知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.01.15

子どもの学校の友人関係で『親ができるサポート』

LINEで送る
Pocket

「学校でうちの子は友達とうまくやっているのかしら…?」どの親御さんも必ず考えることです。でも、学校での様子をいつも見張ることはできないですし、子どもに聞いても「べつにー」しか返ってこない…ということは、どのご家庭でもあることです。では親として、どのように子どもたちの友達関係を捉え、サポートするのがいいのでしょうか。
公立小学校の教員、そして現在は小児科で子育て相談を受けている筆者の経験もふまえて、一緒に考えていきましょう。

子どもにとって親、特に母親とは最も見栄を張りたい相手だということを心に留める

子どもたちとの経験からわかったことですが、子どもとは自分の親、特に母親には「いいところを見せたい」という気持ちが強いと感じます。学校でどう評価されようとも、家庭で見栄を存分に張れることで、子どもの自尊心は育ちます。だからこそ、学校で自分が友達とうまくいっていないと言い出すことはよほどの時で、そんな時でも事態を正確に伝えることはないかもしれません。まずは親としてそのことをいつも心に留めておくと、自分の気持ちを落ち着けて、子どもの話を聞くことができると思います。
pic1

なるべく「クール&マイルド」な対応を!

なるべく風通しのよい親子関係をつくるために「クール&マイルド」な対応をおすすめします。とにかく「見栄張る」な子どものポツリ、ポツリの言葉に過剰に反応しないことが大切です。まずは「背中で聞く」。そして、ゆっくりと椅子に座るなどして、話を聞く態勢を整える。そして話をさえぎらずにひたすら受け入れる…。繰り返しになりますが、子どもは「見栄張る」です。子どもを信じるということと、話をすべて鵜呑みにするのとは大きく違い、聞いた話の内容も100%真実とは限りません。でも、それでいいのです。子どもにとっては、親がきちんと聞いてくれた。親に話をしたらすっきりした。そして自分の見栄も満足させてくれた。そのことが大切です。その積み重ねがあれば、うれしい時もつらい時もなんとなく話しあえる親子関係ができるかもしれません。
pic2

アンテナを立てて、得た情報は速やかに担任の先生へ

そうは言っても「あのね、○○君に蹴られたの。」と子どもに言われたら、どうしたらいいのかと考え込んでしまう方もいるでしょう。でも、子どもからの情報は100%真実ではないとしたら、あとはアンテナをびんびん立てて、情報収集するほかありません。そしてやはり頼りになるのは学校の先生です。教員の経験から言うと、クラスの子どもたちの友達関係をつぶさに見ていくのは難しいことです。子どもは先生の前ではいい子であろうとしますし、高学年になれば良くないことを隠す方法もうまくなります。だからこそ、「いじめられていたなんて知らなかった」という教員のコメントがニュースになるのです。
ただ、親御さんから何かしらの情報が渡されれば、注意して子どもをみることはできます。遠慮など決してせず「こんなことを子どもが言っているのですが、確認していただけますか?」「こんなことを耳にしたのですが、注意してみてもらってもよろしいですか?」と、先生に伝えることで先生の意識を子どもに向けることが大切です。

「望ましい友達関係」にしばられないで

最後に「クラスで活発に友達と関わり、笑顔でみんなと仲良くしている」そんな子ども像にしばられる必要はありません。子どもたちにはそれぞれの友達関係のつくり方があり、一人で本を読んでいても、もじもじしていても、友達の輪の中にいなくても、その子の友達関係に問題があるとは必ずしも言えないのです。相談を受けていると、親御さんの不安はそんな子ども像から来るものが多いように思います。子どもの友達関係に不安を抱いたら、まず自分の子どもの見方を少しチェックしてみるのもいいかもしれませんね。
pic3

これから進学、進級の季節がやってきます。子どもが成長するにつれて活発になっていく友達関係。子どもとの会話の時間を積極的に作り、子どもを近くからそっとサポートしてあげられるよう、クール&マインドな気持ちを持ちながらもアンテナをしっかりと立てて過ごしていきたいですね。

文/ママトコライター
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

『担任の先生と話していますか?』先生とのコミュニケーションで子どもを見守ろう

『担任の先生と話していますか?』先生とのコミュニケーションで子どもを見守ろう

子どもの教育に悩むママへ『考え方の転換で変わる育児』

子どもの教育に悩むママへ『考え方の転換で変わる育児』

まずは親が変わろう『子どものチカラを引き出すために』

まずは親が変わろう『子どものチカラを引き出すために』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.08.15

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2018.08.14

クリーム溢れる!ふわっ、しゅわっ『生シフォンケーキ』

2018.08.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『08 梅シロップのジンジャエール』

2018.08.08

夏のひんやりおやつ『抹茶のくずもち風』

2018.08.06

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『07 みつはしさんちの冷やし鶏』

2018.08.03

旬の野菜を食べよう!甘くておいしい『とうもろこしごはん』

2018.08.02

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

2018.07.31

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2018.07.30

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2018.07.29

発達・育児相談室から『それぞれみんながんばりすぎている』

編集部おすすめ記事

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

2018.08.07

家にある鍋を有効活用しよう!使い方によって調理時間も料理のおいしさも変わる『鍋』

2018.08.07

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2018.08.04

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2018.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2018.07.28

まぐろレアステーキとアボカドをサラダ丼仕立てに『まぐろステーキアボカドサラダ丼』

2018.07.27

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』