得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

LINEで送る
Pocket

最近は11月頃からクリスマスやお節のキャンペーンが始まって、年中行事と季節感がズレてしまっている気がしますね。それでも12月に入るといよいよ年末、という空気に切り替わるのは日本人にとってお正月が大切な行事だからなのかな、と感じます。かつては12月13日頃を「正月事始め」として大切な区切りとしていました。どんな事をする日だったのでしょうか?

新しい年の神様を迎えるための「すす払い」

実は「正月事始め」とは「○○の節句」といったような、一日だけに限った行事ではありません。「元旦を迎えるための準備を始める日」です。今でこそお正月準備はかなり簡略されるようになりましたが、かつては家中総出で準備を行う一大イベントとして、何日にも渡って行う行事でした。

というのが、昔の日本ではかまどや囲炉裏、火鉢など料理や煖房のために家の中で木や炭を燃やしていました。そのため、天井に「煤(すす)」が付着してしまっていたのです。また、部屋を仕切る引き戸には紙を貼った障子が使われ、定期的に紙を貼り替えるメンテナンスが必要だったのです。今であれば天井全てを掃除したり、家中の戸に貼り付けてある物を一斉に貼り替えるような作業は、なかなか行われなくなりましたが、昔はお正月に合わせて皆が一斉に行っていたのですね。

この作業には人手も時間も必要です。そのためタイミングを合わせて一斉に行っていたのだそうです。それが12月13日頃に行われる「すす払い」という行事です。もっとも、この行事は「厄払い」という神事の意味合いが強いので「すす払い」の日は神棚や仏壇回りの掃除を行い、他の所は段階的に行っていたとする説もあります。お正月の準備は掃除だけではありませんので、この日を境に、段階的にお正月の準備が計画的に行われ始めたので「正月事始め」というようですよ。
1

12月13日になった理由は?

すす払いが12月13日になったのには理由があります。それは「鬼が家にこもって出て来ない」とされる「鬼宿日」が縁組(結婚)以外の事であれば何をするにも大吉、という俗説からです。元々正月準備は12月の中旬頃から行うのが頃合いですが江戸城が12月13日をすす払いの日と定めたのが庶民にも広がって定着したのだとか。年神様を家に迎える事で新年の安泰を願うために行う行事なので、験担ぎも兼ねていたのですね。

ちなみに現在でもお歳暮を贈る日は12月13日頃より後が良いとされていますが、昔は嫁ぎ先から娘が実家に年末の差し入れをする意味合いが強かったのでその名残です。贈り物に吉日を選ぶという意味でも年末の差し入れというタイミング的にも目安としてちょうど良かったのでしょうね。
2

派遣の契約期限も?色々な区切りになっていた「正月事始め」

この「正月事始め」の日は当時の人達にとって「すす払い」やお歳暮以外にも色々と意味がある日でした。お正月準備の一環として「松迎え」という行事もあります。これはお正月の飾りに使う松やお節料理に必要な燃料を切り出しに山に入る作業です。こちらも年の瀬になる前に段取りよく準備する、ちょうどいい目安になったようです。

現在では仕事納めは12月28日頃の所もありますが江戸時代頃は節季雇いの「出替わり日」を12月13日としている地域もありました。これは今で言う派遣社員のような感じで、終身雇用ではなく期限を定めた勤務形態の奉公人の雇用契約の期限になります。昔は農村から冬期の間だけ出稼ぎとして働く人もいたため、お正月準備に間に合うように年末前に仕事の契約が切れるようにした物だと思われます。

かつてはお正月が今より一大イベントだったため、皆が滞りなく準備を行えるよう日を定めてスケジュールを共有していた名残がこの「正月事始め」といえるかもしれません。実際、あらかじめ何日に何をする、と事前に年末の予定をきちんと立てておくと気ぜわしい気分が随分と和らぐかもしれませんね。

今年は大まかな予定を月の初めのうちから家族で共有してみてはいかがでしょうか?そうする事で年末のタイトなスケジュールもスムーズこなせるのではないかと思います。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

年末に『大掃除をする理由』〜きれいなおうちで年神様を迎えよう〜

年末に『大掃除をする理由』〜きれいなおうちで年神様を迎えよう〜

いつ、誰に何を贈ればいいの?『お歳暮の贈り方とまめ知識』

いつ、誰に何を贈ればいいの?『お歳暮の贈り方とまめ知識』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.11.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」