知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

LINEで送る
Pocket

一年間の締めくくりである大晦日。子どもの頃、この日だけは夜更かしを許されて除夜の鐘が響き渡る中、眠気を堪えて日付が変わるのを待ちわびたものです。
夜遅くに家族揃って食べる年越し蕎麦には特別感があり、子供ながらにワクワクしながら食べた記憶が残っています。日本人の食文化として深く根付いている「年越し蕎麦」に込められた意味とはどのようなものなのかご存知でしょうか?
04e8c99a2efff16498bfb92b9ce1ae02_m_R

年越し蕎麦の様々な由来

健康長寿

蕎麦が細くて長い形状であることから「長寿延命」の願いを込めて大晦日に食べるようになったという説は最も広く知られている由来です。また、家系が末永く続くようにという「家運長命」の願掛けであるとも言われています。

災厄や借金を断ち切る

蕎麦は他の麺類に比べてブツブツと切れやすいことから、「今年一年の災厄を断ち切って新年を幸せに迎える」という意味が込められています。
また、年越し蕎麦の風習が根付いた江戸時代には、生活用品の支払いはツケ払いが一般的で、一年分の精算を行う年末には借金の返済に追われて頭を悩ませる人が多かったのだとか。「来年こそは借金とは縁を断ち切りたい」という願いを込めてそばを食べていたという説もあります。

金運UP

かつて金細工職人が飛び散った金粉を片付けるのに、そば粉を練ったものを使っていたことから「金を集める」という願掛けがあります。

無病息災

蕎麦は荒れた土地でも育ち、雨風に晒されても日光に当たれば元気に蘇る植物。「蕎麦のように強く健康でありますように」という願いが込められています。
b221500cf953c5864955e53561997779_m_R
年越し蕎麦を食べるタイミングは、大晦日であればいつでも良いと言われています。ただし、年が明けてしまうと災難や借金を断ち切れずに新年に持ち越してしまうとも考えられているので、年が変わる前に食べるようにしましょう。

縁起のいい具材といっしょに召し上がれ

家庭や地域によって年越し蕎麦に乗せる具材も様々。せっかくなら縁起が良い具材を選んで験担ぎしてみてはいかがでしょうか。
d0f8aafd167474c222097aaa1db78c50_m_R

ねぎ

「ねぐ」という言葉から新年の幸福を「願い」、一年の労苦を「ねぎらう」という意味があります。また、ネギは体を温めて風邪を予防してくれる食材です。

大根おろし

厄を落とす」として縁起が良く、胃腸にも優しい具材。

海老

腰が曲がる海老は長寿の象徴とされる食材です。海老の天ぷらにしてのせても良いですね。

ニシン

語呂合わせで「二親」からたくさんの子供が生まれるようにと、子宝祈願の意味があります。京都の蕎麦の具材には甘辛く炊いたニシンは定番です。

鶏肉

新年の一番初めに鳴くのが鶏とされているため縁起が良い食材です。出汁も取れるため、全国的に定番の具材と言えます。

油揚げ

「きつね」とも言い商売繁盛の神様であるお稲荷さんの大好物。金運、仕事運が上がるようにという意味が込められています。

たまご

黄身が金色に見えることから手に入りやすい縁起物の食材として重宝されています。温かい蕎麦に生卵を落として月見にしても、玉子焼きにして乗せてもきれいです。

 

年越し蕎麦は、温かくても冷たいものでもどちらでもお好みで大丈夫です。
大晦日にお節を仕込む人は、かまぼこや伊達巻や海老など、詰め切れなかった食材を年越し蕎麦の具としてトッピングしてしまうのも食材を無駄にしないエコな手段ですよ。

今年一年間に起こったあんなことやこんなことを家族と語らいながら年越し蕎麦をすすって、温かい気持ちで新しい年を迎えましょう。

 

コラム / わたなべ さやか
Processed with VSCO with f2 preset
大学卒業後、BEAMSに10年勤務。店舗開発担当として日本各地に出向き、服やモノを通してカルチャー発信するライフスタイルショップの店づくりに携わる。その後日本料理一二三庵が主宰する料理教室アシスタントに転身し和食の世界の扉を開く。2014年に日本橋茅場町に日本酒とおばんざいの店煮炊きや おわん」を仲間と立ち上げ、初代女将を務めた現在は食や暮らしにまつわるイベント企画や、執筆活動を行っている。

その他のおすすめ記事

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

『正月飾りの豆知識』〜なぜ正月飾りをつけるの?いつからいつまで飾ればいいの?〜

『正月飾りの豆知識』〜なぜ正月飾りをつけるの?いつからいつまで飾ればいいの?〜

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』