ記事

この時期にやりたい季節の掃除『年末の大掃除を楽にするちょい仕事』

この時期にやりたい季節の掃除『年末の大掃除を楽にするちょい仕事』

二十四節気の暮らし方『本格的な冬に突入する「大雪」』ハレとケの交代する大切な時期

二十四節気の暮らし方『本格的な冬に突入する「大雪」』ハレとケの交代する大切な時期

いつ、誰に何を贈ればいいの?『お歳暮の贈り方とまめ知識』

いつ、誰に何を贈ればいいの?『お歳暮の贈り方とまめ知識』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.16

たまごも牛乳も使わない!寒天で作るトロっと美味しい『さつまいもプリン』

2019.02.01

とろっとろでスパイシーなご馳走『牛すじカレー』

2019.02.12

白菜と椎茸入り!『餅入り巾着の含め煮』

2018.12.06

旨み成分たっぷり!冬野菜『知って得する白菜の栄養成分と保存方法・おすすめレシピ』

2019.09.24

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』

2019.08.26

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2015.08.08

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介