知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

タイアップ 2017.12.12

心と胃を掴むのはシンプルな想いと素朴なそば。「手打ちそば 法味庵吉野」齋藤由孝さん

LINEで送る
Pocket

矢切駅から松戸方面に歩いてすぐのところにある、小さなそば屋さん。
暖簾をくぐり扉を開けると、中央にはカウンター、壁側にはテーブル席、奥には座敷があり、なんだかとても懐かしい気持ちになる空間です。

そんな、初めて訪れたにも関わらず懐かしみを感じるそば屋「手打ちそば 法味庵吉野」は、1960年からこの松戸市矢切の地でお店を営まれています。
手打ちそばを作り続けている店主の齋藤由孝さんに、作られているそばの特徴やお店のこだわりなどをお伺いしました。

re-_DSC19391

今に繋がる「手打ちそば」人気時代の学び

ーー「手打ち」と聞くとうどんを作られるイメージがあるのですが、そばを作り始められたきっかけは何ですか?

若い方にはうどんのイメージが強いかもしれませんね。しかし、30~40年前は手打ちそばブームだったんですよ。栃木県の足利にヘリコプターで手打ちそばを食べに行く人がいるほどの人気ぶりでした。
私はその頃に東京へ修行にいき、「江戸そば」を学びました。その修行では手で打ち、揃えて切るという技術を学び、今に繋がっています。

re-_DSC19381

そばの実の配合により変わる味・色・食感

ーー「手打ちそば 法味庵吉野」の看板メニューである「ざるそば(三色)」について教えてください。

三色のそばは打ち方や切り方は変えず、すべて同じそばの実から作られます。
そばの実の殻も全部使うのが「田舎そば」、そば殻を除いて挽きぐるみそば粉を使うのが「生粉打ち蕎麦」、そばの実の中心部分の白いそば粉のみを使ったのが「御前蕎麦」です。

「田舎そば」は、そばの実も殻も全部使うので黒めのそばですね。「田舎そば」は2割のつなぎを使っていますが、「生粉打ち蕎麦」はつなぎを使わず、そば粉と水だけで手打ちしたそばです。「生粉打ち蕎麦」はすぐに食べていただきたいものなので、残念ながら出前ではお出しできません。
そばだけど白い「御前蕎麦」は、「更科そば」とも言われており、江戸そば御三家と言われる更科さんが大名のお屋敷に納めたと言われているそばです。
この3種のそばは、1日に数百gという少ない量しか作っていないため、売り切れてしまうときもありますね。

re-_DSC19591
re-_DSC19461▶ 黒めの「田舎そば」は実も殻も全部使われているだけあって香り豊か、「生粉打ちそば」はつなぎが入っていないのにぼそぼそしておらず滑らかな口当たり、白い「御前そば」は一番コシが強く、そばなのに少しうどんに近い食感でした。

今が一番!そばの風味を楽しめる時期

ーー「新そば打ちはじめました」と掲示されていますが、「新そば」とはどのようなものなのでしょうか?

「新そば」は「秋そば」とも言います。長野県の安曇野では、7月から夏そばというものがありますが、本来そばの旬は秋です。そばは7~8月に種を撒いて、9~10月に実を収穫します。それから石臼で挽いたりするので、お店に届くのは大体10~11月ですね。
そして、本当においしくなるのは12月頃です。お米と同じで年内は新そばと言います。

re-_DSC19501

心と胃袋を掴むそばのようにシンプルで真っ直ぐなお店のこだわり

ーー「手打ちそば 法味庵吉野」のこだわりを教えてください。

「こだわらないことがこだわり」ですかね。あとは「やることをやるだけ」
でも、特別それがこだわりだとは思いたくないですね。やることをやっていればいいんです。そうすると、わかってくれる人はわかってくれるから。

このお店を気に入って来てくれるお客様が多いんですよ。東京の銀座からわざわざ足を運んで来てくださる方もいます。千葉だと、市川や勝田台、金町、野沢からも来てくれる人がいますね。

re-_DSC19701

余計なものは入れず、素朴で本来の味が楽しめるそばと、齋藤さんのシンプルで真っ直ぐな想いがお客さんの心と胃を掴んでいるんだなと感じました。
3種類の味が楽しめるざる「ざるそば(三色)」もおすすめですが、他にもそば団子やそばアイスクリームなどの甘味、四季折々の食材を一緒に練り込んだ変わりそばも興味深いものでした。

芯がありお店のことを本当に好きで通ってくださるお客さんを大切にする、温かい心を持ったそば屋さん「手打ちそば 法味庵吉野」。その温かさは、最初に暖簾をくぐり、扉を開いたときに感じた、“なんだかとても懐かしい”という気持ちとして、感じられるのかもしれませんね。

re-_DSC19341
re-_DSC19661

手打ちそば 法味庵吉野

HP:http://houmian-yoshino.com/
住所:〒271-0096 千葉県松戸市下矢切138
最寄駅:新京成線 北総線矢切駅 徒歩2分
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)
座席数:カウンター10席、テーブル8席、座敷4席
TEL:047-362-3870

記事/まつかし
株式会社ライズさんとケノコトのタイアップ記事です。
22089852_501107390244392_4572770806006660468_n
松戸と柏の「コト」を伝えるメディア。
「学ぶ」「暮らす」「食べる」「楽しむ」「働く」のカテゴリーごとに、千葉県松戸市と柏市についてを伝えるメディアです。地元で人気の飲食店やスポット、地元を盛り上げようと活動されている人やコトにフォーカスし、ご紹介しています。
http://matsukashi.com/

株式会社ライズ
千葉県松戸市にある、東京・千葉・埼玉を中心に展開する建設・土木業に特化した総合人材サービス会社です。建設業界の将来を担う技術者を育て、パートナーとして数多くの建設プロジェクトを強力にサポートしています。
https://www.rise-jms.jp/

その他のおすすめ記事

江戸と松戸の間を流れる江戸川と自然の恵みが生んだ幻の「矢切ネギ」

江戸と松戸の間を流れる江戸川と自然の恵みが生んだ幻の「矢切ネギ」

食・本・音楽を通して人と人を繋ぐ場を。無添加ベーグル店「OLD FIGARO PEOPLES + Bebop Bagel」吉井昭雄さん

食・本・音楽を通して人と人を繋ぐ場を。無添加ベーグル店「OLD FIGARO PEOPLES + Bebop Bagel」吉井昭雄さん

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2018.01.07

2018年は九星気学で『「運」を味方につけよう』