知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

コーディネート 2017.12.26

普段着の和服ってどんな柄?『知っておきたい着物の基本知識』

LINEで送る
Pocket

普段、馴染みがない着物。着てみたいけど難しそう…と敬遠されがちですが、フォーマルと普段着の違いさえ理解出来れば、普段着の着物はそれほど悩まなくて大丈夫。生活に着物を取り入れてみたい、という人向けに実践的な基礎知識をご紹介します。

「礼装」は普段着にはできない

洋服の場合、普段着とフォーマルではシルエットやデザインが全く違うので簡単に見分けが付きますが、着物の場合、形自体は一緒なのでどこがどう違うかわからない…という方も多いのではないでしょうか。

大まかに言うと礼装の着物と普段着の着物は「柄の付け方」で区別します。一番わかりやすいポイントは「着物を広げた状態で、全体を使って『絵』が描いてあるのは「礼装」です。

礼装の代表的な着物

・成人式の「振袖」 (これは無地でも柄が控えめでも礼装)
・結婚式で身内の人が着る「留め袖」
・ゲストの女性が着る「訪問着」

こういった着物は普段着には出来ません。洋装でいえばウエディングドレスやカクテルドレスを日常生活で着ないのと同じです。残念ですが「手持ちの着物に成人式の振袖や嫁入り道具の訪問着があるから、今度のショッピング・お出かけはそれを着てみよう」…という訳には行かなかったりします。
※帯についても金糸・銀糸を使ったキラキラした感じの物や豪華で丈の長い物はフォーマル用なので普段着には使えません。

また、着物の「袖丈(そでたけ)」(袖の垂れ下がっている部分)は未婚女性の振袖を筆頭に、若い人ほど長めです。既婚の女性は普段着の着物でも少し短めにします。(「袖を留める」→留め袖の由来)
1

普段着にできる着物は総柄の「小紋」

では普段着にできるのはどういう物かというと柄に方向性のない物です。柄を描いた物は「小紋(こもん)」と呼ばれ、上下が無いモチーフが全体的に散らされている物を言います。

糸を染めておいて布を織る段階で柄が出来て行く「先染め」は木綿の着物に多く見られます。チェックの物が「格子(こうし)柄」、ストライプは「縞(しま)」と呼ばれています。

無地の着物も木綿やウールなど、素材によっては普段着にできるのですが「正絹(しょうけん)」と呼ばれるシルク素材の物、小紋でも「江戸小紋」と呼ばれる無地に近い物ではあれば、改まったスーツくらいの位置付けになります。
特に「一つ紋(ひとつもん)」と言って、家ごとのマークである家紋を背中に付けたタイプは、準礼装になってしまうので普段着にはできませんのでご注意下さい!

値段が高い着物=礼装ではない事も

着物の名前に「紬(つむぎ)」と付く物は、作るのに手がかかるため高額な物も多いのですが、元々が正規品にできなかった繭の残りの綿から糸を作る着物であるため「おしゃれ着」で基本的には礼装としては着る事ができません。

また、素材が「正絹」であっても小紋であれば礼装にはなりません。逆にポリエステルであっても高級素材の物は礼装用の柄を付けて振袖や訪問着などに仕立てられています。
2

長い時期着る事ができるのは裏地の付いた「袷(あわせ)」タイプ

Webショップなどで着物をみていると「袷(あわせ)」「単衣(ひとえ)」という区分けがされています。「袷」は裏地が付いているタイプで10月から5月の秋・冬・春の長い期間着る事ができます。「単衣」は裏地がない仕立てになっていて6月・9月といった初夏・初秋頃が着る時期の目安です。ただし、最近は空調が効いているので真夏以外はあまりこだわらなくてもよいとされているようですよ。

ちなみに7月と8月の夏季の「着物」は浴衣ではありません。「薄物(うすもの)」と呼ばれる透け感のあるタイプの着物です。浴衣は洋服で言うとルームウェアに近い位置付けです。お祭りや花火大会は問題ありませんが、観劇など洋服でもラフなTシャツとデニムではふさわしくないような所に着ていくのは、あまり好ましくないので悪目立ちしてしまうかもしれません。

普段着に着物を着る時、最低限分かっていれば大丈夫なポイント

・フォーマル用の着物・帯は普段着として着ない
・季節によって着物の生地、仕立てが違う
・ミセスが袖丈の長い着物を着るのはお洒落ではない

あまり堅苦しく考えず、お家の中だけでも着物を着てみませんか?あれこれ悩むより一度袖を通す事でわかる事がたくさんありますよ。ぜひ、着物を楽しんで下さい!

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

たまには和服を着てみたい!『知っておきたい着物のサイズ』

たまには和服を着てみたい!『知っておきたい着物のサイズ』

大名たちの裃から生まれた『繊細で奥ゆかしい江戸小紋』

大名たちの裃から生まれた『繊細で奥ゆかしい江戸小紋』

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』