得するコト得するコト
まめ知識 2021.01.11

成人の日のお祝いはいつから始まった?『成人式にまつわる色々な話』

現在では1月の第二月曜が「成人の日」となっています。新制度が導入される前は1月15日が成人の日でした。そんな成人の日ができた理由や、成人式の歴史を知ると、成人の日を催す意味がよくわかってきました。

古代の成人式は服装を大人の物に変える事

成人式のルーツを辿ると古代から行われていた「元服」や「裳着」のような通過儀礼が原型と言われる事が多いようです。

元服」は男性を成人とする儀式で、髪型を大人の結い方に変え、冠や烏帽子と呼ばれる帽子などをかぶる物でした。「裳着」は貴族の女性が大人の衣装である「裳」を初めて身に付ける行事です。
日本では着物を着ていた時代、成長に応じて着物の仕立て方を変えていたので節目節目に成長を祝う場合着物が関わるケースが多く、七五三もその仲間です。

江戸時代頃になると女性の成人も「元服」と言うようになり、この場合は華やかな着物を地味な物に変え、髪型も大人しい形で飾りを控え、お歯黒といって歯を黒く染めるお化粧と「引眉」といって眉を剃るか抜いていたそうです。

女性の場合、結婚=成人の意味合いが強かったようで、元服ではなくお嫁に行く事で成人の化粧を始める事が多かったようです。女性の元服は当時としては結婚が遅めである16~20歳くらいの未婚の女性が既婚女性と同じ様な格好に変える節目として行われたようですよ。
244

「成人=大人として働く事ができる」定義の一つ

現在の日本では「成年」とは「単独で法律行為が行えるようになる年齢」であり、法で20歳と定められています。ですが、かつての日本では年齢ではなくできる仕事によって成年かどうかを定めていた地域もあったようですよ。

例として「米俵が一人で担げる」「田んぼ1反の田植えを一人で行う事ができる」など。「社会的に役割を果たせるようになった=成人」というルールです。現在、民法第4条で20歳が成年とされているのですが、元は明治9年に太政官布告第41号で「自今満弐拾年ヲ以テ丁年ト相定候」とされたのが始まりのようです。

ちなみにこの当時、今のような成人式はありませんでした。その代わりとなったのが徴兵検査です。かつて第二次大戦前の日本には徴兵制があったので満20歳を迎えた男性は徴兵検査を受け、合格すれば兵役に就く義務がありました。
女性に徴兵はなかったのですが、やはりそれまでの時代のように「お嫁に行く=一人前」という認識で、十代後半頃から結婚するのも珍しくなかったそうですよ。それがつい最近の50年程前までは普通だったのかと思うとなんだか驚いてしまいますね。
1

現在の成人式の発祥は埼玉県蕨市から!

現在の成人式の発祥は昭和21年11月22日に現在の埼玉県蕨市に当たる北足立郡蕨町で、戦後の元気を失った町の若者を元気づけようとして行った「青年祭」と言われています。それが全国に広まり、昭和23年には国民の祝日にも取り入れられます。「これからの未来を支える青年に、大人となった自覚を持ってもらう事と励ます事」が目的とされています。

ちなみに日本のように成年となった事を国の祝日として祝う国はほとんどないそうです。また、国際法で「18歳までを児童とする」と定められててる事などから18歳が成年となっている国が多いそうですよ。

古い時代の成人の儀式は大人の服装に変える節目の役割がありましたが、現在では女性だけでなく男性も和服礼装を身につける機会の一つにもなっています。女性の振袖は長い袖が揺れる事で厄払いや清めの意味があるという説も。洋服の場合でも男性はこの機会にファーストスーツを作った、という方も多いのではないでしょうか?

現在の成人式は門出のお祝いという意味合いが強くなっているように感じますね。新成人の方も御家族の方も、無事に大人となる日を迎えられる喜びと共に、この大切な1日をお過ごし下さい。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

初詣やちょっとしたお出かけに…『普段着の着物デビューに必要なコト』

初詣やちょっとしたお出かけに…『普段着の着物デビューに必要なコト』

普段着の和服ってどんな柄?『知っておきたい着物の基本知識』

普段着の和服ってどんな柄?『知っておきたい着物の基本知識』

たまには和服を着てみたい!『知っておきたい着物のサイズ』

たまには和服を着てみたい!『知っておきたい着物のサイズ』

コメント

人気の記事

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

2021.01.08

全部言えますか?『料理の基本の調味料「さしすせそ」』

2021.01.06

おもちがおやつに変身!『洋風ナッツもち』

2021.01.05

おせちで簡単おもてなしお菓子『栗きんとんでマロンパイ』

編集部おすすめ記事

2021.01.19

熱々とろとろ身体もほっこり!『アップルパイ風ホットサンド』

2021.01.17

大根の消費に『やみつき大根サラダ』

2021.01.16

身体が弱る時期にスタミナをつけよう!アレンジ自在『濃厚にんにくペースト』

2021.01.15

【七十二侯のコト】第六十九候「雉始雊」

2021.01.14

美味しい時期はたったの2ヶ月!自宅で美味しいタラの白子を味わおう

2021.01.14

いつものごはんもアレンジ『塩麹入り黒ごま玄米ごはん』

2021.01.10

豆腐のまんぷくおかず『豆腐の韓国風ステーキ』

2021.01.09

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

2021.01.07

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩の原材料』とは

2021.01.06

七草粥だけじゃもったいない!旬の「せり」を食卓に取り入れよう

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』