知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2017.12.20

20代の間に身につけておきたい一生もののお料理スキル①『出汁の引き方』

Pocket

こんにちは。どんぐりと山猫店主の吉岡です。
今回は私が20代の間に身に付けておくと絶対にいいと思うお料理スキルについて書いてみました。
記念すべき第一弾は「出汁の引き方」

12月ももう折り返し。
「バタバタと忙しい朝にこそ、ゆっくり朝ごはんを食べる時間くらいは作りたい・・・」
そんなあなたにピッタリ!

出汁をひくことで、美味しいお味噌汁を食べられるだけでなく、色々な料理に応用ができちゃうんです。
今回は「出汁を引いて何が良いのか?」「ポイントなんかはあるの?」
そんな疑問にもお答えしていきたいと思います。

20代の間にぜひ「出汁の引き方」を身に付けて朝ごはんからご機嫌な1日を作りましょう!

出汁をひくことで何がいいの?

「出汁の引き方」
私のブログやこちらのケノコトコラムでもよくお話しているお出汁。このお出汁に毎朝助けられています。
写真1
私のお気に入りは、いりこと昆布のあわせ出汁。
(*出汁の引き方やレシピなどは、どんぐりと山猫の過去のケノコトコラムをご参照ください)

私はいつも前日に仕込むんですが、みんなのお味噌汁1杯分よりも少し多めにするのがミソ◎
この理由は、その余った出汁から発酵スチームや出汁巻き卵、煮もの、おひたしなどに使ったりと、他の副菜づくりに応用するために多めに仕込んでいます。
写真2
これこそまさにリレーごはん!
1つの料理から何品もバリエーションが増やせる、ズボラにも優しいお料理スキルです。

また一度とった出汁は、冷蔵庫でストックとして保存も可能◎
ただ、日保ちがするわけではないので、2日くらいで使い切るのが無難かと思います。

ですので、私は余った出汁は、次の日の朝には使い切るようにしています。

出汁を引く手間こそがズボラ女子の朝ごはんを救う!

「出汁を制する者は、朝ごはんを制する」
と私は思っています。
山口飲食さんの朝ごはんレッスンを受講したときに1番感動したのが、この「出汁」

出汁を取るのってすごく手間だと思っていませんか?
むしろその逆で、この出汁こそが継続的な朝ごはん生活を作ってくれます。
朝ごはん生活を始めたときにも、出汁を前日にさっと仕込むだけで、次の日の朝起きるのが楽しみになりました。
写真3
出汁の香りとともに始まる朝ってすごく素敵ですよね^^
私は毎朝眠い目をこすりながら、出汁を作る作業片手に歯磨きしています(笑)

さらに出汁には、
・疲労回復効果
・免疫力強化
・老化防止
・風邪予防
・生活習慣病予防

など、様々な美容と健康に役立つ効果もあります!
(*出汁の種類にもよります)

そして朝、きちんととった出汁をつかったお味噌汁を飲むことで、体の代謝をあげてくれ、血の巡りもよくしてくれます。
また、身体も心もほっとするので、精神的な疲れを素早く取り去る効果もあるのです。
写真4
20代って遊びも仕事も恋愛もとにかく忙しい・・・
「予定でいっぱいで朝ごはんどころじゃないし、そんな暇あるなら、ぎりぎりまで寝ちゃいたい」

そうですよね、分かります。私もそうだったので。
でも、高い化粧品やサプリメントに頼るよりも、朝簡単出汁を引くだけで心も身体も健康になれる。

何より
「早い、安い、美味しい!」

しかも
「自分で引いた出汁をつかったお味噌汁を作れるスキル」
ってすごく丁寧で素敵じゃないでしょうか?

気になるあの人や、大切な彼や家族にも、ほんだしより自分で引いた出汁をつかったお味噌汁のほうが体にもよくて、何より美味しい。

日ごろズボラ女子にいそしんでいる皆さん、
「私だって出汁を引いたお味噌汁くらい作れるんだ!!」って自慢してみませんか?
出汁をひく手間という愛情を一緒につくっていきませんか?

「自分はどこに面倒くさいと感じるのか」
「自分がどこに手間と時間をかけるのか」
そんな根本的な概念も出汁の引き方を身に付けることで、180度変わるはず!!

こんなお出汁スキルもどんぐりと山猫式「発酵おうち朝ごはん」レッスンでは、3段階に分けて丁寧にお教する予定です^^
20代の間に一緒に「出汁を引くスキル」を身に付けていきましょう。

つくれぽもお待ちしております。
≪ #発酵おうち朝ごはん ≫で素敵なお出汁料理レシピお待ちしていますね^^

20代の間に身につけておきたい一生もののお料理スキルシリーズ第二弾もお楽しみに

記事/吉岡春菜
ライター情報写真
「どんぐりと山猫」店主。徳島在住の24歳です。
仕事で忙しい20代女性の方に向けて 「台所の発酵おうちごはんから自分と家族、彼や未来の子供のための 昨日よりちょっと丁寧で豊かな生活をつくるお手伝いがしたい」
そんな料理レッスンを準備中です。暮らしの雑貨や道具も取り扱う予定。
インスタグラムやブログで日々の暮らしや朝ごはんをお届けしています。

ホームページ
インスタグラム

その他のおすすめ記事

朝起きるのが楽しくなる!元気に一日を過ごすための『出汁から作るお味噌汁』

朝起きるのが楽しくなる!元気に一日を過ごすための『出汁から作るお味噌汁』

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』