作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.12.12

寒い冬はこれ!『けんちん汁風味噌汁』

LINEで送る
Pocket

だんだん寒くなってくると、大鍋でぐつぐつと煮込んだ具だくさんの汁物が美味しく感じますね。具がたっぷりの汁物といえば「けんちん汁」が有名ですが、実はこの汁物は精進料理なので、動物性のものは一切使わないで作るというのをご存じでしたか?

精進料理とは

野菜、海草など植物性食品を材料とした料理。精進とは、仏教用語で美食を戒めて粗食をし精神修養をするという意味であったが、仏教では「不殺生戒」を第一とし肉類を用いないことを原則としているところから、肉類を使わない料理を精進料理というようになった。料理法は、主として禅宗の僧が平安・鎌倉時代に中国から修得してきたものがもとになっている。
(引用:ブリタニカ国際百科事典)

神奈川県鎌倉市にある「建長寺」で出されていた料理が始まりと言われていて、出汁には動物性の煮干しやかつお節は使わず昆布やシイタケなどを使い、ゴボウや大根などの具材をゴマ油で炒めることでコクと深い味わいを作りだすのが基本だそうです。

味付けは通常醤油でするのですが、オーガニック料理教室G-veggieではゴマ油を使わず、味噌仕立てのヘルシーなけんちん汁を作ってみました。

『けんちん汁風味噌汁』材料(4人分)

大根   100g
人参   40g
厚揚げ  1/2枚
生姜   10g

昆布だし 800cc
麦味噌  大さじ4

★出汁の取り方は動画をご覧ください

(※動画では干し椎茸も入っていますが、このレシピは昆布だけで出汁をとりました)

『けんちん汁風味噌汁』作り方

1.大根は、5㎜幅の銀杏切り(葉がついていればみじん切り)、人参は、5㎜幅の銀杏切りにする
2.厚揚げは軽く油通しし、縦半分に切り、5㎜幅に切っておく
3.生姜は、すり下ろしておく
4.鍋に少量の昆布だしと大根・人参を入れて、弱火で野菜が柔らかくなるまでじっくり煮る
5.残りの昆布だしと厚揚げを入れて沸騰したら、別の容器に溶いておいた麦味噌を入れて味をみる
6.器に注ぎ、大根の葉と生姜を入れて出来上がり
1

オーガニック料理ソムリエが教える『けんちん汁風味噌汁』を美味しくつくるコツ

・蓮根は輪切りにすることが多いですが、繊維にそってきるとしゃきしゃき感が楽しめます
・七味とうがらしの代わりに、山椒を使ってもおいしいです♪

味の決め手は【麦味噌】

「麦こうじ」のくせのないあっさりとした風味と、上品な香味の麦みそです。 熟成後に熱処理や保存料などをいっさい加えていない「生みそ」ですから新鮮な風味と香りをご賞味いただけます。保存料・甘味料・着色料はいっさい使用していない安心&安全なお味噌です。

麦味噌の原材料は、はだか麦・大豆・食塩のみ。麦は肝臓、大豆と塩は腎臓を養う力があるので、麦味噌のお味噌汁をいただくと、「肝」と「腎」の2つの臓器を一度にパワーアップすることができることから、マクロビオティックでは年間を通じて、麦味噌を使うことをおススメしています。

それから具沢山の汁物は、それだけで充分に存在感があるので、キンピラのような野菜のおかずで上手にバランスを取りましょう。

人間は心も体も温かければ温かいほど、健康で元気がみなぎってきますので、特に朝は温かい汁物をたっぷりいただいて、風邪やインフルエンザに負けない身体をつくってください。

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

あなたの美肌を加速させる?うま味たっぷりあったか『豆乳酒粕鍋』

あなたの美肌を加速させる?うま味たっぷりあったか『豆乳酒粕鍋』

体の芯から温まる根菜でぽっこりお腹を解消!『ごぼうときのこのポタージュ』

体の芯から温まる根菜でぽっこりお腹を解消!『ごぼうときのこのポタージュ』

旬の野菜で美味しく健康に!『大根おろしでダイエット&ストレス解消のススメ』

旬の野菜で美味しく健康に!『大根おろしでダイエット&ストレス解消のススメ』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.16

たまごも牛乳も使わない!寒天で作るトロっと美味しい『さつまいもプリン』

2017.10.15

作り置き常備菜シリーズ『秋刀魚の梅煮』

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2018.12.06

旨み成分たっぷり!冬野菜『知って得する白菜の栄養成分と保存方法・おすすめレシピ』

2018.11.21

覚えておきたいおやつレシピ『酵母のスコーン』

2017.08.20

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

2019.02.01

とろっとろでスパイシーなご馳走『牛すじカレー』

2019.08.26

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.02.12

白菜と椎茸入り!『餅入り巾着の含め煮』