作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.12.23

漬け込み不要!味付けして焼くだけかんたん『ラムスペアリブエスニック風グリル』

Pocket

味付けして袋の中でよくもみ込んで焼くだけ。ナンプラーやスパイスを加えてエスニック風に仕上げています。クリスマスにチキンもいいけど、たまにはラムのスペアリブでグリルもいかがですか?

『ラムスペアリブエスニック風グリル』の材料(約1人分)

材料
・ラムスペアリブ(または豚肉スペアリブでも◎) 5本
・塩                      少々
・胡椒                     少々(写真はミックスペッパーを使用)

・ガラムマサラ(またはカレー粉)          大さじ1/2
・クミンシード(またはクミンパウダーでも◎←その場合は量を加減してください)    小さじ1
・コリアンダーシード(またはコリアンダーパウダー←その場合は量を加減してください)  小さじ1

・白ワイン大さじ     2杯~2杯半程度(下ごしらえ(大さじ半分程度)と調味液(大さじ1~1杯半)とグリル(大さじ半分)に使用)
・ナンプラー(または醤油)  大さじ1/2~2/3
・はちみつ        大さじ1/2

・すりおろしりんご    大さじ1(りんご約1/16個分(皮をむいて8分割→さらに半分にして、すりおろす))
・すりおろしにんにく   小さじ1/3~1/2
・すりおろししょうが   小さじ1
 (写真はすべてあらかじめすりおろしたもの)

『ラムスペアリブエスニック風グリル』の作り方

1.ラムのスペアリブは骨の部分以外にフォークで穴を開けておく。
 (臭いや脂っぽさが気になるようであれば、沸騰したお湯で一度ゆでこぼしてから下味をつけても◎)
ラム下ごしらえ
2.ラムスペアリブに塩、胡椒、ガラムマサラ(またはカレー粉)、クミンシード(またはクミンパウダー)、コリアンダーシード(またはコリアンダーパウダー)、白ワインをふり、少し置いておく。
ラム下味1
ラム下味2
ラム下味3
ラム下味4
ラム下味5
ラム下味6
3.りんごとにんにくはそれぞれ皮をむいてカットしやすい大きさにし、しょうがのみ皮つきのまま(抵抗がある方は皮をむいても◎)それぞれすりおろしておく。
すりおろしりんご
すりおろしにんにく
すりおろししょうが
4.調味液を作る。ナンプラー(または醬油)にすりおろしりんご、すりおろししょうが、すりおろしにんにく、はちみつ、白ワインの順に加え、菜箸などでよく混ぜておく。
ラム調味液1
ラム調味液2
ラム調味液完成
5.あらかじめ下味をつけた2のラムスペアリブに4の調味液を加えたら、ビニール袋(またはポリチャック袋)に調味液ごとラムスペアリブを移し入れ、ビニール袋(ポリチャック袋)の空気を抜きながらしっかり閉じたら、袋の上からもみ込むようによく混ぜて、ラムスペアリブに下味をなじませておく。
ラム下味7
ラム下味8
ラム下味9
4. ラムスペアリブをフライパンで焼いていく。(オーブンだと焦げやすいのでここではフライパンの焼き方でご説明します。)
 フライパンにオーブンシートを敷き(直接火にかける場合は必ずフライパンからはみ出ないサイズにカットして下さい。はみ出したまま加熱すると発火などの原因となります)、ラムスペアリブ同士がくっつかないように並べて、中弱火で焼いて、焼き目をつける。(この時中火以上の強火で焼くと焦げてしまう原因になります。中火から弱火でじっくり焼いてください。漬け汁は仕上げに使うので捨てずにそのまま置いておく。)
ラムグリル1
5.1つの面に焼き目が付いたら、他の面にひっくり返して弱火にし、残りの骨以外の面を焼き目が付くまでじっくり焼く。最後に残りの白ワインを加える。
ラムグリル2
6.白ワインの水分が飛んだら、ラムスペアリブの下味付けに使って余ったソースをスプーンなどでかけて、蓋をして蒸し焼きにしていく。下味のソースが煮詰まったら完成。
 ラムスペアリブのソースを煮詰めてもなかなか味が決まらない場合は、こちらの調味料(全て材料外)を少し追加しても◎(甘くしたい場合→はちみつなど。辛さを増したい場合→カレー粉やスパイス類。隠し味など→醤油やナンプラー少々など。いずれも少量ずつ様子を見ながら味を調えてください。)
ラムグリル3
ラムスペアリブのグリルふた
ラムグリル4

『ラムスペアリブエスニック風グリル』のアレンジ

ラムスペアリブエスニック風グリルarrange
ベビーリーフを加えてサラダ仕立てに。

[アレンジ用材料]

・ベビーリーフ      適宜
アレンジ材料

『ラムスペアリブエスニック風グリル』のポイント・コツ(共通)

・ラム特有の臭いや脂っぽさが気になるようであれば、沸騰したお湯で一度ゆでこぼしてから下味をつけても◎
・お好みで下味にレモン汁(写真外・今回は入れていません)を加えても◎
・下味を漬け込んで焼く場合は仕上げのソースをやや加減してから焼いて下さい。
・オーブンシートを敷かずに焼く場合はオリーブオイルなど食用油を熱してから焼いてください。
・オーブンシートを使用する際はフライパンやオーブン皿からはみださないサイズでご使用下さい。
 (はみ出したまま使用すると、発火の原因となることがございますのでご注意下さい)
・作り方1~3まで作って冷凍保存しても◎ 解凍は冷蔵庫で自然解凍してから、4以降の工程を仕上げると◎
・クミンシードやコリアンダーシードはあらかじめ炒ってから使うと香りが立っておいしくいただけます。(焦がすと苦くなるので弱火で熱してください。)

『ラムスペアリブエスニック風グリル』のアレンジレシピのポイント・コツ(アレンジ)

・洗ったベビーリーフはしっかり水切りしてください。(水気が多いと傷みやすいのでご注意ください)。

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

その他のおすすめ記事

じっくり焼いてふっくらジューシー『手羽タンドリーチキン』

じっくり焼いてふっくらジューシー『手羽タンドリーチキン』

基本のおかずからアレンジおかず『蒸しかぼちゃ編』

基本のおかずからアレンジおかず『蒸しかぼちゃ編』

2種類味が楽しめる!簡単・絶品『手羽グリル』

2種類味が楽しめる!簡単・絶品『手羽グリル』

Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』