作るコト作るコト
料理 2017.12.18

食欲が止まらない!!を救う魔法のスープ『里芋のとろみ汁』

年末年始の暴飲暴食の末、「最近、食欲のコントロールができない!!」とお嘆きの方、とってもカンタンに食欲を抑える食事法がありますよ。

食欲が増す二大原因は、
・過剰な塩分
・身体の冷え

パーティー料理やお正月料理は、どなたが食べても美味しく感じるように、「塩分」そして「糖分」も多めに味付けされています。 その味に舌が慣れてしまっているということを自覚して、今日からは味付けをほんの少しずつでいいから薄めに調節してみてください。

汁物を先に食べよう

それから、眼の周りのクスミや色が悪い方、眼の下にクマや涙袋がある方は、体がとっても冷えていますので、お食事をするときには先に味噌汁やスープなど汁物から食べるようにしてみてください。

汁物の味付けは「少し塩気が足りない」と感じるくらいで、たっぷり200ccくらい飲みましょう。 そのあとに食事をスタートすると、不思議といつもより食欲を感じなくなっているはず。

人の身体は温めれば温めるほど健康になり、適正な食欲に落ち着くようにできていますので、温かい汁物から食事をスタートすることを習慣にすると、体重のコントロールがしやすくなります。

そこで今日は簡単にできて、心も身体も芯から温まるスープのレシピをご紹介いたしますね。
taro-soup

『里芋のとろみ汁』材料(4人分)

里芋          150g
玉ネギ         100g(中1/2個)
干し椎茸のもどし汁   200cc
水           600cc
塩           大さじ1/2
(飾り用)クコの実   8粒

『里芋のとろみ汁』作り方

1.里芋は皮をむいて、すりおろしておく
2.玉ネギは薄い回し切りにしておく
3.クコの実は少量の水でもどし、ザルにあげておく
4.鍋に少量の干し椎茸のもどし汁と玉ねぎを入れ、15分くらいウォーターソテーをする
5.残りの水とすりおろした里芋を入れて、沸騰したら塩で味つけをする
6.スープをカップに注ぎ、クコの実をのせたら出来上がり

体調に合わせて具も選んで

里芋の皮をむくのが面倒な方は、蓮根・大根・山芋のすりおろしでも美味しくできますよ。
taro
喉の痛みがあるときには蓮根、便秘が気になる方は山芋、脂物の食べ過ぎの方は大根で作ると、身体が温まり、食欲がコントロールされる上に、あなたを悩ます不快な症状を優しく緩和してくれますので、是非、作ってみてくださいね。

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

寒い冬はこれ!『けんちん汁風味噌汁』

寒い冬はこれ!『けんちん汁風味噌汁』

風邪の予防は朝のこの1杯から『レンコンジンジャー味噌汁』

風邪の予防は朝のこの1杯から『レンコンジンジャー味噌汁』

体の芯から温まる根菜でぽっこりお腹を解消!『ごぼうときのこのポタージュ』

体の芯から温まる根菜でぽっこりお腹を解消!『ごぼうときのこのポタージュ』

コメント

人気の記事

2020.05.29

麹を使いこなすとカラダもおいしい朝ごはんのできあがり『塩麹と枝豆のコーントースト』

2020.05.28

植物性100%!砂糖・卵・生クリームもつかわない『濃厚ミルキーなアイスクリーム』

2020.05.28

さっぱりと魚料理をいただける『イワシの梅煮』

2020.05.27

ビールが飲みたくなる簡単おつまみ 『玉ねぎの枝豆和え』

2020.05.26

簡単!自家製『レモネードの素』の作り方。

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.24

子どもと食べたいやさしいおやつ『基本の蒸しパン』

2020.05.23

料理のトッピングにブルーベリーが映える『ブルーベリーとレタスのサラダ』

2020.05.22

材料4つ!味見が止まらない『失敗知らずのレモンカード』

2020.05.20

甘くて美味しい!栄養満点、旬のアスパラを美味しく味わおう。

編集部おすすめ記事

2020.05.29

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

2020.05.26

ビールやワインのお供に。『カツオのエスニックサラダ』

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.25

覚えておきたいおやつレシピ『とろ〜り塩ガトーショコラ』

2020.05.23

旬の時期に仕込めば一年中パクチーが楽しめる!アレンジ自在「パクチーペースト」

2020.05.22

味付けはなし!いつもの炒め物に飽きたなら『白セロリとベーコンの炒め物』

2020.05.22

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

2020.05.21

だしいらず!ゆでずにさっと調味できる『さやえんどうのごちそう煮浸し』

2020.05.21

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とくるみ味噌』

2020.05.20

昔と今では意味が違う、「五月晴れ」ってどんな晴れ?

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.05.18

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』

2020.02.12

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』