知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

ファッション 2017.12.29

初詣やちょっとしたお出かけに…『普段着の着物デビューに必要なコト』

LINEで送る
Pocket

着物を着てお出かけしてみたいけれど、どこに着て行こう…と迷った時、おすすめは初詣です。お出かけ前にクリアしておきたいポイントや便利グッズも合わせておすすめします。

初めてなら一度目は美容院で着せてもらってみる

美容院で着付けしてもらうと色々と勉強になります。その時、これから自分でも着てみたいと思っている事を告げて「あまり補正をしない、楽な普段着の着付け」にして欲しいと頼んでみてください。

初心者がつまずきやすいのは衿の抜き方と合わせ方のバランス、おはしょりを決められずそこから着崩れしやすくなりますのでプロの人がどういうバランスにしてどの位置でどの程度しめるかをチェックしておくと後々上達が早くなりますよ。

小紋のような普段着だと着付け料は3000~5000円程度でリーズナブルな事が多いです。美容院だけでなく呉服屋さんでも持ち込みの着物の着付けをしてくれる所もありますよ。

自宅で着付けにトライ。絶対に必要なのは紐3本

着物の着付けに必要なグッズを検索すると色々な小物が登場しますが、まず試しに家の中だけで着るのなら、着物長襦袢、他は着物ひもを三本だけで着る事ができます。
※帯は半幅帯か兵児帯を使う場合です。

ひもを使う内訳は以下の通りです。
・長襦袢をしめるのに1本
・着物をちょうどいい丈の所でしめるのに1本
・衿の合わせ目とおはしょりを上から押さえるのに1本

もし「コーリンベルト」などの名称で売られている、両端にクリップのついたゴムの着物ベルトがあれば、襦袢や衿の合わせ目とおはしょりを押さえる時に使うと着崩れしにくく楽に着付けする事ができます。これはとても便利なのでおすすめですよ。
237

専用小物でなくても大丈夫な肌襦袢その他

着付小物に「和装ブラジャー」や「肌襦袢」といった下着類がありますがこれは和装専用の物でなくてもOKです。もし浴衣スリップがあればそれが使えますし、カップ付のインナーのフレンチスリーブTシャツ(スポーツブラとフレンチTの組み合わせでもOK)と長めのペチコート、ペチパンツ、ステテコなどがあればそれが使えます。

着物ひもに関しても、専用の物がなければパンティストッキングの足の所をカットして代用できます。大柄な人は二本を固結びで繋いで使います。伝染した物をリサイクルしたり安い物を買って使うとリーズナブルです。

寒い時期は足先が足袋の形になっている和装タイツもありますがトレンカなどの足先が開いたインナーをはいて防寒対策するのがおすすめです。足袋も本物は固いので足袋ソックスやおばあちゃん世代向けに毛の入った素材の足袋ックスなどが売られていますのでそちらも手軽で履きやすいです。

普段着物を着慣れた人であれば冬場は肌着や長襦袢を省略してタートルネック+ペチパンツなどで暖かく着物を楽しんでいらっしゃるようですよ。着物も洋服と同じように、季節に合わせて自由に楽しめますね。

お出かけデビューにおすすめのコーデ

自宅で簡単な着付ができるようになっていよいよお出かけ…という時、冬であればイチオシの防寒アイテムは「羽織」です。

着物用に「道行」や「道中着」といったコートもあって素敵なのですが、これは基本的には屋内では着ない物です。それに対して「羽織」はジャケット扱いなので室内でも着る事ができます。羽織の場合、脱ぎ着が簡単な上、帯の型崩れも隠せますし、上からポンチョやストールを足す事もできます。最近は長羽織といって丈の長い物が流行りですが、慣れないうちは短め丈の方が動きやすいかと思います。

また、足元ですが小紋のような普段着であれば足袋を履いていれば下駄でもOKです。逆に成人式用のキラキラした草履はNGです。冬期の場合、初詣などに行くのに足が冷えそうであればブーツを合わせるのがおすすめです。綺麗めのデザインやムートンの物なら可愛くコーデできると思いますよ。
7

着物を着て歩く時の注意

振袖や訪問着など、礼装の場合は着崩れを防ぐべく「完璧な美しいシルエットをイベントの間中キープする」のを目的に、着付けのプロの経験とテクニックがふんだんに使われています。

ですが、着物は着て動けば着崩れするのが当たり前。実際、大正生まれのおばあちゃんの写真などを見ると振袖の着付けのようなかっちりしたシルエットの人は全くいません。旅館の女将さんなど、着物で動き回る職業の方はポイントを押さえて時々崩れを直してだらしない見た目にならないようキープしているのです。

初めてお出かけする前は一度自宅で試しに着て動き回って、崩れてくる所とどう応急処置をすればいいかチェックしておきましょう。
そして見落としがちなのが立ち居振る舞いです。大股で歩くと着崩れやすく、襦袢が丸見えになったりして見苦しい物です。小幅で歩く、動作は洋服の時より小さめを心がけると綺麗ですよ。

フォーマルの場はルールを守るのが礼儀ですが、普段着の着物は楽しむために着る物です。ぜひこのお正月には着物を楽しんで見て下さいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

普段着の和服ってどんな柄?『知っておきたい着物の基本知識』

普段着の和服ってどんな柄?『知っておきたい着物の基本知識』

たまには和服を着てみたい!『知っておきたい着物のサイズ』

たまには和服を着てみたい!『知っておきたい着物のサイズ』

これからすぐにでも出来る!初詣に行く時のマナーアップ

これからすぐにでも出来る!初詣に行く時のマナーアップ・・・

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』