得するコト得するコト
まめ知識 2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

人日(じんじつ)の節句、と言われてもピンとこない方も多いのではないでしょうか?でも、「七草がゆを食べる日」と聞けばピンときますよね。そんな人日の節句についてのお話をご紹介です。

五節句の一つ人日の節句。元々は中国の暦

1月7日にお粥などを食べる風習は日本中で行われていて、地方の風習が近年になって広く知られるようになった物とは異なっています。これは江戸時代に幕府が「五節句」と呼ばれる「式日」を定めた時に1月7日を「人日の節句」としたため、全国で一様に知られて来た経緯があります。

そもそもこの「五節句」は中国の暦から来ています。中国では陰と陽の組み合わせなどで吉凶を決める風習がありますが奇数が「陽」、偶数が「陰」とされてきました。奇数と奇数の組み合わせは陽が重なる事で陰に転じるとされ、奇数が重なる日に魔除けの行事が行われていたのだとか。

また、頃合い的に季節の変わり目の目安となったのが日本の宮中行事にも取り入れられたのだそうですよ。そのため、宮中のスケジュールに合わせたり農耕の休日などにもちょうどよかったので式日とされたのだそうです。節句には合理的な理由もあったのですね。

本来、1月は7日ではなく1月1日が節句となるべき所ですが、新年の始まりの日であるため、1月の節句だけは7日にずれたのだそうですよ。
メイン写真-のコピー-2

「人日」ってどんな意味?

1月7日は節句の名前としては「人日」となります。あまり聞き慣れない言葉ですがこれも中国の風習から来ています。古代中国ではお正月の7日まではそれぞれの日に動物が割り当てられていました。

1日/鶏の日 
2日/狗(犬)の日 
3日/猪(豚)の日 
4日/羊の日 
5日/牛の日
6日/馬の日 
7日/人の日

割り当ての日にそれぞれの動物を占ったり、大切にして殺さない事にしていたそうです。7日は人の日なので罪を犯した人への処罰は行わないルールにしていたのだとか。それが転じてか今では体を労る目的でお粥を食べる、ともされています。

若菜摘みの風習が合わさった七草がゆ

1月7日に食べるとされている七草がゆは、中国の人日の節句に七種類の野菜を入れたスープを食べる風習に日本の風習が合わさって出来たそうです。元々「七草」の「くさ」は古い言葉で「種類」を指す言葉が変化して今の字になったのだそうですよ。

七草がゆの歴史は古く、平安時代には食べられていたそうです。ですが、現在よく言われる「お正月のご馳走で疲れた胃を休める」目的ではなく、不老長寿を願った縁起物で、御伽草子では親孝行な息子が七草がゆを年老いた両親に食べさせて若返らせるお話もあります。

かつてのお正月は今の2月頃なので、「若菜摘み」といって暖かくなって溶けた雪の下から出て来た若菜を摘んでその生命力を取り入れるという意味合いの行事があったのだそうです。ところが、明治時代に太陽歴の新暦に移行してしまったため、現在のお正月では露地では若菜が揃わないケースが殆どです。近年ではハウス栽培が普及したのでスーパーなどでは七草がゆセットになった七草が手に入りますが、自分で野の七草を手に入れようと思うとかなり難しいかもしれませんね。
1

北国では七草がゆは食べない?地域差がある縁起食

新暦に移行した事で、大半の地域では若菜摘みを行って七草がゆを整える事が難しくなりました。また、東北や、北海道などでは旧暦であっても雪が深く残っている時期であるため七草の調達がさらに難しいかも…。

そのためか、東北地方では七草ではなく根菜やこんにゃくを入れるか、または何も入れないお粥を食べるところもあるそうです。山形では具だくさんの根菜の入ったお汁に納豆を入れた納豆汁が7日に食べる献立なのだとか。また、比較的暖かいはずの三重では、沿岸部があるからか七草に海藻を使ったお粥の地域もあるそうですよ。

広く知られた年中行事でも、その土地に合わせて細かなルールが違っています。故郷や住んでいる土地の行事はどんな物か、改めて見てみると新しい発見があるかもしれませんね。

その他のおすすめ記事

お正月明けのおなかに優しい『土鍋でつくる七草がゆ』

お正月明けのおなかに優しい 土鍋でつくる七草がゆ

『正月飾りの豆知識』〜なぜ正月飾りをつけるの?いつからいつまで飾ればいいの?〜

『正月飾りの豆知識』〜なぜ正月飾りをつけるの?いつからいつまで飾ればいいの?〜

地方やおうちによって全く違う『お雑煮とお餅のちょっとためになるお話し』

地方やおうちによって全く違う『お雑煮とお餅のちょっとためになるお話し』

コメント

人気の記事

2020.04.03

女性に嬉しい効果も『小豆をつかった作り置きおかず』

2020.04.02

タルタルは手作りがおいしいね『鶏肉ソテーと自家製ピクルスのタルタルソースがけ』

2020.04.01

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2020.04.01

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2020.03.30

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』25. 栄養バランスのよいお弁当を春のお供に。

2020.03.29

春の旬野菜『春キャベツで女性ホルモンをアップ』

2020.03.26

旬のあさりで貧血予防『あさりとあさつきの甘酒酢味噌和え』

2020.03.23

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2020.03.20

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

2020.03.19

オーブンの力で失敗知らず、子供が大好き「オーブン焼きバットハンバーグ」

編集部おすすめ記事

2020.04.02

これからの暑い時期を乗り越えるために摂りたい野菜『アスパラガスの秘密ゴト』

2020.03.30

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

2020.03.29

今が勝負どき すぐにでもはじめたい『春の紫外線対策』

2020.03.27

だしとお醤油だけで作る、中華調味料不使用の『和風麻婆豆腐』

2020.03.26

調味料としてもおすすめ!実は栄養たっぷり『知って得するコーンビーフの成分と保存方法』

2020.03.25

作り置き常備菜シリーズ『菜の花の和風ペペロン』からつくる『菜の花ジェノベーゼ』

2020.03.23

おしゃれなつけ合わせ『にんじんのオイルグラッセ』

2020.03.20

保存食のある暮らし~旬のいちごを楽しむ最高の組合せ!!『いちごバター』

2020.03.19

手紙がまとう、ほのかな香り『文香で伝える、やすらぎのひと時』

2020.03.19

オーブンの力で失敗知らず、子供が大好き「オーブン焼きバットハンバーグ」

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.12.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2019.12.22

家で作る本格中華「海老と帆立のチリソース」